2013/6/2  22:07

AGNI  薪ストーブ
クリックすると元のサイズで表示します

出張から戻ってすぐ、寒くもないのに薪をくべる俺?
『AGNI』が我が家に居る...
汗だくになってアグニ炊いた

このストーブは日本で始めての本格的薪ストーブで
本格的とか本物とかは個人の価値観の差もあるが?
でも、今まで輸入ストーブばかりを扱ってきた我々にしたら
やっと日本製の薪ストーブも扱えるか?そんなレベルで
クリーンバーンと触媒のハイブリット!日本人らしいかも?
新しいもの好きの私にとっては興味ある薪ストーブで
薪ストーブ屋やってる特権でお試しファイヤーです。

そんで当たり障りのないレビュー???

直線的なデザイン、意外と我が家でも大丈夫だった(意外?)
きっと、ややこしくガチャガチャした我が家の中で
スッキリしたフォルムを主張できた感じだ

着火も意外とスムーズ、その後は今までシンプルな
クリーンバーンストーブ炊いてた私にとっては
安定燃焼までの時間が少し長い。操作はレバー一つだけ!
触媒幾だがダンパーないんだ〜
温度計300℃でエアー調節、取説あてにしたが
意外ともっと温度上げた方がよいなー感じる。

近くに居るとクソ暑さじゃない遠赤の温み感じる、ガラス面と
本体表面をわざとボコボコさせて表面積を稼ぐ手法の
割合は悪くないかな〜まだ初めて一時間経ってないけどね(笑)

そして安定燃焼始めてからのエアー調整、まだ解らん
綺麗に燃えて火持ちよく
そんで最高に暖かい感覚が薪ストーブの三大要素かな?

いろいろ考えて何処を売りにしたいかを探ってみるねっ
結構〜可愛く思えてる!最高の評価か
http://www.nbk-okamoto.co.jp/agni/





0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ