神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
ご友人の行われていることは、香港でもポピュラーなスタイルです。

香港の不動産は、けっこう変動の波がありますので、毎月の銀行ローンより高く貸せると判断した物を下がったときに買い、貸しに出します。
潤沢な資金が有ってこそ、出来ることですが、香港の資産家は、ほとんどこれで大きくなったのではないでしょうか。

銀行も大口預金者には、プレミアム金利を付けてくれますので、お金持ちは、ますます資産を増やして行けます。
時間とお金の自由を手に入れる理想的なパターンです。

国政で思うのは、売国的にカネや技術をばら撒くのではなく、国民生活の向上にカネを使って欲しいと思います。





http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
上手く稼ぐといえば私の知人はこの不景気な時代で上手く稼いでいます。
もともと資産家で金持ちなんですが。

バブルがはじけて土地の値段も下がり中古のマンションやビルが土地代だけの安い値段でたくさん売りに出ているようです。

景気の悪い不動産屋はこれらのマンションを買って商売したくても、銀行が貸し渋って融資が受けられません。

そこで私の知人のような資産家に代わりに買ってもらって不動産屋は知人に家賃を払います。
知人はこのマンションの購入費用を銀行からただのような金利で借り入れをします。(いまは銀行は優良な融資先にはどんな条件でも金を貸すそうです。)

もちろん知人の銀行借り入れの毎月の支払は、不動産屋から入る家賃より安く設定されます。

結局私の知人は毎月こづかいを稼ぎながら、銀行借り入れは他人に払ってもらい、借り入れの支払が終われば、土地と建物の資産が自分のものになっているそうです。

このような契約のビルやマンションを何個も持ってます。

はじめっから銀行が、信用はなくてもやる気のある企業に投資していれば、このような金持ちのところに金がどんどん流れ込むようなことにはなりません。

日本ではアメリカンドリームのような成功をするには、ホリエモンのように法をやぶるしかないのでしょうか?

農業は、パートのおばちゃんに聞いてみると、これからは土建業者が不景気で仕事がないときは、農地を借りて企業で農作物を作るようになるらしいと話しておりました。

いずれにせよわれわれ日本人が自分の国をどうやって豊かな国にするか真剣に考える必要があると思います。

私が学生時代はよく酒を飲みながら、友人と人生論や政治の話を朝まで語り合ったりしてましたが。

今の時代そのような若者は1人も居りません。

私の取り巻きが悪いのでしょうか。

個人情報保護法よりも国家情報技術保護法を作ってほしい。
投稿者:jet
利是をフラットのウォッチマンに渡すのは、必須だと思います。
利是一つで、一年間いい顔をしてもらえるのですから安いものです。

上手く稼ぐ=クレバーである的な風潮は、どうかと思いますね。 やはり、そこにはモラルが必要だと思うのですが。

農業も、農業委員会的な閉鎖性を改めて、意欲のある人に参入してもらう、または、産業的な農業を行うような方向に持って行けば、日本の農業は衰退しないのではと思います。
実際、果物などの商業作物は、かなりの量が輸出されていると聞きました。
香港でも、高いですが日本からの果物は、素晴らしい物として認知され、年々売り場を拡大しています。

>後で「こんな納期遅れや品質不良で苦労するなら日本で作ったほうがましだったよー」とよく言われました。

これは、自分も良く耳にしました。
品質問題や不良率を考えると、果たしてコストが下がっているのか?と言う人も居ました。
中国での生産では、リスク マネージメントに多くの時間と手間を取られます。 その辺を上手くコントロールできないと大変なことになります。

最近、シャープや松下などが、日本へ生産拠点を移していますね。
高品質な日本家電の伝統を守るためには、賢明な選択だと思っています。 廉価版で勝負する中韓のブランドとは一線を画するため、日本のブランドは高級品で勝負すべきと考えます。
そのためには、蓄積された技術を流出させないことなのですが。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
ほんとに<現金>とはよく言ったものですね。

私もあげてましたよ。マンションの警備員にまであげてましたー

おっしゃるとおりいつも無愛想な顔の警備員もこの時期なると高級ホテルのドアマンのように私の姿が見えると飛び出してきてドアを開けてくれてましたー。

確かに最近の日本人は、汗かいて、工夫して何かを創造してその対価として現金を受け取るという、プロレタリアートの精神は薄れ、みんな楽していかに儲けることばかり考えている人が多いように感じます。

生産基地はほとんど人件費の安い国に移り、この近くの富士通の工場も老人ホームになりました。
経済が空洞化するのも当たりまえです。

農業の後とり問題も深刻のようです、私の職場は田園地帯にあり、パートのおばちゃんたちも兼業農家の家の人が多くおりますが、その子供たちは農業をやる気はまったくないようです。
いったいこれから誰が米を作るのでしょうか?

私が香港ににいるときは、国際感覚のない日本人バイヤーをよくアテンドしておりました。

彼らは値段をたたくだけたたいて、法外に安い値段で契約し、安くていい物を買ったように満足しておりました。
このときは「この世に安くていいものはありませんよ」という私の忠告に耳を貸す人はいません。

後で「こんな納期遅れや品質不良で苦労するなら日本で作ったほうがましだったよー」とよく言われました。

社会の価値観もめまぐるしく変わりますねー

日本人の武士道精神を今こそ見直そうー
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ