神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
先ほど、稽古から戻りました。

こちらでは、台風の前後天候が悪く、幾分涼しい日が続いています。
夜など大分楽になったせいか、風邪があまり気にならなくなりました。
やはり、暑いと体力を消耗するので、回復しにくいのだと、医者が話していました。

多人数掛け、相手の中心部に留まらず、常に前へ出て相手の外で戦うと船橋で学んだことを、自分もそのまま伝えています。

道歌にある「敵多勢 我をかこみて 攻むるとも 一人の敵と 思いたたかえ」は、まさに真理だと思います。
おっしゃるとおり、位置取りや動き、そして繰り出す技など、おはじきかパズルのように感じます。

今日は、締め技、極め技、形と流れの動き、受身とその反応などを要所に据えて稽古してみました。
投稿者:ジェットシン
こちらは連日40℃近い猛暑が続いております。
夕立もあまりなく、異常気象のようです。
道場はクーラーをかけても(2時間で2,600円)汗びっしょりになります。
なぜだかクーラーが入るといつもの腕立て30回が50回となってしまいます。

土曜日は他人掛けの捌きの練習でした。
体捌きだけで相手が追いあがる前に受けを迎えに行ってすぐ投げないと、一人づづ技をかけて投げてると時間がなくなり受けに追い詰められてしまいます。
上体の力を抜いて頭を柔らかくして行かないと、ぎくしゃくして流れるように進みません。
単純な動きのようで人それぞれ個性が出てみんな違います。
頭をクリエイティブに使う頭の体操のようで楽しいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ