2013/12/14  23:30

オホーツクブランド  家創り
クリックすると元のサイズで表示します

夏の気温は30度、冬は−30度の温度差!
南の方向には直ぐ山ありで反対向けば直ぐそこは海、
お陰さまで強風が人や建物を容赦なく襲う。

正直、過酷な自然環境だが
海の物も山のもんも食べられて、いろいろ経験できて
人間らしく楽しく住めると解釈したい?

コンクリート造で断熱もしっかりな家が良いか?
木造バラックは駄目なのか?それも少し疑問?

人それぞれの考え方で解釈の問題ですっってよく言ってる自分...
これが正解ってのは難しいよなー
理想?現実?その中間がどうか?
そんなことばっかり考えてるかもしれんなー

たぶん人間は、だから間で迷うのかなー
今いえる事はその土地の物を材料や燃料に出来れば
自然に近いので無理が少ないと想う

性能は機能とのバランスでデザインは相性かなー
たぶん、一生こんなこと考えて終わるのかな〜
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ