2021/12/17

パラミタミュージアムにて  三重県便り

(Wed)
先月、三重県内の美術館パラミタミュージアムにて
彫刻家、大森暁生氏の展覧会を鑑賞

朝刊の広告にて大森氏の作品
《カラスの舟は昇華する》に魅了されて
八咫烏(ヤタガラス)好きな私はビビビッと

クリックすると元のサイズで表示します
※朝刊より

家族が連れて行ってくれました
コロナ禍で美術館など全く行かれなかったので
2年以上前の名古屋の美術館以来でした。

《カラスの舟は昇華する》の実物は
新聞広告で感じたものとは違って
幅230cmもある大きさで驚き!迫力!
脚指の彫り方など素晴らしく、
カラスを舟に喩えられたデザインなど感動でした

クリックすると元のサイズで表示します
※パラミタミュージアムサイトより引用です
【カラスの舟は昇華する(楠、乾漆、米松)1996年】

クリックすると元のサイズで表示します
※撮影OKコーナー

その日は、大森氏の講演会も開かれるとのことで
定員50名の整理券ギリギリ間に合って
制作話も拝聴でき、ラッキーでありがたかったです

大森氏のお話は、ユーモアがあり楽しくて
もっと拝聴していたいほど

私が魅了された《カラスの舟は昇華する》は
大森氏の卒業制作品で25年ぶりにお目見えされたそうです
楠や檜の木の温もりを感じられる作品、
ブロンズのクールでカッコイイ作品、全て圧巻でした。
ペガサス、白鳥、コウモリなど羽の表現にも感銘

英気を養わせていただき感謝の気持ちでいっぱいです

会場内で頂いたパンフによりますと
現在、大日如来像を制作されているとのこと。
画像にありますように大日如来像をお支えされる獅子、
8体が館内に展示されていました。
まるで魂が宿っているような壮大感!
色彩もとっても魅力的でした

クリックすると元のサイズで表示します
※配布パンフより

クリックすると元のサイズで表示します
※パラミタミュージアムサイトより引用です
【大日如来坐像(部分)不動明王化身の獅子】


香川県、讃岐國分寺のご住職様が
大森氏の作品に惚れ込んでご依頼されたそうです
この《化身の獅子》を360度から
鑑賞できる今が貴重だと思われます。

言葉では言い表せない素晴らしさなので
よろしかったら、感染対策をしっかりされて
ぜひご鑑賞ください


開催は
2022年2月6日まで(2021/11/19〜2022/2/6)

休館日:年末年始/12月23日(木)〜1月1日(土・祝)

彫刻家 大森暁生展— 幻触 —



クリックすると元のサイズで表示します
※講演会にてご住職様が配布くださった香川県の紅ミカン、
大森氏が配布くださったポストカードとステッカーです
ありがとうございました<(_ _)>

ステッカーの文字
「CREATION IS NOT OVER !」
ステキですね



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ