神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
ジェットシンさん>褒めすぎです。(^O~)/

もちろん、動きを見せて、その動きをなぞらせることは、初期の稽古では大切なことだと思います。

形は、あくまで正確に、というのが大前提ですが、ただ単に身体の動きをトレースするのではなく、崩しでの身体の使い方、相手との位置、力の方向、また、どう動いたときに上手く行ったのか、どうして上手く行かなかったのか、など自分で考え、試し、実践してゆくことが上達には欠かせないと思います。

気づき−会得−上達の実感というサイクルを体験できれば、稽古にも張り合いがでてくると思います。

来て−漠然と動いて−稽古した、という感覚だと、目標も沸かず、稽古も続かないと感じます。
特に、初級者の人たちには、早く合気道が楽しめるところまで来てもらえることを考えて稽古をしています。


投稿者:ジェットシン
まさにJetさんのおっしゃるとおり、私は自分の崩し方をそのままコピーして教えようとしていました。
興味が持てるところまで連れて行って、後は自分で行かせればいいんですねー
さすがJetさんです。
投稿者:jet
今の気温はどのくらいなのかわかりませんが、今夜も大分気温が低いようです。
断熱材も入らないコンクリート打ちっぱなしの香港の部屋は、気温が下がると本当に冷えます。
ここでの12、3度の気温は、実に寒く感じられます。

合気道の形のほとんどは、自分の中心を軸に相手を動かすように出来ているのではないでしょうか。
中心は自分、そして相手の中心を外へ導くこと、形の動きで実践しているのは、そのようなことだと思います。
半身半立ちの技は、特に相手を自分の中心へ引き込むようになるのではないでしょうか。

合気道は、稽古へ来て指導される形の動きをなぞっていても、上手くならないと伝えています。
自分で考え、試し、動くこと、そして気づき、また、常に課題を設定して稽古すること、受身の稽古では、なかなか先へは出ないと思います。

どのように気づきのヒントを与え、興味を持って先を見て行くか、そのあたりを啓発することも稽古を取る者の義務だと思っています。

今年も共に、上を目指して行きましょう。
稽古のこと、お考えなど、お聞かせください。
投稿者:ジェットシン
香港は13℃でも寒く感じるんですねー
この時期こちらでそのくらいの気温であれば、小春日和のように感じます。
昨日は先生がスキーに行ってお休み、久々に私が代理稽古いたしました。
片手取りからの練習で、半身半立ちからの四方投げ、なかなか立ってる相手を崩せない人が多くいました。
手首を決めて崩す方法を指導しましたが、手首の決めばかり気になって、体の体さばきが止まってしまいます。
四方投げの初動の崩し、なかなか指導するのは難しいですー
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ