神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
ジェットシンさんは、昨年の武道館のコンサートに行かれたのですよね。
そう言われてみると、ECのステージは、いつもいたってシンプルです。
変わったところと言えば、昔は良く吸いさしのタバコをギターのヘッドに挟んでプレイしていたことくらいでしょうか。

ヤードバーズから始まって、クリーム、デラボニ、ドミノス、そして761OBでの復活、70、80、90年代とECにも年代ごと味があります。
ブルーズもいいですが、自分は、ソリッドでタイトなギターを唸らせるECも大好きです。

ボリュームを低くで思い出すのは、J べックがS クロッパーにR&Bのギタープレイを聞いたときに、「まず、(君のプレイは)音が大きすぎる」と言われたというエピソードを思い出しました。

今週は、本当に忙しく、目が回りそうです。
投稿者:ジェットシン
武道館のクラプトンのコンサートを思い出しました。
ほんとにクラプトンは自然体といいますか、派手な演出や観客を驚かすような仕掛けもなく、さりげなくコンサートが始まって、普段着のまま音楽を聞かせるという感じですねー
まるで私たちが朝起きて、歯磨いて、朝食食って、コーヒーでも飲むように、淡々とギターを弾いてました。
私は個人的にクラプトンの場合もう少しボリュームを低くして聞かせた方がいいと思いました。
アコースティックの弾き語りは最高でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ