2019/12/12

Xmas Song  絵画・デザイン

(Thu)
毎年恒例の絵画サークルの絵画展が
新年の来月、1月29日〜2月3日に開催予定ですアート

今年、東京でのローマン展と中部ローマン展に出品させて頂いた
50号の「こだま と かくれんぼ」を
地元の絵画サークル展に展示いただこうと思っています

諸用で絵に携わることが難しくなってきているのですけれど
身内の期待に添えるよう頑張っています。
心配ごとの中、自分がしっかりしなきゃ、と
心を強く保つことを意識して……。

ブログ記事「2019/7/31 お礼&オーダー」で書いていた
お客様からのオーダー作品。
この作品も絵画サークル展に展示しても良いです、とOKを頂いたので
展示できる絵があってよかった、と
展示後、お客様のもとへ

来年の夏開催のローマン展出品作に着手しないとって
既に焦っています。間に合うよう頑張りたいと思います。
50号を2点出品と決まっているご様子ですけれど
1点でも構わないとのお話を聞きホッとしています
1点集中、力を注ぎたいと思いますアート

現在、ART-Meterさんにてクリスマス作品「Xmas Song」を販売中ですクリスマスサンタ
ご覧いただけますと嬉しいです

以前、創作した絵を雨から雪の絵にリメイクしましたアート
どこからか聴こえるクリスマスソングピアノ♪x3
空想の世界

クリックすると元のサイズで表示します
画像/「Xmas Song」の一部分です

2019/12/12

google  絵画・デザイン

(Thu)
興味深い記事をピックアップです
毎日jp(2019/11/24)「もとをたどれば」より引用です
………………・・………・・………………

【グーグル 「10の100乗」のスペルミス】

インターネットの検索エンジン、メール、ネット広告から、
スマートフォンや自動運転車開発へと事業領域を拡大し、
世界有数の巨大企業になった米グーグル。
社名は、スペルミスから生まれた。

創業者のラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏が
米スタンフォード大で出会ったのは1995年。
当時も検索エンジンはいくつかあったが、
関連するウェブページを無秩序に並べるだけで、
利用者が必要な情報にたどり着くまで何時間もかかる状態だった。

ペイジ氏らが試行錯誤の末たどり着いたのは、
ほかのページからリンクを張られる数が多いページほど
信頼できる情報が記述されているという発想。

リンクに着目することで、重要度順に結果を
表示できる検索エンジンの開発に成功した。
ページを行ったり来たりできるという意味で
「BackRub(バックラブ)」と名付けた。

創業の経緯を描いた「Google誕生」
(イースト・プレス刊)によると、
社名は覚えやすく、誰も使っていないものにしようと
研究室仲間に意見を求めた。

挙がったのが10の100乗を意味する数学用語
「googol(ゴーゴル)」だった。
普段使わない単語だったため、
「google」とつづりを間違え社名登録したという。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ