Twitter:@arisamag2

2011/5/22

雨傘一刀流  まんが雑文
 レッドレーサーが昔のイメージを守ったお陰で、インサーン様のイメージはボロボロに(笑)。

 では、まんがタイムスペシャル7月号の感想を。


・『笑って!外村さん』(作:水森みなも)
 単行本発売記念巻頭カラー。
 表紙では、絵は『恋愛ラボ』の方が大きいのに文字は『外村さん』の方が遥かに大きい。これでは、一見さんにはリコを外村さんだと思う人がいるかも知れない。(←ねえよ)

 本編については……毎回「外村さんは、不良の誤解が解けたとしても結局周囲から変人に見られるだろうな」と思っていたのだが、今月号では新たな変人要素「痛いオタク予備軍」の側面を披露。つまり僕らの仲間だ(笑)。
 好きな物について語る時は、相手と会話していることを忘れて一方的に喋っちゃダメだぞ(苦笑)。


・『恋愛ラボ』(作:宮原るり)
 ワイルドの君が本領発揮(笑)。


・『ベツ×バラ』(作:曙はる)
 7年前から加齢臭を出してた室長は今いくつなのか。


・『スーパーメイドちるみさん』(作:師走冬子)
 大樹父の話なのだが、大樹のナースへのこだわりの方が印象に残るというか、ナースの記事を切り取って集めるのはフェチとか性癖とかの領域ではない(笑)。

 そのこだわりの理由が語られなかったのだが……えーと、年齢的に、幼少期に『ナースエンジェルりりかSOS』を観てトラウマを受けたからってのはどうか。私は殆ど見たことないんで「ナースなのに自分が死ぬってお前が患者かよ」って記憶しかないんですが。


・『あつむトイタウン』(作:水城まさひと)
 今月の玩具時事ネタは引き続きヨーヨー。
 そうそう、ヨーヨーって構造は単純だから、器用な子だと自分で作っちゃうのよね。ベアリングまで仕込む奴は流石にいなかったが。

 それはともかく、どうにも話が足踏みしている感がある。ひたすらイチャイチャするマンガになってしまってるっつうか。最初の頃は成長モノっぽい話やってたから違和感覚えるのかね。


・『放課後のピアニスト』(作:十野七)
 シド先輩のお話。
 そういえば、シド先輩は「聴いた者に絶望を与える程の天才」って設定だったけれど、そこは連載化に当たって無くなった設定の一つなのだな。
 ところで、7月に単行本が出るそうですが、その辺の設定が残っている頃の話は収録されるのか。連載化されてからの分だけだと足りない気がするのだけれど。


・『ケータイしてね!』(作:山内八子)
 新作ゲスト。
 人型ホームセキュリティや人型炊飯器を見てしまった後では、人型ケータイを出されてもインパクトは弱い。CMでお馴染みだしね。でも年齢が一ヶ月なのにはちょっと萌えた(笑)。

 迷惑メールを止めるのは携帯本体じゃなくてセンターの仕事だから許してやれ。



 では本日はそんな感じでチェックメイト。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ