Twitter:@arisamag2

2011/7/28

というジレンマ  まんが雑文
 (前置き略)それはともかく、まんがタイムオリジナル9月号の感想でも。


・『らいか・デイズ』(作:むんこ)
 らいかさんらしい水戸黄門終了に対するリアクションがステキ。



・『あねぐるみ』(作:森繁拓真)
 なんかタイオリがプッシュしている作家の新作。
 良く知らないけど検索とかしたら凄い作家だと分かったりするのだろう。敢えて検索しないけど(笑)。

 だが正直、アイデアが今活躍している四コマ作家よりワンテンポ遅い。



・『いえめし』(作:もりちか)
 初登場ゲスト。

 ぶつぶつ独り言を言ったり飼い犬に話しかけたりする孤独で陰気な女の話(嘘)。



・『ぎんぶら』(作:安堂友子)
 出だしの墓場風景で「いよいよネタがSFから遠ざかってきたか」と思ったが中身は安心のSFギャグ。いやあ、毎回色んな設定考えてくるなぁ。



・『ハルコの晴れの日』(作:星里もちる)
 どうやら今回から新展開ということで、これまでお決まりだったパターンが全部崩れる。

 ハルコの周囲の環境があまりにドタバタと唐突に変わっていくため、新展開っていうより、テコ入れっぽいというか、ウルトラでいう「番組延長に当たっての強化案」ぽいっつうか、平成ライダーでいうところの「プロデューサー更迭」ぽいっちゅうか(苦笑)。



 では本日はこんな感じで。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ