読書blog ― すいへいせん

インターネットの図書館「青空文庫」の収録作品を紹介する有志による非公式ブログです。

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

青空文庫・最新登録作品

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Juki
かけるカレーを出す店、故郷にはなかったです。一人で大きな街へ出る事ができた頃(高校生)に、かけるカレーを体験しました。そう、家のカレーと違う色、そして辛味が強くて。

恥ずかしい話、小さい頃、ライスカレーとはカレー粉で御飯を炒めたものと思い込んでいました。
投稿者:ten
カレーはあまり好きではない私が書くのも妙な話ですが、相馬愛蔵といえば、中村屋。その中村屋のレトルトのカレーは、レトルトとしては美味しいほうだと思います。お試しあれ!

私も田舎者ですが、なぜか掛けるカレーライスを食べたは、小学校のころです。ですから確かに私もン十年前ですね。もちろん地元ではありません。旅行で都会へ行ったときだったと思います。魔法のランプに小ぶりのお玉を入れて・・・不思議でしたね。そしてカレーの色も家のものと違う・・黄色ではない、茶色でした。


投稿者:土屋隆
相馬愛蔵・相馬黒光の「一商人として」によれば、カリー・ライスが上等で、ライス・カレーが下等……なのかな。
私が、容器に入ったカレーを自分でかけるカレーライスを初めて食べたのは、ン十年前の渋谷パルコにあったレストラン。田舎者だった私は、見慣れない代物にうろたえて、「僕カレーを頼んだんだけど」と訊いてしまいました。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001147/files/43526_20998.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ