2013/8/28

大好きな西瓜  絵画・デザイン

(Wed)
今冬の12月開催予定の洋画グループ展。
出品作品のテーマ、一つは町内の風景ということで
今月から描き始めていますアート
もう一つは自由画です。
大きさは原則、6号〜10号。

いつも描き始めは緊張しています。
描きたいと思っていた場所の風景、少し納得できる段階にきました
乾燥の合間に静物画を先日から描き始めましたアート
もう一つの自由画にできそうかは微妙ですけれど

クリックすると元のサイズで表示します

お盆に母からもらったスイカ
カットする前に絵にしようかなって
上から観て鳥瞰図っぽく描いてみたい

クリックすると元のサイズで表示します
まだまだ下がき/ほんの一部分です


今月の洋画サークルは、カボチャと桃、ワイングラスのデッサンをしました。
果物や野菜を描くのは楽しいな

カボチャの皮の硬さ、桃の皮の軟らかさ、グラスの質感を大切に描くことが
できるといいのだけれど

先月のサークルでは石膏像のデッサンでした。
先生が
「”描写”する、という言い方はやめましょう。
”表現”する、”創作”する、という方法を大切に」と。

「このグループ内で”創作”していると感じるのは、
MiyukiさんとNさん」とおっしゃってくれました
好き勝手に描いてる空想画を優しく受けとめてくださって
ありがたく嬉しく思いました

あと「2013/2/8 備忘録」のブログ記事でも書いてた
川端康成「雪国」の文章の「夜の底が白くなった。」

再び、先生は
「夜の底が白くなった。」この文章のように
「説明文にならないように表現する」ことが大切です、と

****************************************
「アクアピアノ」をご購入くださったお客様が、HPのBBSにて
温かなコメントを寄せてくださりました
大変、感激でした
またピアノシリーズを描きたいなって思いました
グループ展出品制作の合間に、またART-Meterさんに出品できる作品も
頑張りたいなって思います



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ