2011/3/30

画面いっぱいの藤  ART-Meter

(Wed)
油彩画F6号ボード「Wisteria Trellis」、
ART-Meterさんから今朝SOLD OUTのメール連絡を受けました
掲載して頂いた日にお買い求めくださり感激です
ありがたく感謝の気持ちでいっぱい
心より御礼を申し上げます。
ご購入くださいましたお客様、ありがとうございました!!(ペコリ

クリックすると元のサイズで表示します

本日、ART-Meter事務局さん宛に絵を梱包して発送しました
事務局さんで内容確認次第、お客様に配送予定となっています。

お手元でお気に召して頂けます様に…と願って

2011/3/28

藤棚  ART-Meter

(Mon)
2011/3/22の記事で書いてた藤のお花の油彩画
「Wisteria Trellis」が3月30日(水)にART-Meterさんで
販売予定となりました


ART-Meterさんに約半年前に登録していた油彩画
「烏瓜と桔梗」が4月4日で販売終了となります

クリックすると元のサイズで表示します

よろしかったらまたご高覧頂けると幸いです(ペコリ

2011/3/28

マイブック  読書・言の葉

(Mon)
3/26(土)、油絵サークル。静物を描きました。
そしてメンバー全員で義援金を送りました。

先月の油絵サークルで先生がメンバーの皆にプレゼントしてくださった
Pサイズのキャンバスと「マイブック 2011年の記録」という文庫本
本の中身は今年の日付だけが一ページ々の隅に書かれていて後は空白。
その日に思いつきのメモを書いたりちょっとしたスケッチを描いたりと
自由に自分だけの本を作り上げて活用してください、と。
ありがたいです

気付くと、この本への筆記も3/10で止まったままでした…。

クリックすると元のサイズで表示します

ニュースを目にする度、気持ちの落ち込みを感じていて…。
「○が岩手で頑張っているのだから、あなたも頑張らないと!」って
R子さんに励まされたり。
Y子ちゃん、M香ちゃんが家に訪ねてくれて
温かな言葉を掛けてくれました。
人の優しさを想い知ります

これからは少しでも元気が湧くようなそんな絵が描けたらいいな〜って
考えてました

2011/3/28

自衛隊員の皆様に頭が下がる思い  日常

(Mon)
【産経ニュース】より抜粋。

東日本大震災での自衛隊による被災者支援活動は「最後の砦」である。
隊員はその重みを感じながら黙々と働くが、
肉体的、精神的疲労は日ごとに増す。
身内に犠牲が出てもわが身を顧みず、被災地にとどまる隊員も多い。
実績を声高に誇ることもなく、黙して語らぬ隊員の思いと労苦を
隊員同士のメールや写真から検証した。
(半沢尚久、《》はメールの文面、写真は陸上自衛隊提供)
----------------------------------------------------
温かい食事は被災者に。自身は冷たい缶詰の食事をする隊員
■被災者支援が第一

《自宅が全壊、家族も行方不明という隊員が普通に働いている。
かけてあげる言葉がみつからない》

身内に被害が出た隊員も被災者支援を続ける。

《被災地に来て12日目。風呂はまだ1回しか入れていない》
《毎日、乾パンや缶メシと水だけ》

炊き出しで温かい汁ものの食事を被災者に提供しても隊員が口にするのは
冷たいものばかりだ。
写真は岩手県山田町でわずかな休憩時間に狭いトラックの中で膝詰めになり、
冷えたままの缶詰の食料を口に運ぶ隊員を写す。

クリックすると元のサイズで表示します

22カ所で入浴支援も行っているが、汗と泥にまみれた隊員は入浴もままならない。
「わが身は顧みず、何ごとも被災者第一」の方針を貫く。

兵たんや偵察といった自衛隊ならではのノウハウを生かし、役割も増している。
集積所によっては滞りがちだった物資輸送の効率化に向け、
自治体や運送会社を束ねるシステムを立ち上げた。
孤立地域のニーズをきめ細かく把握する「御用聞き任務」も始めた。

《被災者の心細さを考えたら…。がんばる》


■米軍支援も引き出す

宮城県多賀城市の多賀城駐屯地では整然と並んだ陸自車両のタイヤが水に埋まった。
車体には「災害派遣」の垂れ幕。地震発生を受け、出動しようと矢先を
津波にのまれたのだ。
いかに迅速に出動態勢をとるか。そんな訓練が徹底されている証しでもある。

クリックすると元のサイズで表示します

大規模支援を買って出た米軍を鼓舞させたのも、そんな自衛隊員の姿だった。
《米軍は初めは様子見だったが、自衛隊が命をかけて任務を遂行するさまを見て
本気になった》
東京電力福島第1原子力発電所では被曝の恐怖に臆することもない。
17日からの放水活動の口火を切ったのも自衛隊だった。
直後に米軍が放射能被害管理などを専門とする部隊約450人の派遣準備に入ったと
表明したのは、米側が自衛隊の「本気度」を確信したからだといわれる。

ある隊員からこんなメールが届いた。

《自衛隊にしかできないなら、危険を冒してでも黙々とやる》
《国民を守る最後の砦。それが、われわれの思いだ》
----------------------------------------------------

クリックすると元のサイズで表示します

2011/3/22

Wisteria Trellis  ART-Meter

(Tue)
油絵、F6号キャンバスボード「藤に魅せられて」のリメイク作品を完成させました
「Wisteria Trellis」です。
昨日3/21日、ART-Meterさんに登録しましたので
4月には掲載して頂けると思います☆

ご高覧頂けると嬉しいです(ペコリ

クリックすると元のサイズで表示します
絵の一部分

2011/3/22

できることから 2  イラスト素材

(Tue)
東北地方の方々にエールの気持ちを込めて…
クリップアートを作りました

がんばろう ニッポン
愛する日本

クリックすると元のサイズで表示します

よろしかったらお持ち帰りくださいませ。

2011/3/22

できることから  絵画・デザイン

(Tue)
微力ながら…
チャリティーポストカード展に参加させて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

大阪の北区神山町「Bodaiju Cafe」というカフェ店で展示販売されています。
ポストカード1枚、200円で販売とのこと。
売上金は全額「日本赤十字社」に募金されるということでした。
残ったポストカードは被災された地域の子供達に送る予定だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
※画像はBodaiju Cafe様サイトより

3/19(土)、5枚のポストカードを「Bodaiju Cafe」様に発送させて頂きました
クリックすると元のサイズで表示します

2011/3/22

希望を  日常

(Tue)
天皇陛下の国民に向けて寄せられたお言葉より。
(3月17日(木)0時14分配信)

----------------------------------------------------
「この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という
例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています」

「地震や津波による死者の数は日を追って増加し、
犠牲者が何人になるのかもわかりません。
一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています」

「また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、
関係者の尽力により事態のさらなる悪化が回避されることを切に願っています」

「現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、
多くの人々が、食糧、飲料水、燃料などの不足により、
極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。
その速やかな救済のために全力を挙げることにより、
被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを
心から願わずにはいられません」

「そして、何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、
これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。
自衛隊、警察、消防、海上保安庁をはじめとする国や地方自治体の人々、
諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、
余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、
その労を深くねぎらいたく思います」

「今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、
その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。
これを被災地の人々にお伝えします」

「海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が取り乱すことなく助け合い、
秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。
これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを
衷心より願っています」

「被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が様々な形で
少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。
被災した人々が決して希望を捨てることなく、
体を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、
また、国民一人一人が被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、
被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを
見守り続けていくことを心より願っています」

----------------------------------------------------

クリックすると元のサイズで表示します

2011/3/16

臨機応変  読書・言の葉

(Wed)

尊敬する佐治博士のコラムより

----------------------------------------------------
【巨大地震に思う】

国内観測史上最大の東日本大震災が起こってしまいました。
今は一人でも多くの方々の無事を祈るばかりですが、
改めて地球という天体の上に生きる人間の無力さと「地球にやさしく」などと
豪語してきたことの傲慢さに気付くべき時でしょう。
重ねて言えば、将来に起こるかもしれない小惑星との衝突では、
高さ数十メートル以上の津波と太陽光遮断による地球規模での極寒期が予想されますから、日々の生活の中で、宇宙の中の地球、その上で生息する人間という視点を
持つことは大切です。

ところで、組織としての救援活動などを立ち上げる時に、
気になるのがルールを重視するあまり、出遅れてしまうことです。
人命がかかっている場合にはなおさらです。学校運営においても、
何かが起こってからの学則変更などで手間取った経験は数知れません。

ここで、思い出されるのが、小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡的成功は
マニュアルを超えた「ルール違反」がもたらした成果だったという事実です。
みなさんもご存じのように「はやぶさ」が直面した3回の危機のうち、
最大だったのは、四つのイオンエンジンが壊れてしまい、
地球への帰還が絶体絶命になったことでした。
その時、半分だけ生きている二つのエンジンをつないで
一つのエンジンとして作動できたことが、
奇跡的な快挙として大きく報道されました。

しかし、これはまったくの「ルール違反」がもたらした成果だったのです。
プロジェクトマネジャーの川口さんでさえ、
この非常事態発生で失敗の報道発表をするその時まで
知らなかった「ルール違反」でした。
それは、イオンエンジンの開発に生涯をかけていた一人の技術者が
すべてのエンジンが壊れたときの悪夢にさいなまれて
毎夜、汗びっしょりで目覚める日々が続き、そのために不測の事態に備え、
まったくの独断で、打ち上げぎりぎりのところで、
ひそかに設計図にはないエンジンのつなぎ変えという大胆なことをしていたのです。

本来ならば、500億円を要する計画を130億円でやり遂げたとはいえ、
高額な開発費を使っての失敗は許されません。
そのため、念には念を入れて設計されていたものを
打ち上げ直前に変えたというのですから、言葉を失います。

現代の日本社会は、一般の社会構造から教育界まで、
危機管理、セキュリティー対策の「マニュアル化」で固められています。
それは冒険をしない子供たちを育て、不測の事態に対応できない子供たちを
育てることになってしまいました。

セキュリティーに走るのは、何かが起こった場合に責任回避できるという
負の意味合いもあるでしょう。しかし、責任はみんなで負うものです。

そして、今回の巨大地震の救援活動においても
「ルール違反がはやぶさを救った」という教訓をもう一度かみしめて、
救援体制の確立よりも、まず、臨機応変に一人でも多くの人命救助を優先してほしい、と
願わずにはいられません。

(佐治晴夫・鈴鹿短大学長=宇宙物理学)
----------------------------------------------------

2011/3/14

無事への祈り  日常

(Mon)
「上層部からの命令を受け、明日から被災地に救援活動に行くことになったので
連絡させてもらった」と昨夜、親戚のYくんから電話が。
ウルウルくる気持ちを抑えて、励ましの言葉をたくさん掛けました。
人命救助などYくんの姿勢、職務を誇りに思いました。
今朝、午前4時に出発と聞きました。


○が暮らす岩手の内陸部。
昨夜、電気・ガス・水道が復旧し一時、避難していた場所から
自室に戻ることができた様子。
「大丈夫。心配してくれてありがとう」と。

心配かけまいとしているのか不安など口にすることは一切なく……。
遠くにいて何もしてやれないけれど……。
ウルウルしてしまいます。

2011/3/13

ランプライト ワールド  ART-Meter

(Sun)
油彩画F8号「Lamplight World」、ART-Meterさんから
今朝SOLD OUTのメール連絡を受けました
掲載して頂いた日にお買い求めくださったご様子で
本当になんてありがたいことなのでしょう…
心より御礼を申し上げます。
ご購入くださいましたお客様、ありがとうございました!!(ペコリ

本日、ART-Meter事務局さん宛に絵を梱包して発送しました
事務局さんで内容確認次第、お客様に配送予定となっています。

お手元でお気に召して頂けます様に…と願って

クリックすると元のサイズで表示します

2011/3/13

お見舞い申し上げます。  日常

(Sun)
東北地方のあまりにも凄惨な地震の被害状況をニュースで目の当たりにして
言葉もありません……。

心よりお見舞い申し上げます。

余震が続いていて油断できない状況、
どうかこれ以上、被害が拡大しませんように……
これ以上、もうこんな悲しい想いをさせないでください……と
お祈りして……。

ここ三重県でも地震を感じました。
11日午後、目まいが起こったのかなって感じ貧血だろうか…っと
イラスト制作してたペンを置き、目を瞑りました。
その後、これは地震だ、と気付いたとき長い横揺れに恐怖を感じました。
すると身内から電話があり岩手で震度6だ、と。
岩手県で暮らしている○が心配になりすぐにメール。
大きな揺れだったけれど大丈夫だよ、と返信が。

その後、夜のニュースで地震の惨状を知り驚愕。
11日夜、○を心配してくれてNちゃん先輩・Y子ちゃん・Oちゃんがメールをくれました。
母と姉からも電話が。
12日はTちゃん、M香ちゃんがメールをくれました。
こんなにも○を心配してくださる皆の優しいお気持ち、
本当にありがたく思いました。
弟も心配してくれて「昨夜から○に電話してるけれど繋がらない」と電話が。
通話規制と機能停止で通話はできない状況になってるコトを説明。
通話は控えメールにした方がいいと判断。
現在、○の地域も停電が続いていて皆、助け合っている状況。
心配は尽きません……。

11日夜、Nちゃん先輩とY子ちゃんにもらったメールに
すぐ御礼の返信をしたのだけれど
私の返信が届いたのは夜中だったそうな!!
翌日お二人から聞かされて驚きました。
夜、○に送ったメールも受信できたのが翌日の夕方だったそうな。
メールも一時規制が行われていた様子。

安否確認が取れなくて困っている方はこのような方法が新聞に書かれていたので
↓こちらもお試しください。
----------------------------------------------------
グーグル安否情報
被災者の安否情報を登録、検索、閲覧ができる
「パーソン・ファインダー(消息情報) 2011 日本地震」

特定人物の名前や住所、特徴、安否情報などを登録できる。
アクセスはこちら。

NTT東 伝言ダイヤル
対象地域は、宮城・岩手・福島・茨城・群馬・栃木・
埼玉・東京・千葉・神奈川・山形の11都県。

「171」をダイヤルし、音声案内に従って操作すれば、
自宅や職場などの電話番号ごとに設定された伝言板に
メッセージが録音・再生できる。

※対象地域外でも「再生」は可能。
----------------------------------------------------
自衛隊員などの救助活動を拝見し涙溢れました。
各国からの救助隊の温かな応援など胸を打たれます。
一刻も早い救出と復旧を心からお祈りして。

2011/3/10

フラワードーム2011  フラワー

(Thu)
今春も明日から「あいち花フェスタ・名古屋国際蘭展 フラワードーム2011」が
開催されます

クリックすると元のサイズで表示します
◆会場:ナゴヤドーム
◆3月11日(金)〜14日(月)の4日間
◆9:30〜17:00
◆料金:大 人/前売り 1,500円(当日1,800円)
    中高生/前売り1,000円(当日1,200円)
    小学生以下無料
クリックすると元のサイズで表示します


姉が今年も出展予定なので記事にしておこうって思って

2011/3/10

Lamplight World  ART-Meter

(Thu)
オイルランプの油絵F8号「Lamplight World」が
ART-Meterさんで13日(日)から販売予定とわかりました
よろしかったらまたご高覧頂けると嬉しいです
絵の説明文に書いていなかったのですが
仕上げの画面上に保護用ニスを塗布しております


先日、「山の辺の道」と「Calando」をお買い上げくださいましたお蔭様で
今週の週間販売面積ランキング、6位と掲載して頂いてました!!
大変、光栄です
ありがとうございました(ペコリ

2011/3/6

有・無は中庸の中に  読書・言の葉

(Sun)
尊敬する佐治博士のコラムより
----------------------------------------------------
宇宙論に学ぶ人生の歩き方

(略)
これが、無から有へ、そして、無の世界へと戻っていく現象のイメージです。
となると、タテ、ヨコ、高さがある三次元世界に生きている私たちには、
時間を含めた四次元。さらに高い次元の世界の出来事は、
不思議な現象としてしか目には映りません。
宇宙開闢(かいびゃく)の時の次元は
9であるとも11であるとも考えられていますから、
三次元世界に生きる私たちからみれば「無」からの創生だとしか
言いようがありません。

これはまるで、中国やインドの古代思想にでてくる「中庸」の考え方です。
「中庸」とは、相反する事柄の平均ではなく、
それらの両方を同時に含む状況を意味しています。
「有」と「無」でさえも同一の世界の異なる側面だと
とらえる大局的で安定した見方です。
ということは、白黒の決着をつけたがっている状況は不安定であり、
だからこそ、古くの兵法にいう、攻め時がその時だということなのでしょう。

人生や勉学にも波があり、いわば陰と陽の繰り返しですが、
陰の時期には、じたばたすることなく、
じっくり基礎学力の涵養(かんよう)に努めるべきです。
立春とは、春の始まりではなく、それは一番寒い時期のことであって、
それ故にこれ以上寒くならないという意味で、春の始まりなのです。

宇宙論からの発想は、心の健康管理にも役立ちそうです。

(佐治晴夫・鈴鹿短大学長=宇宙物理学)
----------------------------------------------------



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ