KAGEYAMA BCL AUTOPAGE

Since: October 30th, 2004
私が1970年に始めた趣味であるBCLに関するBLOGです。皆様のコメントをお待ちしています!

 

皆さん、当BLOGサイトは「世界の放送を聞こう」と言う趣味"BCL"のためのBLOGサイトです。
まずは"KAGEYAMA HOBBY HOMEPAGE"を補完するように使っていこうと思っています。
特に、当BLOGでは受信LOGを中心に即効的な情報のUPを行うことを主目的とし、
ホームページをサポートしていく所存です。
なお、このページで使用している時間はJSTですのでお間違いのないように!
このサイトは、"Mozilla Firefox"に最適化しています。

現在BCLに使用中のリグです。写真をクリックするとメーカーのページに飛びます。

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

Solar X-rays:
Geomagnetic Field:
>
Status
Status
From
n3kl.org


-天気予報コム-

自由項目2

Flag Counter

拍手ランキング

1位 今朝のLOG
9拍手
2位 Voice of Hope Africa 受信音
6拍手
3位 KTWR DRM
5拍手
4位 KTWR DRM
4拍手
5位 今朝のLOG
4拍手
8/2〜8/9までのランキング結果です。

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:影山
まちえさん、おっしゃるとおりです。
放送局だって「KHz」とか平気で書いて返信を送ってきます。それは、たぶん電機業界とかの仕事をしていない方にはピンと来ないと思います。
が、電気機器の取り扱い説明書とか、社内の色々な書類には国際単位系での記述が絶対となっております。
まあ、日頃からそういう環境内にいる自分との比較をしてはいけないと思いまして、皆様への動機付けも含めて、このような記事をUPしてみたわけです。お気を悪くされることは全くありません。

BCLerって言うのは、面白い言葉ですね!
Broadcasting Listenerの略とすれば、BCLでも良い筈ですよね。erを付けるのは面白いです。でも、何となく許せる気がします。
投稿者:まちえ
ttp://homepage3.nifty.com/hide_san/kaigaimw_asia1.html
↑こちらのページにかつてのAFNTのベリカードが掲載されていますが、堂々と「Khz」「Mhz」と書いてありますから、外国の人たちもこの辺は無頓着な人が多いのかもしれませんよ?
むしろ、私が気になるのは、最近「BCLer」なる言葉をよく見かけることですね。「DXer」という言葉なら昔から使われていますが、「BCLer」なんて言葉なんてありましたっけ?少なくとも私は最近まで知りませんでした。
投稿者:josef_zenchann
キロヘルツのkは小文字でkHz
メガヘルツのMは大文字でMHz
この辺は分かっていても実際に載せるときはミスするものです。

自分の場合は、khz(Hも小文字)にしてしまうミスが多いと思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/josefzenchan/
投稿者:影山
岩沙さん
いえいえ、私のHPにも何箇所がミスがあるはずですので言えたものではないのですけど…
最近は、気を付けてkHzと書くようにしています。
当然受信レポートも気を付けていますが、戻ってきたQSLには、"KHz"と書いてあったりします!(笑)
投稿者:岩沙
影山さん。表記ルールこれから気をつけます。一応QSL掲載サイトの方は、できる範囲で修正しました。Blogの方は、これから気をつけます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ