読書blog ― すいへいせん

インターネットの図書館「青空文庫」の収録作品を紹介する有志による非公式ブログです。

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

青空文庫・最新登録作品

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:しだ
「三島由紀夫伝説」奥野健男著

どうもありがとうございます。
機会があったら読んでみます。
投稿者:ten
はい、本名は、平岡公威(ひらおかきみたけ)さんといいます。
「三島由紀夫」のペンネームの由来は、

ー私の小説をはじめて学校外の社会へ紹介してくれたのは、清水先生であり、私の現在の筆名を作ってくれたのも先生であるー「三島由紀夫」ー私の遍歴時代(抄)(ちくま日本文学全集)

清水先生というのは、学習院で国文学を教えていた清水文雄氏。清水氏がどうして三島由紀夫という名前をつけたかというと「三島由紀夫伝説」(奥野健男著・黒いカバーだったと思うので、新潮社文庫だったかな?)に詳しく載っております。清水先生が、三島に向かって電車に乗っているときにひらめいたらしい。三島に向かっているから三島、雪の富士山で由紀夫。
誰かこういったことをネット上にかいていないかと思い、探しました。
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/kakukaHP_system_kanrika/amenity/bunka/yukarinosakka/yukarino.htm

「三島由紀夫伝説」の全編にあるのは、奥野氏の三島への思い。評論家として三島の才能が寸断されたことへの無念。ぜひ読んでいただきたいです。
閑をみて私も再読のために発掘してみます・・

ちなみに三島は、ファンからの手紙を「不道徳講座」で紹介しているので。
ー「三島由紀夫君(やれやれこの女学生の好きのするペンネームよ」ー

投稿者:しだ
三島由紀夫って、ペンネームだったんですね。
tenさん、由来はごぞんじですか?
投稿者:ten
しださん
ありがとうございました。
そうです。45年ですから、1970です。
投稿者:しだ
1970年、昭和45年では?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ