神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
接点と腕の使い、この二点に注意して、相手が力を使えない方向へ攻めて行きます。

腕の状態は、肩、腕の力が抜けて、指を張った状態にします。 脱力した状態から、指だけ朝顔にした状態です。
そこから接点をどこに取り、どう腕を使うかを考えてみてください。

立ち位置は、そのままですが、前膝と腰は、わずかに使っているかと思います。
相手が力を使えなくなるポイント、腕の使い方が必ず存在しますので、諸手、片手ともに探してみてください。
まず、第一は相手の力と当たらないことです。

それでは、これから稽古へ行ってきます。
投稿者:ジェットシン
力の強い相手にしっかり諸手で持たれてから、ノーリアクションで腕をあげるのは、今の私には不可能に近いのが現状です。
自分の腕を相手に掴みどころのない状態にできるように、あきらめずにいろいろとやってみようと思います。
今やっているのは、ひざを抜いて一度腕を下に下げてから上げております。
投稿者:jet
「初動を消す」というのは、一言でいうと「ノーリアクションで動く」ということです。

掴ませたところから、直接、自分の腕を「抜けた状態」にして、腕を上げます。
ポイントは接点と抜けた状態です。

押さえられた腕を上げるには、自分の腕を相手に掴みどころのない状態にしてしまえばいいわけですが、相手の力が作用している「実と実」の関係を「虚と実」の関係に変える行動の「当てて抜く動き」から最初の「当てる」という行動を消去するのが「初動を消す」ということです。

トリックでも馴れ合いでもなく、技で腕は上がります。
今は、当てて抜けば腕は上がっていることと思います、そこからどう「当てずに抜く」かを考えてみてください。
投稿者:ジェットシン
「初動を消す」とは自分の最初の動きを相手に悟られないように気配を消すようなことでしょうか??
それとも相手の最初の動きを封じるか、無効にするようにいなすことでしょうか??

幼稚な質問で大変申し訳ありません。
投稿者:jet
まだまだ稽古生も少ない道場ですので、ウィークデイの稽古は、少人数になってしまいます。
そういう状況ですので、稽古は参加者の特性に合わせた内容を組むようにしています。

取り技の崩しは、諸手、片手とも接点を変えることで相手の力が伝わらない状況にして、こちらが攻めてゆくことになると思います。
あとは、腕、肩が抜けた状態で動かすことでしょう。
さらに初動を消すことで、いわゆる「上げ手」になると思います。

自分は、これをNZのT師範にご指導いただきました。
大柄なNZががっちりと押さえた腕を、何事もないかのようにスッと上げる。 最初に見たときは脅威でした。
稽古の際に掴ませていただき、「お前、しつこいなあ」と言われるほど、掴ませていただきました。
稽古後、部屋へ呼ばれ、個別指導とヒントをいただき、「後は自分で考えろ」と言われました。

香港へ戻ってから、しばらくの間、こればかりやっていました。 半年くらいして、掴めるものがあった頃、再会する機会があり、「ちょっと掴めたように思います」と伝えたところ、「やってみろ」と言われ、実践してお見せしました。
「どうやっている」と聞かれましたので、説明申し上げますと「それでいい、出来ている」とお認めをいただきました。

技法は、ここには記しませんが、自分の稽古では稽古生に伝えています。

私などが申し上げるのは、失礼とは存じますが、現在の動きから初動を消す稽古をされるとよろしいかと思います。
いろいろ試すこと、自分は半年やりました。
腕、肩を緩めること、抜くことは真理です。

まだまだ、途上の者が偉そうに申し上げて、申し訳けありません。

投稿者:ジェットシン
二人での稽古いいですねー
私も諸手取りの技大好きです、特にAさんのように大きな人??をうまく崩せて技が決まった時は、「柔よく剛を制す」って自己満足の世界に浸っちゃいます。最近は持たれてからの崩しは、初動が大切だなと考えております。崩す方向を相手に悟られて対応されちゃうと強い相手に敵わないので、がっちり持たれたときは1度フェイントを入れてから一気に膝を抜いて体重を乗せて崩す練習をしています。
なかなかかっこよくいきませんが手探りでいろいろ試しております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ