2022/1/26

絵の近況  絵画・デザイン

(Wed)
所属するローマン派美術協会のローマン展。
昨年も一昨年もコロナウイルスの影響で中止でしたので
完成している50号の蓮の絵は未発表のままです。
今年は、開催予定とのご連絡は頂いておりますけれど
また変更があるかもしれません。
開催が決まりましたら
どうぞご覧いただけますと幸いです

ローマン展用の50号を
また新たに描き始めないといけないのですけれど
まだ気力が追いつきません……。

昨年の創作は、オーダー1点と小作品2点のみでした。

現在もオーダーをいただいていますので
ベストを尽くす所存です。
ご希望はクリスマス絵で20号サイズ。
今年のクリスマス前、11月までに仕上げてくれたら、とのこと。
オーダーはいつでも緊張ですけれど
ありがたいことです。
完成しましたらまたご覧いただけると幸いです

地域で所属する絵画サークルは
昨年10月〜12月の3回は開かれたのですけれど
オミクロン株の急拡大により
今月からまた休会となりました。
作品展も昨年に続き中止です。
残念ですけれど
油断せず、臨機応変な対応をしてくださり
ホッとしています。

皆様もどうか十分、気をつけられ健康でいてくださいね

2022/1/26

折り返し地点は無い  音楽

(Wed)
20221/1/15 放映のNHK
『SWITCHインタビュー 達人達』を鑑賞。
出演、YOSHIKIxレスリー・キー。

YOSHIKIさんの言葉で印象的だったもの。
「音楽で人を幸せにすることが、
人の助けになることが、僕の使命だろうと思う」

「(作曲で)痛みを表現できることによって
ある種、昇華できてしまう。
芸術をやることによって自分は生きてこられた」

そして
『人生って折り返し地点ってないと思う』と。

先月、ブログ記事にしていた彫刻家、大森暁生氏も
インスタにて
『「50歳人生折り返し」などと言いますが、
折り返す気などさらさら無く、
さらにこの先も「直進」の覚悟で臨む所存です』と
書かれておりました。

カッコイイです

20221/1/16 放映のTBS『情熱大陸』を鑑賞。
出演、矢沢永吉さん。
「ロックに贅肉はいらない」とのお言葉
鍛えられていた映像、とても72才とは思えない
若々しさでした。
ライブ後、流れる音楽を背に
ササッと退場し、車に乗り込む
去り際のカッコ良さもさすがでした

2022/1/26

新聞記事と本より  読書・言の葉

(Wed)
1月初旬の新聞記事より
印象深かったものを抜粋し
引用いたします
………………・・………・・………………
(2022/1/7)
【昭和1桁世代の弔い合戦 
インタビュー 宗教学者・山折哲雄】(聞き手・小国綾子)


宗教学者、山折哲雄さん(90)は一昨年、肺炎で入院した際、
「延命治療も手術も一切お断り」と医師に告げたという。
すんでのところで生を得た今、
これからの人生を「昭和1桁世代の弔い合戦」と位置づけ、
言葉の陰影と複眼的な物の見方をこの国に取り戻そうと語る。
卒寿の碩学にその真意を聞いた。

【複眼的価値観消え、社会を覆う二元論】
――新しい年にどう臨みますか。

私たち昭和1桁は、中途半端な形で戦争を体験した世代です。
特攻隊など大きな犠牲を払った世代より下ですが、
勤労奉仕にかり出される形で戦争と関わった。
敗戦を迎えた時、私は旧制中学2年。
終戦詔勅を聞いた時、全身で解放感を覚えました。
だからこそ戦後、「民主主義少年」へと一気に変貌しました。

昭和1桁とは、戦争と平和の両方を経験した最後の世代なのです。
明治初年の新国家建設を体験した少年のように。
福沢諭吉の言う「恰も一身にして二生を経るが如く」です。
貧乏で腹をすかせ、見渡せば焼け野原。
でも新しいことに何でも挑戦できた。
だから絶望したことはありませんでした。

しかし、高度成長が終わり、今や日本が数々の困難に直面している。
貧困や格差の問題が深刻になり、若者までが閉塞感や絶望感を
抱える時代となってしまった。

――「弔い合戦」の標的は何ですか。

まずは言葉。
言葉の持つ陰影や含意が失われ、
あるいは削り取られ、一面的に
用いられているように思えてなりません。

例えば「癒やし」という言葉。
平成に入って安易な使い方が増えました。
何が何から救われるのか、主体・客体を曖昧にしたままで、
インスタントに「癒やし」を求め、何でもかんでも
「癒やしの〇〇」ともてはやす。
そんな「癒やし」はむしろ「卑しい」。

「寄り添う」もそう。
弱者に寄り添う、障害者に寄り添う……。
それ自体は大切なこと。
しかし「寄り添う」と口にすることで問題をスルーし、
具体的な行動を取らずに済む便利な言葉になっていないでしょうか。

東日本大震災後に多用された「絆」もそう。
すべてをスルーさせる「あいさつ語」のようになっている。
他方、「向き合う」という言葉が使われなくなっているようで気になります。

言葉には陰影やさまざまな含意があります。
例えば「絆」は人のつながりを示す一方、
人々を縛るくびきの意味もある。
言葉が一面的に用いられる風潮の中で、
人間の存在も、一面的に扱われているように感じます。
(略)

最後にお話ししたいのは「無」についてです。
日本人が「無宗教」という時、それは特定の宗教や宗派を
信じていないということに過ぎません。
むしろ「無の宗教」であると言えます。
宗教心は普遍的なもので、多くの人が心の底で持っている。
いや、宗教心を大事にする人ほど
特定の宗教を信用しないようなところが日本人にはあるのです。
(略)
無常、無我、無一物、無尽蔵……。
日本人は「無」という言葉が大好きです。
選挙事務所で「無」と一文字だけ書かれた書の額縁を見たこともある。
「無」とは日本人の日常感覚と深く結びついた言葉なのです。

………………・・………・・………………
いろいろハッとさせられます!

山折氏の
『例えば「絆」は人のつながりを示す一方、
人々を縛るくびきの意味もある。』で浮かんだのが
お正月に読了した森博嗣氏のエッセイ本
「追憶のコヨーテ」の100編の中の85。
部分だけ引用します

『たとえば、今の人たちは、スマホの中のアプリを
断捨離した方が良いだろう。
また、交友関係も断捨離を考えよう。
「つながる」ことで太り過ぎている。』と。

なるほど、と

『カードも減らした方が良いし、
ポイントやクーポンも太りすぎ。
写真も、撮りすぎ保存しすぎ、アップしすぎ。
溜め込んで得をしたつもりでも、
太っているのと同じで、
病気になりやすい体質を作っているのかもしれない。
維持しないといけないというプレッシャが
ストレスになるからだ。
(略)
インプットもアウトプットも、
やめられなくなるとバランスが崩れて、
最後は病気になる。』

気付きをいただきました

クリックすると元のサイズで表示します
※お正月に読了の本



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ