神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
香港の公共施設では、常設の畳の入った道場は深水歩にしかなく、他の場所では畳の上げ下ろしをしなくてはなりません。

自発的に動いてくれる、自分のところは、そういった稽古生には恵まれていると思います。

時間の関係で平日の稽古は、早く来られない人もいますので、いたしかたない部分もありますが、10年くらいまえに、香港の稽古で終了後も動かない西洋人数名と大喧嘩をしたことがあります。

陰徳を積むということが、いかに素晴らしい行為であるか、子どもたちにはぜひ伝えたいと思っています。

ジェットシンさんの発想も素晴らしいと思います。
一度、子ども達を集めて、畳を敷くところから開始されてはいかがでしょうか?
投稿者:ジェットシン
畳の準備と後片付けご苦労様でした。
私も前回夏合宿の際、畳の上げ下ろしに雑巾がけ体験しました、おまけに猛暑の中クーラーはありませんでした。

今の世の中、大変便利でぜいたくな時代となっております。
稽古に来る子供たちも、道場に時間に来れば、畳がきれいにひかれてあり、クーラーも電気もついており、何の不自由もなくいつでも稽古が始められるようになって、みんなそれが当たり前のように感じております。
もちろん悪いことではありませんが、貧乏性の私はすこし物足りない気もいたします。
華やかな表舞台のには必ず裏方の苦労があります、これからの子供たちにそういうことも体験してほしいとおもっちょります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ