2010/1/26  14:29

地材地消  
クリックすると元のサイズで表示します

今日の午前中は網走支庁の林務課の方達と
FEEL-J展示場で打合せでした。

地元で育ち取れた木を地元に建つ家で使う・・・
本当はコレが一番自然なんです。

実は輸入材の依存率が確か70%位?
殆んどがよそ者木材です。
コレを地場で取れた木で家を建てる活動を弊社はしています。
今展示中のFEELーJでは『北の木の家』とPRしています。
コレに対して広告宣伝費の補助が北海道から受けられます。
現在基礎工事真っ最中の現場は地場産のカラマツ建築で
コレにも又北海道の補助が受けられます。

その土地で育った木はその土地の気候に対して対応します。
湿度や温度の変化に風や雪などなど・・・だから強い!
飲食の仕事でも感じます。
その土地で育った野菜に肉に魚はその土地の人間に
必要な栄養やビタミンを多く含んでいるのです。
だから建築も飲食も地場物にコダワリたいのです。

今日来て頂いた北海道の職員の方たちも
コレだけ地場の木を使って頂いて!!!
感動して帰っていかれました。
これからも本当に我々が住むこの道東の地に
フィットする建築の開発のため
日々精進日々努力したいと考えます。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ