Twitter:@arisamag2

2012/5/27

げんなり感を増幅  まんが雑文
 昨日、スターハンマーを前に買うた止めた音頭を踊りまくった挙句、結局EZのアイアンハイドとドレッドウイングしか買ってきませんでした。

 そんなに深刻なのか我が家の収納スペース問題。されどスターハンマーを買わぬとホイルジャックが手に入らぬで候。ぐぬぬ。


 それはともあれ、まんがタイムオリジナル7月号の感想を。


 7月号だから表紙が水着なんですけど、現実世界ではまだ朝は寒いので季節外れ感がハンパ無いです。


・『よゆう酌々』(作:辻灯子)
「良いお店を知ってるけど道順は迷いながら覚えたので最短ルートではない」……ああ、今月読んだ中で一番共感出来る4コマキャラだ(苦笑)。

 だが流石のおいら地図アプリ見ながら携帯をまわしたりはしないよ。


・『オトメシュラン』(作:王嶋環)
 こんな、むさいおっさんが主人公の相手役だなんて、すげぇ斬新だ……と思ったのに最後のページで裏切られた(笑)。


・『小森さんは断れない!』(作:クール教信者)
 連続読み切りで続いていたのが今月号から新連載。
 そのペンネームと絵柄から奇抜な内容を想像すると意表を突かれるオーソドックスな作品。ちょっとだけ『らいか』と被ってる感あり。


・『トイレノウスさま!』(作:ほんだある)
 スタート時には色んなキャラが出てきた気がするのだが、結局レギュラーは2人で固定?

 食玩を集めるのもすっかりブームが去ってしまい、一般的な趣味ではなくなってきたなぁ、なんてことを思ったり。



 では本日はそんな調子で。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ