神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Jet
準先進国の階層の格差は、本当に大きいものがあると感じます。
持つ層の裕福さも桁違いですが、持たざる層の貧しさも激しいものがあり、そこには歴然とした階級が存在していると感じます。

都市と地方の暮らしも隔たりは大きいのですが、はっきりとしたライフスタイルの違いがあり、これは自分には一概に悪いものとは写りません。

代表、状況は厳しいですが、残り二戦を完全燃焼で戦って欲しいと願います。



http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
私が一番貧富の格差を感じたのは20代のころに行った上海です。
私は超高層ビルのホテルに泊まってました。

普通高層ビルは高層ビル街にあるのが私の常識でしたが、その頃の上海は、開発途上のためでしょうか、貧民街ののような汚い民家の密集地のなかに高層ビルがたけのこのようにニョキニョキと立っておりましたー

若かった私は仕事が終わって夜ふらふらと外の街に出かけました、たまたま日本語を勉強している同じ年頃の若者と友達になり、彼の家に連れてもらいました。

大家族に暖かく迎えられ、記念に私は彼とバックを交換しました、私の持ってたウエストポーチがやけに気に入った様子だったのであげると、彼の国防色の布のショルダーをくれました。

別れる前に嫌がる彼を無理やり私のホテルに連れて行きました、同室のわたしの先輩の冷たい態度と、場違いの世界に来た感じで彼は畏縮してしまい、なんとなく気まずい別れとなってしまいました。


日本代表もう一度感動させてくれると信じております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ