神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
稽古は反復練習して、正確な形の動きを身体に覚え込ませることかと思います。

昔の稽古は、多分、理屈抜きで、とにかく動いて身体に覚えさせることを旨としていたのではと思います。 自分は、そこにある程度の技の動きに対する理解を加えたいと思っています。

新年からの稽古では、一度仕切りなおして、立つ、座る、進む、相対する、動き出す、といった土台となるうごき、身のこなしから初めています。

月曜日の香港の稽古でも、同様の稽古を道友会の後追いで行っていますが、二週目、三週目と回を重ねるごとに、特に白帯の稽古生の取り組みが変わって来たと感じています。

やはり、何をしているのか解らずに闇雲に動くより、どうして、また、どのように動くのかを知って動くのとでは、覇気が全く違っています。

学校ではないですが、「解る稽古」を取って行きたいと思っています。

技の理合いや説明などは、日本人の多い道友会の稽古では、日本語と英語、香港の稽古では英語で進行しています。

目の前のことだけに集中して動く、師範は、「今、今、今の連続」とおっしゃられました。
集中が進むと、相手の存在をも忘れ、あるのは目の前の瞬間、瞬間への対応だけとなるときがありました。
もちろん、そう何度も経験できることではないですが。
投稿者:ジェットシン
反復練習まさに一番いい稽古ですね。これしかありません。
Jetさんは稽古中は何語でみんなに技の解説等の話をされてるんですか? 英語でしょうか。
私の道場にもアメリカ人が来てますが、なかなか英語で説明するのも難しいものがありますー

「瞑想に近いような空白の意識と集中した世界」私の場合は酸欠状態のぼーっとした状態ですー


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ