神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Jet
クラシックなのは、ちょっと敷居が高いですが、今回のものはテーマがちょっと面白そうなので、惹かれています。

バレエやダンス、先日のフィギュア スケートなども、武芸と同様に上手い人は中心の線がぶれませんね。 いつもの癖で、つい、そんなところに目が行ってしまいます。

先天的と言えば、武芸も人それぞれで、だいたいどのあたりまで行けるかが決まっているようですね。
「出来る人は、出来るようになるが、出来ない人は、一生やっても出来ない。」某師範のお言葉ですが、自分は出来る方の人間だと信じて、いろいろと試しながら稽古しています。

MTRのコルトンに惹かれたのも何かの縁、たまには、珍しいものを観にいってみようかという気になってきました。


http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
バレエいいんじゃないですかー
私はあまり良く覚えていませんが2回ほど見に行ったことがあります。

最初はいとこが入っていたバレエ団の発表会のチケット義理で無理やり買わされて見に行きましたー
たしか「ピーターパン」だったと思います。

私のいとこは、大変申し訳ありませんが、見るからに素質がないなーと思いました。
やっぱりバレエのうまい人は先天的なものを感じます、やはりそれだけの猛練習もしているとは思いますが。

2回目はうちの娘が3歳ぐらいの時始める予定だったバレエ団の発表会。
なぜ始める予定だったかと申しますと、高いシューズと衣装まで買って、2〜3回通って、何か厳しいことをいわれて泣いてもう行かないと言い出しました。

親ばかですねー

私はバレエのことは良くわかりませんが、いいですよー
すばらしい音楽をバックにバレリーナが踊る姿、感動します、当たり前ですが芸術です。

最近年取ったせいか、悲しくもないのにこういう音楽に美しいシーンをみると、なにかが胸の奥から込むあげて自然に涙が流れてしまいます。

Jetさんも40数年資本主義の手先として汚された心をロシアの伝統文化で癒されておくんなましー
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ