神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
悲しいかな、やはり二輪と四輪ではレーサーのその後に大きな違いが生じてしまうのは否めません。

70年代に世界へ挑んだ安良岡健さんや故隅谷守男氏、川崎“シャケさん”宏之氏、等は、自分の中学時代のヒーローでしたし、片山敬済氏や平さん、水谷さんは、今はどうされているのでしょうか。
もっと、脚光を浴びてもいい人達だと思います。

マカオのGP博物館には、安良岡さんとシャケさんのマシンがウィナーズ マシンとして展示されています。

モトクロスでは、渡辺明さんが、世界チャンピオンになっています。
ノリックは、日本チャンピオンですが、当時はシュワンツ、ドゥーハン等と対等に渡り合っていました。

とにかく、GPで日の丸がセンターポールに上がることは、素晴らしいことなのですが。
投稿者:ジェットシン
おっしゃるとおりです。
私も恥ずかしながらノリックが世界チャンピオンの認識がありませんでした。
F1であれば違うのでしょうか??レースに出てるバイクはほとんど日本製なのに悲しいですね。
国によっては国を挙げて大騒ぎになるのですがー
投稿者:jet
文中にもありますが、ノリックの事故死には言葉がありませんでした。
長い髪と細い声、そして、それとは対照的な豪快なライディングを思い出します。

ノリックの場合は当てはまりませんが、特に交差点近くでのすり抜けの際は、危険が伴います。

ジェットシンさんは、W650(いいオートバイですね〜)をお持ちだったと存じています。
熟年のライディングをされておられるとは思いますが、乗っていると熱くなるのがオートバイ、是非ともお気をつけて、楽しまれてください。

世界タイトルを獲得しても、世界GPで優勝しても、日本ではレーサーの社会的地位が、あまりにも低すぎると思いませんか?
投稿者:ジェットシン
ノリックの事故ニュースで知りました。
私もバイクに乗るのでトラックの内輪差に巻き込まれそうになったことが何度かあり、怖い思いをしたことがあります。
オートバイは死角に入っちゃうと見えないんですよね、とても残念です。
私も気おつけて運転いたします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ