神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
[もし日本人が忘れ去ることがなければ、必ず国際社会の中で光り輝く日が来ると信じております。]
全く、同感です。

謙譲、謙遜の美徳といったものは、日本以外ではなかなか通用しませんが、なんでも押し出しがすべてといった感覚(とくに香港では強烈です)は、どうしても好きになれません。

相手を慮る、そういった配慮のある日本の感覚を、改めて素晴らしく感じます。
日本、日本人の感覚を日本人は、もっと誇って良いと思います。

戦後60年が過ぎ、自虐的史観とも決別すべきだと思います。
条約の締結により、完結したことを、後々まで言い続ける国の感覚にも呆れますが、同時に、なんとプライドのないことかとも思います。
やはり、「名こそ、惜しけれ」という感覚は無いのでしょうね。



投稿者:ジェットシン
「名こそ、惜しけれ」
もし日本人が忘れ去ることがなければ、必ず国際社会の中で光り輝く日が来ると信じております。
椿三十朗はいつ見ても最高ですね!!
投稿者:jet
「名こそ、惜しけれ」、日本武士の意識を良く表している言葉だと思います。
言い換えれば「潔さ」、悪く言えば諦めの早さかもしれませんが、国際社会の中では、悪利用されてしまうことが多いように感じます。

自分も諦めるのが早いので、もっと精神的に強くならなくてはと思っています。

最近また日本映画がいいですね。
実は自分戻ってから、旧作ではありますが、「椿三十郎」と「切腹」をDVDで見直しました。

やたらと物が壊れたり、爆発したりする映画は、自分はあまり好きではありません。
「Easy Rider」のデジタル リマスター版というのを手に入れましたので、改めて観ました。

低予算で作られたと言っていましたが、改めて観ても綺麗な映画だなと感じました。
すでに37年前の作品ではありますが。
投稿者:ジェットシン
“一分“とはそういう意味なんですねー
私も見たいと思っておりましたが、まだ見ておりません。
DVDが出たらレンタルショップで借りてみようと思います。
洋画のアクション映画はもう見あきた感じがあり、こういう日本の映画いいですねー
世界中の人たちに見てもらいたいものです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ