神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Jet
自分が一番最初に魂を取られてしまったのは、叔母のレコードで聴いたテル ミーでした。もちろん小学生でした。

スティキー、初回プレス版はファスナーの付いたジャケット、ブライアンに変わってM テイラーがここから加わりましたね。 ブラウン シュガー、ビッチなどは、ここからしばらくステージの核となります。
70年代のストーンズは、毒々しさもあって本当に素晴らしいですね。 まさに、コクがあるとしか言いようがありません。

おっしゃるとおり、ステージの上とアウトでのギャップを感じさせないところもいいところですね。
ただ、実際に会ったチャーリーは実に物静かな人でしたが。

自分も以前は、バリバリのキース派でしたが、今は存在のすべてがいいと思っています。
いい年をして、ストーンズのことになると、すっかりミーハーになってしまいます。


http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
史上最強のロックバンドザ ローリング ストーンズが大好きな私(タイガー)、恥ずかしながらここでカミングアウトさせていただくと、実は生ストーンズを一度も見たことがありませーん。

中学生の頃、そうです思い出しますー、あの頃は井上揚水かビートルズ・カーペンターズしか知らなかった優等生の私が初めて聞いたストーンズのレコードがスティッキーフィンガーズ。

頭を何かで殴られたようにガーンときましたー
今でも忘れないあの邀撃ー、ミックのオタケビーこんなセクシーでワイルドで危険な感じのするボーカルは聞いたことがありませんでしたー

キースのギターカッコイー、ブラウンシュガー・ワイルドホーシズを聞いたときは鳥肌が立ちましたー

聞けば聞くほど味が出る、するめのようなバンド、ローリングストーンズー

あれ以来私は暴走特急のように不良の道をまっしぐらーいまだにリーバイス505以外のジーンズははきませんー

酒はもちろんジャックダニエルのラッパのみですー
くわえタバコでギター(家を新築して以来女房がこれをやると不安定になるためただいま禁煙中)

とにかくストーンズは自然のまま、普通のミュージシャンは普段の家庭では、普通の父親で、ステージではロックンローラーを演じてると思いますが、ストーンズは私生活もステージもそのまま素だと思いますー、まるで歯磨いて朝ごはんを食べるように自然にギターを弾き続けるキース、かっこよすぎますー

すみませーんつい興奮して語ってしまいましたー

酔っ払い親父ですー

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ