神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
“袖返し”自分は、小手返しの変形として認識していました。
相手を痛めることなく、大きく豪快に飛ばせるので、自分も良く使っています。

子供たちに集中力を維持させることは、本当に難しいですね。
一時間程度はなんとか格好がつくようですが、技の動きが分からなかったり、難しかったりすると、ててきめんに集中が切れてしまうようです。

自分は、集中力が切れているなと感じた場合には、
なにより怪我の危険性も高くなると思いますので、座ってもらうようにしています。

技で崩している、相手をコントロールしているという実感が持てれば、楽しく集中して稽古ができると思うのですが、なかなかそこまでは持って行けません。
集中したきびきびとした動きで子供達が動いている、そういう稽古が理想でもあります。
もちろん、そこには強制や号令をかけるようなことはなく、興味による集中を持ってもらう、それには、自分がどういう稽古を組み立てて行くかなのですが。

稽古の動きは時には多少大目に見ますが、道場の作法と礼儀は絶対に譲れない部分だと思っています。

投稿者:ジェットシン
“袖返し”私も相手の手がうまくつかめなかったときなどに時々やります。

今週は先生がお休みのため、私の稽古となりました。
土曜日は突きからの技のバリエーションをやりました、二日酔いでしたが力が抜けてとてもいい感じの稽古が出来ました。
問題は日曜日、諸手取りからの技を稽古いたしましたが、わんぱく小学生3人組が来て大変でした。
おしゃべりしたり走り回ったり、道場から突然いなくなったり。
注意してもそのときは聞くのですが、10分ぐらいたつとまたふざけだして、ついに大声で怒鳴ってしまい、集中力が切れてあまりいい稽古にならなかったように思います。
こんなことで集中力が切れるようでは、まだまだ私は人を指導できる立場ではないようです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ