2013/1/23

ハンドメイド  アクセサリー

(Wed)
自分の絵を閉じ込めて作ったレジンアクセサリー
Bカフェにて少し取り扱って頂いてます指輪
昨年はアクセサリー作りにハマってましたヨン

ハンドメイドのオリジナルペンダント

クリックすると元のサイズで表示します


こちらはA嬢が気に入ってくれたのでプレゼントした
オリジナルお菓子ブローチキャンディ
金平糖など本物のお菓子を使用して作ってます

クリックすると元のサイズで表示します

2013/1/23

春を待つ  ART-Meter

(Wed)
来月の女子会員グループ展に向けて描いているF4号油彩画が
90%くらい仕上がってきました
春らしい絵になったかなって感じてます
もう1点出品予定の絵は、リメイクしたものです


ART-Meterさんの掲示板にて先月、嬉しいリクエストのコメントを頂いてました
以前、描いたF4号油彩画「安らぎの丘」。
「又あのようなのを描いて頂けたら嬉しいです。」と。
とってもとっても嬉しかったです

女子会員グループ展の絵が完成間近になったので
「安らぎの丘」のパート2にこれから取り掛かりますアート
まだまだ先になりますが、完成しましたら
ART-Meterさんに出品しますのでまたご覧頂けますと幸いです

リクエストして下さったお客様、
もし完成品が、お気に召しませんでしたらスルーしてくださって
全然かまいませんのでどうぞよろしくです(ペコリ

2013/1/21

モデルは誰?  心理テスト

(Mon)
心理テスト〜

あなたは湖のほとりで、一人静かに絵を描くことにしました。
鏡の様な湖面に、山の木々が映し出されています。

Q.1 …湖を散歩している人を一人描き入れる事にしました。
 誰をモデルに描こうと思いましたか?


Q.2…湖の向こう岸を駆け回っている人がいます。
   それは誰ですか?





Q.1で分かるのは「すごく興味のある人」
Q.2で分かるのは「あ〜はなりたくない人」
でした

私のQ.1の回答は、自分のパステル画でよく描いてた
白いワンピースの女のコでしたハート

2013/1/21


(Mon)
画家登録させて頂いていたもう一つの委託販売サイト
「夜明けの前の美術館」さんがサービス休止とのこと。
残念ですがHPトップページのコンテンツから削除することになりました。

これまでご覧くださいましてありがとうございました(ペコリ

2013/1/21

御礼  ART-Meter

(Mon)
油彩画、F4号「Piano Dream」がSOLD OUTになりました

「Piano Dream」をお選びくださいましたこと、大変嬉しく思います
ありがとうございました(ペコリ
今年の初SOLD OUTで光栄です
お陰様でLv.13にUPでき、とってもありがたく思います(ペコリ

クリックすると元のサイズで表示します

本日、1月21日(月)、ART-Meter事務局さん宛に発送しました
お手元でお気に召して頂けますように…と願って

クリックすると元のサイズで表示します

2013/1/13

大人になる君へ  読書・言の葉

(Sun)
明日は成人の日ですねネクタイ着物

昨年春、教育関連行事にて頂いた資料に良い記事が掲載されていましたメモ
哲学者、中島義道氏のコラムで「大人になる君へ、他人のせいにしない姿勢を」というタイトル。

成人の日を迎えたり、進路の決断をしなければいけない学生さんに
読んで頂けたならいいなって思い引用させて頂き、ここで紹介したいと思います。
※HPの読書コーナーにも転載

-------------------------------------------------
「大人になる君へ、他人のせいにしない姿勢を」哲学者/中島義道氏 コラム(2009年)

「大人になる」ための要件というと、ひとは責任感を持つだの、
社会的役割(選挙)を引き受けるだの、
とかく「きれいごと」を語りがちだが、私見では多くの場合、
大人になるとはすなわち感受性も思考も凝り固まっていくことである。
これは、さまざまな要素に目配りをして総合的判断を下せる能力と表裏一体をなしているが、
現実的で円熟した判断とは、往々にして因習的で定型的な判断、
共同体の一員として生きていける「賢い」判断であることが多い。
大人の入り口に立っている若者たちの耳に、自分の貧寒な経験から、
絶えず「世の中そんなに甘くない」と言い含める大人が多いのは困りものである。

サルトルは、感受性や思考が型通りになってしまった人間を
「くそまじめな精神」と呼んで最も軽蔑した。
「くそまじめな精神」は、自分や他人の「本質」から何もかも引き出そうとする。
Aは「信用のおける男」だから信じていい、Bは「卑劣な男」だから付き合ってはならない、
Cは「軽薄な男」だから用心しなければならない、というように。
だが、じつは一人の人間がなぜあるときある行為を実現するのかのメカニズムは、
まったくわからないのだ。
ある行為の「原因」はほぼ無限大であり追跡不可能であるのに、
われわれは行為の「あとで」その一握りの要因を「動機」として選び出し、
「それらが行為を動かした」というお話をでっち上げているだけなのである。
動機ばかりではない。
じつは世の中で解決済みとみなされている因果律、意志、善悪、自由、存在など、
いったいこれらの概念が何を意味するのか、いまだに全然わかっていない。

哲学をしてよかったことは、世の中のほぼすべての事柄は
厳密に考えれば何もわからないのだ、ということが
身体の底からわかったことである。
とくに哲学にのめり込まなくても、青年のころは多少こういう実感も持つものだが、
大人になって厳しい世間の風や波に身も心もすり減らされていくうちに、
そんなことはどうでもよくなり、「とにかく生きなくては」という言葉が
すべてをなぎ倒してしまう。
だから、そうならないように、いまから身を引き締めておこう。

一抹の不安とともに、いままさに人生に船出しようとしているきみは、
すばらしい可能性を秘めている。
それは、きみは希望を捨てず努力すれば何でもできるという無責任な激励ではなく、
きみがどう生きていくかはすべてきみの手中にあるということだ。
きみが自分を「才能のない人間」と決めることはそういう自分を選ぶことであり、
自分を「もてない男(女)」と決めることはそういう自分を選ぶことである。
この意味で――サルトルとともに言えば――誰でも否応なく「自由」なのだ。
だから、すべてを誰かのせいにするのもきみの自由である。
面倒なことは考えずに、自分を物のように固めていくのもきみの自由である。
すべてを諦めて幽霊のように生きるのもきみの自由である。
だが、そういう選択の積み重ねはきみから生きる力をそぎ、
きみをますますやせ細らせるであろう。
それは、安全で無難かもしれないが、つまらない生き方ではないだろうか。

学力の低い親のもとに生まれたから、教養のかけらもない環境に育ったから、
魅力的な肉体の遺伝子を受け継がなかったから……
自分はこんなにだめ人間なのだ、ときみは言う。
だが、とにかく人間のことは皆目わからないということを思い起こしてほしい。
その中で、きみは自分の本質をそう決定し、それが人生を規定すると解釈したのだから、
その責任はきみにある。
自分の「だめさ」を固定してそれを親や状況のせいにしたのはきみである。
その意味で、きみは自分を「だめ人間」として選んだのだ。
だから、きみは未来永劫にわたって「だめ人間」になるであろう。
だが、何が一人の人間の行為やあり方を決定するかは、
じつのところまったくわからない。
だから、どんな人でもどんな瞬間でも、
「いままで」を完全に断ち切って新しいことを選べるのだ。

こうした大枠のもと、最後に大人になるための条件を挙げておこう。
大人になるとは、ひとり立ちすること、すなわち親やその他の保護者から
独立することである。
独立とは主に二つの要件から成っている。
一つは、経済的に独立すること。
何らかの社会的に認められる仕事をして金を稼ぐこと。これはいいだろう。
だが、もう一つ、これと同じくらい重要な要素がある。
それは、金銭面以外でも他人に依存しない生き方を実現することである。
すなわち、自分に居心地のいい人間関係を自力で開拓すること。
きみが孤独が好きならそれを自力で達成すればいい。
本当は人恋しいのに孤独を気取っている限り他人は介入するが、
きみが本当に孤独を欲しそれに満足しているのなら、
他人はきみを抛っておいてくれるであろう。
孤独に徹するのもいいが、一般的に言って、多様な人との付き合いは
きみを豊かにしてくれる。

だが、この際とくに言っておきたいのは、きみと異質な人々を切り捨てるのではなく
「大切にする」ことである。
彼らがたとえ理不尽にきみに敵対的であっても、
そういう人々との困難な「交流」は長い人生において真にきみの宝になるであろう。
これらの二要件を満たしていれば、もうきみは大人の入り口に立っているのだが、
あえてこれらに初め強調した一要件、すなわち、きみがどんなに過酷な境遇にあろうと、
なるべくそれを他人のせいにしないで「私(ぼく)が選んだのだ」と
自分に言い聞かせる姿勢を付け加えておきたい。

この要件をそなえていれば、きみは特別偉くならないかもしれないし、
金持ちにならないかもしれないけれど、
強く柔軟で深みのある大人、すなわち「よい大人」になるように思う。

-------------------------------------------------

2013/1/13

キャサリンさんの肖像画  絵画・デザイン

(Sun)
気になったNHKウェブニュースより文書
------------------------------------------------------------------
イギリスのウィリアム王子の妻のキャサリンさんの
初の公式肖像画が完成し公開されましたが、
「表情が険しい」などと指摘する声が一部で上がり、
その出来栄えを巡って論争になっています。

イギリスでは、ウィリアム王子の妻のキャサリンさんを描いた
初の公式肖像画が完成して公開され、
11日、展示されているロンドン市内の美術館に夫妻が訪れて鑑賞しました。

肖像画は油彩画で、黒色に近い背景にほほえんでいるキャサリンさんの顔が
正面から描かれています。

キャサリンさんは、作品を手がけた画家に
「ありのままの姿を描いてほしい」と要望し、
美術館によりますと、夫妻は完成した肖像画に満足していたということです。

一方、公共放送BBCなどイギリスのメディアは、
一部の美術評論家の話として「非常に楽しみにしていたのに、
表情が険しく描かれていてがっかりだ」という
厳しい評価を伝えたほか、ロイター通信も「実際よりも年上に見える」などという
市民の反応を紹介するなど、
王子の妻の肖像画の出来栄えを巡って論争となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

------------------------------------------------------------------

わぁ!!(凄
黒背景に黒いお洋服。
気品や威厳が感じられてシックな肖像画だな〜

ご本人が満足されていたら本望じゃないかな

2013/1/6

新春セールのお知らせ  ART-Meter

(Sun)
ART-Meterさんサイトにて
お客様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、本日から3週間(1/6〜1/27)、
期間限定でセールを開催致します

作品画像をクリックして頂くと、セール価格(20%off〜70%off)が表示されておりますので
ご覧頂けますと幸いです(ペコリ
期間終了後、通常価格の設定に戻りますので
よろしければこの機会にどうぞよろしくお願い申し上げます

2013/1/4

2013年  三重県便り

(Fri)
謹んで初春のお慶びを申し上げます
本年もどうぞよろしくお願い致します(ペコリ

皆様の一年が健やかで楽しいものとなりますように

クリックすると元のサイズで表示します

今年もマイペース更新に
お付き合いいただけましたら嬉しいです

--------------------------------------------------
メモ三重ニュース便りより抜粋

【奉納 金ピカの大蛇】
えとにちなむヘビの巨像が津市の辰水神社に奉納された。
神社周辺の住民らでつくる「ふるさと愛好会」が毎年作っており
金運上昇や景気回復の願いを込め、
高さ3メートル、幅4メートルの巨大な黄金色のヘビと
小さな白いヘビの2体を作った。

クリックすると元のサイズで表示します


【富士山、県内で撮影】
鈴鹿市から約200キロ離れた富士山の山頂付近の撮影に
鈴鹿市在住、中西さんが成功した。
鈴鹿サーキット近くの歩道橋で撮影したという。
(撮影日時/2012.12.25 午前6:50分頃)

富士山が鈴鹿からも見えることを
以前から知っていたという中西さん。
初めて実際に鈴鹿から富士山を目にして
「気温が低く、前日の雨で空気が澄んでおり、
風や雲がない好条件がそろったおかげでは」と
感慨深げだった。

クリックすると元のサイズで表示します

--------------------------------------------------

2013年は巳年ですネヘビ
わぁ!金色に輝いていて大きな蛇さんだぁ
ご立派な芸術品だな
 
鈴鹿からの富士山
三重から200kmも離れている富士山を見事に撮影されて
そのお写真を目にすることができ、ありがたーい気持ち



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ