神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
ジェットシンさん
ロックは70年代にそのスタイルが形成され、さまざまなトライがなされてきたと思います。
そして、結局のところ70年代のビッグネームを越えるものは出てきてはいないと考えています。

ツッペリンのプレゼンスはロック史上にその名を刻む名盤ですね。
渋谷氏は、CD化にあたり新しいライナーノーツを幾つか書かれているようです。
実は、自分もここ数日、ツッペリンを回しています。
投稿者:ジェットシン
自分も若かったせいでしょうか、70年代頃のロックには魂を揺さぶられるようなものを感じておりましたが、最近は綺麗な音楽は多くありますが、私が中学・高校時代に感じた鳥肌が立つようなロックには出会えません。
私も渋谷陽一さんの文章は大好きです。
LED ZEPPERIN のプレゼンスというアルバムを買って渋谷陽一さんのライナーノーツを読みながらレコードを聞いた時は鳥肌が立ちましたー
投稿者:jet
セイキさん、しばらくでした。
「ロッキング オン」渋谷さんの尖がった批評に対して、「ミュージック マガジン」は、受け皿の広さが良いところで、自分には感覚の合う雑誌でした。
中村とうようさん、小倉エージさん、北中和正さん、やや遅れて萩原健太さん、あたりがメインの執筆者だったと思います。

渋谷で買って通学途中に読む、 学校に着くと、いつも発売当日に何人かが持っていたような気がします。 もちろん、ロッキング オン派も居ました。

自分がもう一誌好きだったのは、丸綴じだったころの中央競馬会発行の「優駿」でした。
当時の本は、機関誌のような作りでしたが、レース評などは、断然の格調の高さで、質の良い雑誌でした。

この両誌くらい、毎回わくわくする思いでページをめくった雑誌はありませんでした。

BOOK OFFがあるのは羨ましいです。
香港には、小さな古本屋があるだけで、そこが自分の書店となっています。

日本語フリーペーパーについては、同感です。
以前は、置いてあるととりあえず手にもしましたが、最近はほとんど手にもしなくなりました。

英字の「HK」というのがあるのですが、これはけっこう読ませる部分もありますし、レストランの広告なども気を使って作られていて見ていても楽しめます。
同様に思う人が多いのか、発行日か翌日くらいには無くなってしまいます。
投稿者:seiki
僕も昔渋谷陽一さんの本を持っていました。
1冊は「ロックは語れない」であと一冊の方はタイトルは忘れましたがrockの名盤を紹介したものだったと記憶しています。jetさんの記事を読み久しぶりに読み返してみたくなりました。
僕もMUSIC LIFE派だったのですが、渋谷さんのそれは結構印象に残っています。「愛」というんですか?本当に好きな人が気持ちを注ぎこんで書いているというのがわかり、おなじ共有物を所有しているような気持ちにさせられました。

こちらも今ではBOOK OFFがあり廉価で書物を求める事が出来るようになりました。
今ではほとんど新刊書籍を扱う店へ足を運ぶ事もありません。
またまた同じでこちらもフリーペーパーの嵐=ゴミの嵐。
たしかに日本語に飢えていた直後にはとても嬉しい出来事でしたが、今ではその質の悪さにいい加減あきれています。
(それでもたまに手に取ってしまう自分も哀しいですが)

すべての局面でたしかに物は増えています。
ただ、<幸せ>=<量>X<質>といった単純な公式をあてはめた時はたして僕らは幸せなのかな?とたまに思ってしまうんです。
単に「昔はよかった……」という回顧論ではなく「これでいいのかな?」と。

長くなってしまいました、ごめんなさい。


http://seikiny1.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ