2019/2/28

2月の終わり  絵画・デザイン

(Thu)
今日は2月最終日で時の経過の速さを感じます

現在、大きな絵を描いているのですけれど
最初にイメージしていた構図から段々変化していて
筆が止まってしまうことしばしば。
慣れない色に挑戦しているせいでもあるような。
新たな挑戦だけれど納得いくまで頑張ってみようと思いますアート

2019/2/28

弥次喜多さん  三重県便り

(Thu)
先月ですけれど「弥次喜多を楽しむ旅展」を鑑賞に。
入口で旅装束の弥次さん喜多さんがお迎えしてくれました

※撮影OKでした
クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の滑稽本「東海道中膝栗毛」の世界と
弥次さん、喜多さんの伊勢神宮へ至る伊勢街道の
魅力が窺えました

浮世絵の木版画「東海道五十三次」と
旅の道具の展示を堪能

2019/2/28

伊賀忍者軍団  三重県便り

(Thu)

毎日jp /三重(2019/2/25)ローカル版より引用です
………………・・………・・………………
三重観光大使 「伊賀忍者軍団」
知事から委嘱状

三重の魅力を国内外にPRする「みえの国観光大使」に、
イベントなどで忍者の演舞を行っている
「伊賀忍者特殊軍団 阿修羅」が選ばれた。
観光大使の委嘱は26番目で、期間は20日から3年間。

阿修羅は15〜65歳の男女9人で活動しており、
伊賀流忍者博物館(伊賀市)で
年約1200回の実演を行っている。

真剣などを使って本格的な演舞を披露するのが特徴で、
海外での公演実績などが評価された。
鈴木英敬知事から委嘱状を手渡された阿修羅頭領の
浮田半蔵さんは
「忍者は今や世界共通語。海外の人に対しても
『東京の次は三重へ』をスローガンに活動していきたい」と
意気込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

………………・・………・・………………

カッコイィ

2019/2/24

ロゴの由来  絵画・デザイン

(Sun)
興味深く思った記事をピックアップです

毎日jp(2019/1/20)「もとをたどれば」より引用です
………………・・………・・………………
【アップル】働いたリンゴ農園から着想

一口かじられたリンゴのロゴマークで知られるが、
1976年の創業当初はリンゴの木の下で
科学者ニュートンが読書をするデザインだった。

クリックすると元のサイズで表示します
※画像/毎日jpより

創業者のスティーブ・ジョブズ(1955-2011)氏は社名の由来について、
リンゴは果実食主義者である自身の食事の一つであり、
創業前にリンゴ農園で働いた経験から思いついた、などと
公認の伝記で答えている。

ロゴマークは創業翌年、より親しみやすいようにと
一口かじられた虹色のリンゴに変更された。
その後、青や白の半透明色などを経て、
10年ごろからモノクロに切り替わった。

クリックすると元のサイズで表示します

友人とアップルを創業したジョブズ氏は、
パソコン「マッキントッシュ」などで売り上げを伸ばした。
80年代半ばに同社を去ったが、
約10年後に業績不振に陥った同社に復帰。
00年代にデザイン性の高い携帯音楽プレーヤー「iPod」や
指先で直感的に操作できるアイフォーンなど
革新的な商品を次々と発表、再び成長軌道に乗せた。
18年8月には時価総額が世界で初めて1兆ドルを突破。
現在も首位を争う。

社名の由来には他にも
アルファベット順の電話帳の最初の方に掲載するため
リンゴは欧米で「知恵の実」とされるため−−など
諸説ある。
アップルは
「どの説も否定しない。自由に想像してほしい」と
想像力をかきたてている。

    

毎日jp(2019/1/6)「もとをたどれば」より引用です
………………・・………・・………………

【ヤマハ】「3本の音叉」に込めた情熱

浜松市に本社を置く世界最大の総合楽器メーカー。
和歌山県出身で、医療機器の修理技師として浜松に
派遣されていた山葉寅楠(やまはとらくす1851-1916)が
36歳の時、浜松尋常小学校から舶来オルガンの修理を頼まれ
「国産化すれば国益になる」とひらめいたのが起源だ。

内部の構造を図面に描き写し、
試作品を音楽取調所(現・東京芸術大)に持ち込んだ。
調律の不備を指摘され、音楽理論と調律を学び直して
国産初のオルガンを完成させた。

調律は楽器に命を吹き込む工程。
音程を合わせる音叉(おんさ)を片手に
苦労した山葉の情熱が、ロゴマークに秘められている。
技術開発、製造、販売の一貫体制を3本の音叉で表現する。

クリックすると元のサイズで表示します

オルガン専門だった山葉風琴製造所は1897年、
ピアノの国産化を目指して日本楽器製造に衣替え。
全国の小学校にピアノ設置を計画した文部省(現・文部科学省)の
依頼で渡米した山葉は、工場や部品メーカーを視察し、
1900年、国産第1号のピアノを完成させた。

54年に二輪車製造に参入して翌年「ヤマハ発動機」として分離。
創業100周の年87年に現在の社名に変更した。
100種類以上の楽器を製造するほか、音楽教室、音楽ソフト制作、
音響機器、半導体など幅広い事業を手がける。

2019/2/24

伊勢えび&アオサ  三重県便り

(Sun)
毎日jp /三重(2019/2/14)ローカル版より引用です
………………・・………・・………………
【伊勢えびたい焼き】
鳥羽で話題 「名物にしたい」

鳥羽市の近鉄鳥羽駅出口前の「たいやき わらしべ鳥羽店」で、
イセエビの形をした「伊勢えびたい焼き」が販売され
話題となっている。

代表の中西嶺行さんが考案した。
全国から訪れる観光客に喜んでもらおうと、
特産のイセエビに着目し、型枠を特注して作った。
あんに高価な大納言小豆を混ぜ、
キャッチフレーズは「プレミアムつぶあん」。

クリックすると元のサイズで表示します
 
    

毎日jp /三重(2019/2/19)ローカル版より引用です
………………・・………・・………………
【カルビー アオサまぶしたポテチ】
県と共同開発 みそ汁味で「三重の味」 来月発売

カルビーと県が協力して、
三重の味ポテトチップス「あおさの味噌汁味」を開発した。
3月4日発売で、県内のコンビニやスーパーのほか、
愛知や岐阜など東海・北陸地方の計7県で店頭に並ぶ。

三重が全国1位の生産量を誇る海藻アオサを全体にまぶし、
だしの利いたみそ汁をイメージした味付けにした。
使用したアオサは全て県産で、みそには赤みそを使い、
地元らしさを表現したという。

試食した鈴木英敬知事は
「最初にアオサの風味がきて、
後からみそ汁の風味が濃厚になっていておいしい」と話した。

※三重、愛知、岐阜、静岡、富山、石川、福井の計7県。
 3月4日から約1カ月半販売。

クリックすると元のサイズで表示します
※画像/毎日jpより
***********************

だんご

2019/2/11

出展作を振り返って  絵画・デザイン

(Mon)
洋画サークルの絵画展が終了し
出展作4点の内、3点をART-Meterさんに出品いたしましたので
よろしかったらご覧頂けますと幸いです<(_ _)>

クリックすると元のサイズで表示します
※ART-Meterさんページより

《Merry Trio》 F4/アクリル画
ピアノ・チェロ・バイオリン、楽しい三重奏♪x3
真ん中の女性バイオリニストさんは
昨年9月、サークルで描かせて頂いたモデルさん
お衣装はブルーでしたがピンクにアレンジです。
2014年に描いた「秋の森の三重奏」のような絵を
もう一度、描きたいと思っていたのでチャレンジでしたバイオリン

《マリーナの春空》 F8/油彩画
マリーナの穏やかな海、のどかな春の空虹
昨年5月、サークルで野外スケッチに行った場所です。
1点はここの絵を出展しましょう、と決まっていましたので
頑張りましたアート
停泊していた船を自分カラーで仕上げました。
遠くに見えるのはレジャーランド。
船の停泊場所の逆方向に見えていたので絵上で融合させて

《Snow Rhythm》 F4/アクリル画
雪のリズムの心象風景雪結晶
以前描いた絵を加筆リメイクした作品です。

風水学の本を拝読し、2019年のラッキーモチーフに
含まれていたモノの中から「リス」「りんご」「椿」を
抜粋し、作品の中に表現しておりますキラキラ
どこにあるか分かるでしょうか?
この絵に風水を織り交ぜたいと思って

………………・・………・・………………
風水繋がりで……
This is Galleryさんの「This is Media」ページ、
Newsにて「運気が上がる 風水に効果的な絵の飾り方」で
「nostalgia」をピックアップしてくださっておりました

クリックすると元のサイズで表示します
※This is Mediaさんページより

2017年9月の記事として、ありがたくUPして
頂いていたご様子ですけれど気付いたのが昨年末でした

「南東と相性の良い絵」の部分
「南東の方角の部屋には、南東と相性の良い
黄緑・オレンジといったカラーの絵がおすすめです。
また、花・樹木モチーフの絵、水辺の風景画などが
おすすめです。」と

よろしかったら「This is Media」ページをご覧ください

この作品は現在、リンク先のART-Meterさんではなく
こちらで販売中です

………………・・………・・………………
脱線しましたが
あとひとつの出展作《静寂なる鼓動〜熊野古道〜》 F50/油彩画
こちらは昨年、ローマン展で東京都美術館にご展示頂き
今回、地元でもお披露目させて頂けてありがたかったです

在廊当番の日、この絵を買いたい、と
おっしゃってくださったオジサマがいらっしゃってびっくり

あと元Bカフェのマダム(現在はBカフェではないので元Bカフェマダム)から
展示会場より電話があり、友人が買いたいと言っている、と教えてくださいました

お気に召してくださった方々がいらっしゃって
とってもありがたく光栄でした

納品先が決まっているので心苦しかったのですけれど
そのようなお言葉に感謝の気持ちでいっぱいでした
励みにさせて頂きますアート<(_ _)>

2019/2/6

グループ展終了の御礼  絵画・デザイン

(Wed)
2/4(月)、洋画サークルの絵画展が無事終了しました

ご多用で寒さ厳しい中、大切なお時間を割いて
お越し頂きまして誠にありがとうございました<(_ _)>

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、絵画モデルをさせて頂いた絵画クラブの様と
絵画教室の小顔様が案内状配布にご協力くださいました
ありがたく感謝の気持ちでいっぱいです

芳名帳を見ますとお陰様で絵画関連の方々が
たくさんご来場頂いておりました
遠方から来て頂いたりと心よりお礼申し上げます<(_ _)>

もう今回で第18回展アート
第1回展からずっと足を運んでくれるお友達も居て
心より感謝感謝です

クリックすると元のサイズで表示します

私の絵の左側2点はメンバーのお姫さまさんとお姫さまさんの作品。
両方共に某美術団体の公募展入選作で素晴らしいのです

勝手に掲載はよくありませんのでぼかしてUPですけれど
間近で鑑賞させて頂けることに感動です



出展作3点は、ART-Meterさんにて販売予定です
よろしかったらご覧頂けますと幸いです



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ