Twitter:@arisamag2

2011/10/26

肯定的なことばかり言うのもアレですし  アニメ
 いやはやまったく、ガンダムAGEで阿鼻叫喚なガンダマーの皆さんの様子を傍から眺めているのは大変面白いのであります。(←悪趣味)

 まあ、そうは言っても、私自身があの作品に対して不満がないかと言われると、決してそんなことないんですけどね。

 その不満の一つは、第一話を観た時点で既に思っていたことですが「この番組って、子供さんターゲットにしている割には作りが地味っつうか、ハッタリが足りなくね?」ということ。

 そんなことを言うと「いやいやお前、第二話でAGEシステムってものすげぇハッタリが出てきたじゃんか。どこ見てたんだよ」と仰られるかも知れませんが。

 いやいやいや、それが問題なのだよunderstand? 時間はやや不公平。

 いいか良く考えてみたまえ、あの大層なシステムが大層な御託を並べて作り上げたものは、第三話現在で「いつものビームライフル」一丁だけ。

 ドッズライフルと言い換えてはいるが、あれは形状といい威力といい、ガンプラに付属している点といい、明らかに「いつものビームライフル」だ。

 歴代ガンダムの標準装備「雑魚MS(AGEに出てくるのは今のところ“MS型”だが)なら一発で破壊出来る威力のビームライフル」を完成させるのに二話もかけてる。これを地味と言わず、ハッタリ足りないと言わずに何と言えばいいのか。

 理屈や設定面でのハッタリではない。ビジュアル面スペック面でのハッタリが足りない。AGE−1は今までのガンダムに比べて絵的に「弱いロボット」に見えるのだ。

 あくまで私の経験則上の話だが、子供番組のシリーズ物で「前作の奴より弱い」と子供に思われるのはよろしくない。

 ほらほら、「今まで毎週一匹怪獣倒してたのに一カ月ぐらいかかるようになった奴。しかも第一話はナメクジ潰すだけ」とか「デビュー作でバイクに乗るどころか仮面をかぶるところにすら到達しない奴。しかも序章で終わり」とか「去年までの勇者が簡単にやってのけたことが承認貰わないと出来ない奴。そしてグレート合体すらなし」とか、シリーズ物でイマイチ子供人気の伸びなかった奴ってそういうところあるじゃん。ガンダムAGEにはその手の作品に通じる不安を抱くところが少なからずある。(←勿論、何が子供に受けるかなんてわかったもんじゃないので「だからガンダムAGEも子供受けしない」と断言はしませんよ)

 これが初めて見るガンダムって子でも、知識としては「前の奴はガンダムが一度に4体ぐらい出てきたり剣を何本も持ってたりして派手だった」ぐらいのことは知ってんじゃないかなー。そーゆー子にとってこの作品ってどーなんかなーって。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ