2018/7/30


(Mon)
好きな音楽情報の確認が遅れて第1話の鑑賞を見逃しました。
昨夜から録画

TVアニメ『進撃の巨人 Season3』のオープニングテーマ「Red Swan」 が
「YOSHIKI feat. HYDE」とのこと♪x3

作詞・作曲がYOSHIKIさんでHYDEさんがボーカル
YOSHIKIさんXHYDEさんコラボって聞くと「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」以来かな?

拝聴しましたよ〜
オープニング、凄くジ〜ンときました

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、昨年末、出版社の漫画家さん交流会にて
進撃の巨人作者さん、諫山先生をお見かけした、とA嬢から聞きました
ご立派な方々のオーラって半端ないかもって想像

2017/10/28

マンガ・アニメ・聖地  映画・ドラマ・アニメ

興味深く思った毎日jp記事より引用です
………………・・………・・………………
2017.10.26【第71回読書世論調査 マンガ、日本の誇り65%】

毎日新聞は25日、7〜9月に実施した
「第71回読書世論調査」の結果をまとめた。

日本のマンガやアニメを日本独自の文化として誇りに思うか尋ねたところ、
「思う」との回答が65%にのぼり、
「思わない」の5%、「関心がない」の29%を大きく上回った。

「ワンピース」や「ドラゴンボール」「ドラえもん」といった
日本でも人気のマンガ・アニメは海外にも多くのファンがおり、
政府は「クールジャパン」戦略の一つの柱に掲げている。

政府による日本文化の海外発信が、人々の意識にも影響している様子がうかがえた。

クリックすると元のサイズで表示します
※「世界コスプレサミット2017」8/6 毎日jpより

    

2017.9.30 毎日新聞ローカル版より引用です

【東海3県の主なポプカル名所】
※「★」は18年版「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選ばれた街

「聖地」  作品名           分野(初出年)
<岐阜県>
岐阜市★  ルドルフとイッパイアッテナ アニメ映画(2016)
 同 ★  信長の忍び         漫画(08)/TVアニメ(16)
 同    僕らはみんな河合荘     漫画(10)/TVアニメ(14)
大垣市   聲の形           漫画(11)/アニメ映画(16)
美濃加茂市 のうりん          TVアニメ(14)
飛騨市★  君の名は。         アニメ映画(16)
高山市★  氷菓            TVアニメ(12)
恵那市   高杉さん家のおべんとう   漫画(09)
下呂市   ヒカルの碁         漫画(1999)/TVアニメ(2001)
多治見市  ギルティクラウン      TVアニメ(11)
輪之内町  はるとごーすと!      漫画(13)

<愛知県>
名古屋市★ 世界コスプレサミット      イベント(03)
刈谷市   刈谷アニメcollection 総合見本市(13)
一宮市   七夕まつりコスプレパレード   イベント(12)

<三重県>
熊野市★  凪のあすから TVアニメ・漫画(13)

………………・・………・・………………
三重県の聖地はひとつだけ。調べてみました

記事によると
『テレビアニメ「凪のあすから」の舞台として18年版「アニメ聖地88」の
一つに選ばれて以来、三重県熊野市は市内の波田須町、新鹿町など
場面に使われたとされる地、約10カ所でファンの「巡礼」が続いている。
波田須町にあるカフェ&音楽ホール「天女座」は、
国道311号沿いにある入り口看板などが、
アニメの中では「人魚座」の店名で登場した』と。

クリックすると元のサイズで表示します
※毎日新聞より
クリックすると元のサイズで表示します

アニメは鑑賞していないので、分からないのだけれど
この記事にある「天女座」は昔、行ったことのあるカフェだったので
なんとなく嬉しくて

クリックすると元のサイズで表示します
海が一望できるステキなカフェでした。
元は車部品工場の跡地を改築された、と聞いて
隣は音楽ホールになっておりました。

経営されているご夫妻は、音楽家さんで
昔、初詣に行った神社にて年越し音楽会を鑑賞したことがあります。
周囲の山々に美しい音色が響いて夢のような
異空間となっていた記憶です

そして、「凪のあすから」のtwitterを拝見しましたが
美術背景担当の東地和生氏作品がとってもステキでした
海、空の描写に感動です。
熊野の海沿いそっくりで感激も

       

聖地繋がりでもうひとつ

森博嗣氏のブログ【2017/10/5(木)「聖地」は、ずれています】 より
引用させて頂きます

『最近は、「聖地」もたびたび話題になっていて、
信者が巡礼するような場所のイメージなのでしょうか。
(略)
この作品だけでなく、すべての作品で場所と地名はずれています。
最もわかりやすい例は、Vシリーズが、三重県の六華苑が舞台になっていることです。
ですから、地名や名称から、そこが聖地だと思われると、困ったことになりますね。』

とあり、行った場所だったりすると
益々興味深く小説が感じられます

クリックすると元のサイズで表示します
※六華苑/Wikipediaより

聖地めぐり、楽しそう

2017/9/30

映画「関ヶ原」  映画・ドラマ・アニメ

(Sat)
映画「関ヶ原」を鑑賞しましたビデオカメラ
少し独自の勝手な感想を
(※ネタバレ含みますのでご注意ください!)

関ヶ原合戦に至るまでの道筋が多くを占めていたように思います。
このような経緯で……と緊迫した面持ちで鑑賞していたかも。
正義や無情や儚さなどが混沌と。

石田三成の旗印「大一大万大吉」は
「万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば
太平の世が訪れる」という意味であることを知りました

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれの鎧兜のデザイン、軍旗の旗印に興味が湧きました。
徳川家康が竹で編んでいた母衣というものを初めて知り
戦でこのように使用されていたんだ、と。

伏見城の大広間に置かれている銀色の何か、置物?は何だろう、と
気になっておりました。
豊臣秀吉、石田三成、徳川家康、それぞれのこれからを暗示する
恐怖のようなものを感じました。
パンフレットによると現代美術家さんのアートオブジェが使われていたそう。
現代アート作品が歴史上の中にマッチしていたのが面白いなって

石田三成が助けた伊賀の忍び(伊賀忍者)、初芽が
可愛かったし魅力的でした

映画と全く関係のないお話ですけれど
先月、毎日jpにて忍者関連ニュースがあったのでご紹介
+++++++++++++++++++++++++++
2017.8.28

三重大学
入試科目に「忍者学」導入 大学院、18年から

「忍術」試験を突破して大学院生に−−。
三重大は大学院の人文社会科学研究科地域文化論専攻で、
来年2月の入試から選択科目として「忍者・忍術学」を導入することを決めた。
同専攻では、忍者関連の授業が複数設けられ、修士論文も忍者をテーマにすることができる。

同専攻の定員は8人。
必須科目として小論文があり、もう1科目を「日本史」「考古学」などから選択する。
忍者・忍術学は古文書などの資料を読解した上で、他の選択科目と同様、
一問一答や論述の問題に答える形式になる予定。
 三重大は伊賀流忍者の研究で知られ、これまでも忍者が持つ技や生活の知恵などを
分析、研究する「伊賀連携フィールド」や古文書や資料をデータベース化し、
情報発信する「国際忍者研究センター」を設立するなどしてきた。
+++++++++++++++++++++++++++

山中で同じ忍びである赤耳たちに初芽が襲われそうになったシーンがあり
しかし、家康側だと思っていた赤耳が最後には家康を襲撃に行き驚き。
戦の中で小早川秀秋の裏切りであったり
誰を信じていいのか……の恐怖や難しい決断に至った想いなどを
考えさせられます。
小早川秀秋はあのとき、まだ19歳の若さであったことにも驚愕です。

騎馬部隊、槍部隊、鉄砲部隊、弓部隊など
合戦シーンは大迫力でした。
観ていてキャストさん方、お怪我などあったのでは……と心配になるくらい。
乗馬し疾走する様は皆様、カッコイイです。
ほんの400年前にこのようなことが起きていたこと、今は信じられないくらい。
現在の平和に感謝し、ご先祖様を敬う気持ちが強くなりました

終盤、三成は腕を縛られ三条河原に。
セリフを呟き勇ましく刑場に向かうシーンは
岡田准一さんが以前、演じられた「永遠の0」の
ラストシーンを彷彿とさせられました。

三成に向かって声掛けする初芽には涙。

石田三成は純真に豊臣秀吉にお仕えし、正義を貫いた将。
島左近という人となりも魅力でした。

クリックすると元のサイズで表示します
※シネマで購入したパンフレット

映画には関係ないですけれど
豊臣秀吉繋がりで、私は絵師の長谷川等伯と狩野派の件や
千利休が浮かんでおりました

2017/9/16

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK  映画・ドラマ・アニメ

(Sat)
WOWOWにて録画していた音楽映画・ドキュメンタリー
「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years 」を鑑賞

WOWOWより引用。
「伝説的バンド、ザ・ビートルズが1960年代にたどった軌跡を
「ダ・ヴィンチ・コード」のR・ハワード監督が
貴重な映像・音源などを駆使して描いた力作ドキュメンタリー。

英国のバンド、クオリーメンはメンバーチェンジを経て1960年、
ザ・ビートルズと改名して再出発するが、
無名時代はドイツのハンブルクで多忙な毎日を過ごした。
しかし、1962年にデビュー曲「ラヴ・ミー・ドゥ」を発表した後、
母国だけでなく世界中を熱狂に巻き込むほどの人気バンドになる。
彼らはワールドツアーで日本など世界各地に向かうが、
バンドがカリスマ的になり過ぎたことに対してジレンマを感じるようになり……。 」

ビートルズの活躍されていた当時の秘蔵映像のような映画で
鑑賞できてよかった〜って大満足

クリックすると元のサイズで表示します
※画像/アルバムより

2017/4/22

映画『We Are X』  映画・ドラマ・アニメ

(Sat)
映画『We Are X』公式サイトより引用です
………………・・………・・…………………
2017.3.3
X JAPANの封印された歴史を描く、
ハリウッドが制作した禁断のドキュメンタリー映画、ついに日本解禁!

世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳 ――そして復活。
どんな脚本家も描けない、あまりにも壮絶な真実の物語。

ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つ
スティーヴン・キジャック監督の手により、
彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、
2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、
3月にはSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)で
デザイン部門観客賞を受賞するなど、
これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、
世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。

世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・
バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。

結成後30年以上に渡って生み出されてきた、
想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。
そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。

栄光と挫折、生と死、解散と復活。日本の音楽シーンの頂点に
君臨する彼らの挑戦の軌跡−。

マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、
クライマックスには息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。
『WE ARE X』はこれまでにない近さで、
心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。

日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。
なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。
HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。
今、世界中が共感する物語が、ここにある。

音楽で世界を変えた7人の男たち。彼らの名は―

………………・・………・・…………………
約1ヶ月前、映画『We Are X』を鑑賞に。
涙なくして観られない映画でした。
観賞後も胸がいっぱいで感想が書けないでいました。

悲しいストーリーの紆余曲折を経て
希望に繋がるストーリーへと表現された壮大な映画、でした。
これまでの軌跡が甦って。

YOSHIKIさんの一番印象に残ったお言葉は
「僕は死ぬときに、やれることはすべてやりきったと言える」。

このように発言できる人生にしたい、と感じました
と言っても、自分は
『描きたいと想い描いている絵をすべて描ききった、と言えるように』と
変換していたのですけれど

メンバーはもちろん、KISSのジーン・シモンズさんや
スタン・リーさん、そしてXの育ての親のようであった
津田直士さんの出演もありました!

バックに流れてくる音楽はやはりどれも感動です♪x3

週替わりで入場者プレゼントがあって
足を運んだ週はマスクでした。
二人で行っていたので頂いた二つのマスクは白と黒でした

劇場にあったYOSHIKIさん直筆サイン入りポスター
クリックすると元のサイズで表示します

X JAPANを知らない方々にも観て頂けるといいなって

↓こちらで少し動画が観られます
映画『We Are X』 日本公式サイト


2017/4/22


(Sat)
約半年分のTV鑑賞した映画、ドラマ、アニメのメモ書きメモ

スペード映画
・黄金のアデーレ・名画の帰還
・FOUJITA
・進撃の巨人
・図書館戦争
・g@me.
・ちはやふる
・舟を編む
・Disney's クリスマス・キャロル

ダイヤドラマ
・就活家族 〜きっと、うまくいく〜
・お母さん、娘をやめていいですか?

クラブスペシャルドラマ
・でも、結婚したいっ!〜BL漫画家のこじらせ婚活記〜
・女の勲章

ハートアニメ
・この美術部には問題がある!
・風夏
・3月のライオン


2017/2/19

この世界の片隅に  映画・ドラマ・アニメ

(Sun)
アニメ映画「この世界の片隅に」を鑑賞に行ってきましたビデオカメラ
よく拝見させて頂いているサイトのウェブマスターさんが
絶賛されていたため鑑賞したいなって思っていて

鑑賞後、痛感させられたことは
日常の何でもない平凡な生活が幸せである、と。

クリックすると元のサイズで表示します

広島が舞台だったので、日付が表示されて
刻々と過ぎていくのを観ているのが怖かったです。

戦時中の緊迫した空気、暗い防空壕、空襲の音。
すずさんが紙に描く絵や頭の中で想い描く絵。
恐ろしさと美しさの表現がアニメならでは、と感じ入りました。

当時のラジオ音声や港の軍艦、配給の様子を知りました。
「呉の皆さん頑張って下さい」との放送の言葉は心が痛みました。
最も悲しかったのは、すずさんが大好きな絵を描く利き手を
失くしたとき……。
そして、お義姉さんからの罵声……。

でもエンドロールでは、後からやってきた小さな女の子が
すずさんとお義姉さんに洋服を作るくらい成長し
仲良く同じ柄の洋服を着ていて幸福感

苦しい生活の中にも工夫を凝らした知恵ある食事作りや裁縫には
感銘を受けました。
そして、深刻にならず淡々と日々を送る明るさと強さに救われました。
鑑賞できてよかったです。

  
余談
・すずさんが迷子になった時、道を教えてくれた女性は
 スイカのお話から、あのときの座敷童だったのかな?

・すずさんのおばあさんが話していた傘のお話は、いったい?

・旦那様がすずさんを初めて見たのは橋の上って言ってたけれど
 そのシーン見逃してる?

って謎に思っている駄目な自分……

2016/12/1

「君の名は。」と科学力  映画・ドラマ・アニメ

(Thu)
毎日jpより引用です
………………・・………・・‥‥………
土記 2016/11/26
「君の名は。」と科学力=青野由利

遅ればせながらアニメ映画「君の名は。」を見た。
大ヒット中と知ったからではなく、
登場する彗星(すいせい)の軌道図の誤りが
話題になっていると聞いたからだ。

大胆なストーリー展開に引き込まれ、
問題の場面は見落としそうになったが、
天文ファンには気になるところかもしれない。

この話を知ったのは、今月参加した
「高校の理科教育」を考えるシンポジウム。
といっても映画の誤りを糾弾しようなどという
やぼな集まりではない。
企画者は物理学者の須藤靖さん。
「日本学術会議」の小委員会委員長として、
今年初めに「これからの高校理科教育のあり方」をまとめている。
(省略)
「君の名は。」に話を戻すと、「彗星の軌道はこういうもの」と
覚えるのではなく、物理の法則とは何か、
重力とはどういう力なのかを知って、日常のあれこれに応用できるといい。

実はこの映画には科学心をくすぐるネタが他にもたくさん含まれている。
隕石(いんせき)湖は実在するか。
彗星が分裂した破片が地球にぶつかる確率はどれぐらいか。
時間旅行は可能か。
夢の記憶がすぐに薄れていくのはなぜか。
「口噛(か)み酒」はどういう反応でできるのか。

とても楽しい学習ができそうだと思うのは、独り善がりだろうか。
………………・・………・・‥‥………

この映画の鑑賞後、隕石の湖や彗星、お神酒について
自分も検索していたので興味深く、拝読した記事でした
あとは、町の名前や工芸品についても

軌道図に関しては専門分野の方なら気になるトコロでしょう
けれど創作物はなんでもアリでは

2016/10/15


(Sat)
WOWOW関連で続けて…
この半年間くらいでTV鑑賞した映画など

・ムーミン 南の海で楽しいバカンス
・I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
・リトルプリンス 星の王子さまと私
・バケモノの子 
・インサイド・ヘッド
・龍三と七人の子分たち
・orange-オレンジ-

ライブ映像は
・ONE OK ROCK
・BABYMETAL
・氷室京介
・SEKAI NO OWARI
・倉木麻衣
・きゃりーぱみゅぱみゅ
・hide生誕 50周年記念ドキュメンタリー映画『hide 50th anniversary FILM JUNK STORY』



先月、映画館で鑑賞したのは話題の「君の名は。」
夢の中で出会う、とかロマンティック
印象に残ったのは、映像美とストーリーに合った音楽
日本伝統工芸品の組紐や黒板の万葉集

三葉が駅(?)に座っていたシーンの
後ろに貼ってあったポスターのコピー
「検索より探索」が印象深く

クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/2

録り溜めてたモノ  映画・ドラマ・アニメ

(Tue)
昨年録画していたディズニー映画「ベイマックス」を鑑賞
すご〜く感動しました
イイ映画でした〜
ディズニー映画の中で一番のお気に入り映画になりました

クリックすると元のサイズで表示します

    

録画していた昨年9月放映の「浦沢直樹の漫勉」を鑑賞(観るの遅すぎ
漫画家さんたちの仕事場に密着するドキュメントで
漫画家、東村アキコ氏、藤田和日郎氏、浅野いにお氏を拝見。
それぞれペン入れの仕方、漫画が誕生するまでの経緯に個性があって
楽しい番組でした
漫画家さん、尊敬です

    

「いいな!」って思った『家庭教師 トライ』のCM。
テイラー・スウィフトの曲に合わせて皆がダンスしてる
軽快な雰囲気がとってもスキ
ニューヨークや渋谷、通勤通学路や自宅、
それぞれの場所でのダンスシーンがいいなって

YouTubeで探してみるとUPされてる日付が昨夏だから
1年前くらいのCMだったのかな?

これまでもお気に入りCMがスマホ「XPERIA」のLEDダンスや
ロッテ「 Fit's」ダンスCMだったりなので
軽快なダンス系CMが自分好みなんだなって気付いたり

クリックすると元のサイズで表示します

    
洋画グループ展が終了し、ホッとしているトコロで
ようやく鑑賞に

2015/10/11

ドラマ&アニメ  映画・ドラマ・アニメ

(Sun)
録画したままだったドラマ版のデスノート、6話から最終回の11話まで一気に鑑賞
夜神月役の窪田正孝さんの豹変していく熱演ぶりに驚き。
他のキャストさんも迫真な演技でした。
原作と違った結末シーンだったけれど上手く制作されてる〜って思って

歪んでるのだけれど、ライトなりの正義を吐露し熱弁しているシーンや
炎に包まれながらもノートを離さない執念とか…

『犯罪のない理想の新世界を』
『平和な世界を作るんだ』
『俺が世界を変えてやる』などライトの言葉に涙が…。(

エルの自分がいなくなった後の未来に向けて発信してるメッセージビデオ、
推理の発言に頭脳明晰感がキラキラと。

あと9話でエルがライトに対して言ってた
「たった一人の友達でした。こんな形でなく出会いたかったです」も
ジーンときたな〜。

そして二人の相違なる正義感が平行線であることにも
悲しく心打たれたり。

エル
「自分が神にでもなったつもりかもしれませんが
私に言わせれば救いようのない愚かな人殺しです。
世の中は正義が勝つようにできているんです」

ライト
「エル、おまえはいつも正しかったよ。
ただ、一つだけ間違っていたことがある。
正義が勝つんじゃない、勝ったものが正義なんだよ」

クリックすると元のサイズで表示します

      

10月8日深夜に始まった原作、森博嗣氏のアニメ。
「すべてがFになる」の第一話の録画を鑑賞

キャラデザインがとても合ってて面白いなって

萌絵ちゃんが犀川先生に言ってた
「覚王山の駅前にロールケーキのお店ができたんです」って言葉を聞いたとき
原作通り、名古屋の設定だって嬉しく思って
先月、覚王山駅を電車で通過したところだったので駅名にピンっと

萌絵ちゃんがマガタ博士を天使のような悪魔のようなって表現をしていて
その表現通りキャラデザインが発揮されているな〜って

クリックすると元のサイズで表示します

2015/7/28

デスノート/ドラマ版  映画・ドラマ・アニメ

(Tue)
先日の第4話のひとりごと。
ワクワク待ってた、ポテトチップスのシーンがやっと出ました
ポテチ袋内の液晶ブルーライトの明るさに、バレちゃうのでは…と
勝手にドキドキしてしまいました

クリックすると元のサイズで表示します
※部屋に飾ってるフィギュア(ポテチを持つライト)


ライト役の窪田くん、眼の表情がコミック版のように
よりキラっぽくなってきました

クリックすると元のサイズで表示します
※コミック表紙より

原作のライトは、全国模擬試験トップ、東大トップ入学という
天才大学生でした。
ドラマでは、その一番の魅力的だと思う部分が変更されてしまってる〜。
あとアイドルファンって……。クールなイメージが(以下略

別物として鑑賞するといいのかな

ライトとエルのテニスシーンテニス
二人のフォームが綺麗でした

2015/3/15

かぐや姫の物語  映画・ドラマ・アニメ

(Sun)
先日、TVで放映された『かぐや姫の物語』の録画を鑑賞
少し感想を

一番インパクト大だったのは、淡く水彩画風の味のある絵柄
梅や木蓮の花が咲き出す様子、あざみが揺れ、木の実や瓜が
生ってる自然の風景がとっても美しかった

お爺さん、お婆さんと共に、かぐや姫が都に引っ越したときの
お屋敷の屋敷内の渡り廊下や簾の描写がとても魅力。
キャラと背景が一緒に動いてるような作風がとってもほんわかしていて
神楽とお琴の音にも魅了され

お屋敷内でかぐや姫の教育係のような女性が現れた時、
二人のやり取りの様子が『アルプスの少女ハイジ』の
ロッテンマイヤーさんとハイジのようって懐かしく感じ
大好きだった『アルプスの少女ハイジ』。
この作品も高畑勲氏が関わってましたね

そして、かぐや姫に使えてた侍女ちゃんがなんとも可愛かった
子猫のようで

5人の貴族たちが、かぐや姫に求婚に訪れて。
ここで「竹取物語」のストーリーが一気に蘇った私

会話をしたことがなく、顔も見たこともない人達から
いきなりの求婚、不安になるのは当然のような

皆に無理難題の秘宝を持ってくるように伝えるのだけれど
偽物を本物であるように持参したり、軽い口先だけの言葉だったり…。
真剣に秘宝を探しに行って、命を落としてしまった一人の貴族は
可哀想だった。
その後、登場の帝の方は……

ここでは、心の愚かさのようなことを表したかったのかな(
あと、どんなにステキな着物や御殿があっても
高スペックの方でも心は満たされるものではない…とか(

かぐや姫が子供の頃、山でよく遊んだ仲間たち。
ステマルという男の子は、イノシシから助けてくれたり
ヒーローっぽいなって感じてたんだけれど。
経年の後、再会したかぐや姫と空を飛んでたり夢のようなシーンがあって。
かぐや姫の子供の頃の笑顔が戻っていて嬉しかった
でも…
ステマルさんの子供?が登場。
子供がいて平気でかぐや姫と何処かへ行こうってしてたの!?ってびっくり。
ステマルさん、余りにも軽い口調だったので
ここでは、人間の愚鈍を表してるのかな〜(

子供の頃、山をいっぱい走って自然を感じてた
あの頃のふたりがよかった
もう遅いのだけれど。

月からの使者がくるシーンは厳かな雰囲気で。
かぐや姫が使者から衣を羽織られると一瞬で感情が消された様子。
月の使者たちの『無』な感情の様子も魅力だった

あの時のお爺さん、お婆さんが可哀想だったけれど……。

私が幼稚園の時、「竹取物語」の演劇をした思い出があります門松
かぐや姫が月に帰ってしまうシーンがとても悲しく思ったコト、
覚えていますヨン

かぐや姫は今、月の世界、地球、それぞれのどちらがよかったと
思ってるのかな
面白い映画でした〜

クリックすると元のサイズで表示します

2014/12/25

ドラマ最終回  映画・ドラマ・アニメ

(Thu)
TVNのために

それぞれ登場人物が大切な人を想うおもいやりがステキだな〜って感じるドラマでした
希美ちゃんのあの笑顔で終了した最終回にホッとしました
海、島、船、都会のビルから眺めた朝日など映像がとっても綺麗
家入レオさんの「Silly」の挿入歌がドラマとよく合っていてよかったです〜
クリックすると元のサイズで表示します


TVすべてがFになる

昔、拝読した森博嗣氏のミステリー小説が映像化に、ってことで
このドラマは楽しめました〜

最終回「有限と微小のパン」。
四季さんが海辺を歩いてるシーン、
10年前に妄想で描いたイラストがこちらに

2014/10/28

カラアゲ☆USAとコラム  映画・ドラマ・アニメ

(Tue)
先日、映画「カラアゲ☆USA」を鑑賞ビデオカメラ
舞台は、大分県宇佐市。
タイトルは、宇佐とウサ(USA)、米国を掛けているそうです。
宇佐はカラアゲ専門店発祥の地だそうな
田舎の実家に戻った彩音の家族模様や賑やかな「カラアゲカーニバル」。
幼馴染みの優しい心遣いなど故郷の温かさが感じられる映画でした

三重出身の瀬木直貴監督の舞台挨拶があると聞いて家族と足を運んだのでした
瀬木氏のローカル版コラムをずっと拝読してました
以前、目にしたコメント「映画の力で、人の心や街の活性化につながれば」が
この映画でとても伝わってきました。
瀬木氏の古里をテーマにした作品に着目してます。

この映画を作るようになった経緯や
大分県にも三重県と同じ「四日市」という地名の町があること、
宇佐市周辺の土地が山と海がある三重の伊勢平野によく似ている、など
舞台挨拶でお話してくださっていろいろと初めて大分県を知った気付きがありました

カラアゲの漢字は「唐揚げ」ではなく「空揚げ」が本当は正解と語っておりました。
衣をたくさん付ける天ぷら、天ぷらと違ってカラアゲは粉を付けることで
衣が空っぽである、という意味で名付けられたそうな。

鶏肉を秘伝のタレで漬け込み、粉で揚げるカラアゲ、
粉に味付けをする方のフライドチキン、その区別などのお話も面白かったです。
お話終了後、握手して頂きました〜

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、フライドチキン店の「カーネル像」について、瀬木氏コラムを
以前、拝読したことがありました。
「カーネル像」をあるタイガース選手に見立てて胴上げし、川に投げ込んだ事件について。
カーネルを投げ込んだのは当時、大学生だった瀬木氏の友人で
フライドチキンチェーンから損害賠償を請求されるはめになったのですが
事件後売り上げが伸びたことから、今度は感謝状を受け取った、というお話でした

力もお金もなく、無責任で世間知らずで将来への不安を抱えながらも
ばかになって笑い飛ばすことができた学生時代を
若さがかけがえのない素晴らしいことだと気づいたのは、あれからずいぶん後のことだった、と
振り返り締めくくってました


私の好きな熊野の海についてのコラムに胸を打たれました
ご紹介
---------------------------------------------------
ビーチ七里御浜で思う生と死:瀬木直貴/2014.4 毎日jpより引用

 文字にしようとして、はて困った。
恥ずかしいことだが、あの音の感動を表現する語彙を持っていないことに、
今更ながら気がついた。

 あの音とは、三重県・熊野の七里御浜に寄せては返す波のことだ。
波頭が音もなく一気に持ち上がったかと思うと、次の瞬間には体の芯まで響く衝撃が訪れる。
波と呼ぶには激し過ぎ、しかも、浜は砂ではなく砂利石でできているから、
石同士がぶつかり合う音が地鳴りのように響き渡る。
浜に海水が染み通る音がシュワーと広がり、その後に続く引き波で
シュワシュワシュワとささやくように消えていく。

 2年前の夏、僕は熊野へ向かう国道42号を舞台に映画「ROUTE42」を撮った。
その構想の段階で、子どもの頃から幾度か行った七里御浜を改めて歩いてみた。
浜の石は長い年月の間、波に洗われて、きれいな楕円になっている。
指先ほどの小さなものから、人の頭ほどの大きなものまで、サイズも色もさまざまだ。
この夏に世界遺産登録10周年を迎える熊野古道の中でも珍しい浜街道で、
かつて詣でた人々は20キロ以上続くこの浜を歩いたというが、とにかく歩きにくかった。

 勾配のきつい波打ち際に立つと、深いマリンブルーが目の前に広がった。
一瞬海の中に吸い込まれそうになる錯覚に陥った。
海のかなたに極楽浄土を見た熊野の思想とも無関係ではないだろうが、
そこに身を任せたが最後、死が現実のものとなる。
だが、人はかろうじてこの世にとどまろうとする。
あの世とこの世の紙一重のきわどさ、生のはかなさ、切なさ。
僕たちは実に危ういところに立っているのかもしれないと思った。

 歩き疲れて、打ち上げられた流木に腰を下ろした。
少し先で、少年が一人で釣りをしていた。はぐれたカモメが波打ち際を漂っていた。
漁船のエンジン音が聞こえてきた。
犬の散歩をしている若い女性、上半身裸になって本を読むヒッピー風の男性、
トランペットを吹く初老の男性。
それぞれに生があり死があり、それを想像しているだけで時は過ぎてしまう。

 昔から、人はどこから来てどこへ行くのかということを考え始めると、
切なさのあまり、胸が締め付けられることがよくあった。
小学生の頃、数年前の流行歌を聞いて、懐かしさを通り越して
常ならぬ時の流れに思いをはせ、布団の中でひとり涙した。
今思えばヘンな少年だった。自分が大人になったら、親はあの世に行き、
やがて僕も死に近づいていく。今も昔も変わらない生命の営みを、
人間は何万、何十万回も繰り返してきた。
子どもの頃から生と死を考えるようになったきっかけのひとつは、熊野の海との邂逅であり、
波打ち際に立った時の畏怖の念だったように思う。

 映画「ROUTE42」は、悲しみを抱えた男女が一台の車に乗り、
国道42号を黄泉の国・熊野に向かって疾走するロードムービーだ。
物語の発想の原点は、東日本大震災で見た幾多の悲しみから得たひとつの気づきであった。
それは、死を越えて人は生き続けること。生きるとは、
死の重みを受け止めること。物語のクライマックスにこの海岸を選んだ理由は、
死の恐怖にとりつかれながらも生き続けていく人間の姿を描きたいと思ったからだ。
---------------------------------------------------



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ