神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
素晴らしい人格者だと、思っています。

長い間お目にかかっていなくても、会員をお覚えおき下さっている。 香港の25周年の時に、当時道場長だあられた元道主を見て、ある会員が、「道場長はプリンスのようだ。」と言いました。自分も全く同感でした。
投げていただいたことなどは、本当に良い励みになりますね。

埼玉県ですと、浦和が同門、大宮のI師範にも親しく接していただいております。

師匠の師範とは別に、一手でもご教授いただけば先生だと思っています。 合気道の和は本当に素晴らしいと思います。





http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
すみません、間違いました。

守央道主に投げられたのは 埼玉県合気道○×△*講習会で、直会で道主にビール注ぎに行ったのは川越道場25周年記念演武大会だったようです。

お詫びと訂正させてください。

投稿者:タイガー
私は昔、幸運にも2回ほど、植芝守央道主に投げられたことがございます。

埼玉県合気道連盟の25周年記念○×△*会で、道主の講習会がありました。200人近く集まり、投げられたらすぐ起き上がらないと、2〜3人に顔を踏まれるような状況でした。

私はアホなので遠慮なく一番すいてる、1番前の道主の真正面で講習を受けておりました。

道主がすっと私の前に手を出してくれました、私はシッカリ諸手取りでつかみました、もー緊張しました。

「おーいおい、力抜いてー」おっしゃって、転換の入り身投げで投げてもらいました。

私の袴の刺繍を見て、「○×さんどこから来たの?」と声をかけてくれ、「深谷です。宮本師範にいつもお世話になっておりますー」と答えましたー。

緊張して何の技か忘れましたが、そのあとすぐにまた違う技で投げてくれましたー。

とてもうれしくて励みになりましたー。

調子に乗って、直会で道主にビール注ぎに行っちゃいましたー

やっぱり一番トップはいろいろと大変でしょうねー
道主はもう白髪で真っ白です。
投稿者:jet
恭賀発財!

多くの師範のご指導を受けられることが、海外へ出て一番メリットが有ったことだと受け止めています。
逆に、日本で行われている質の高い稽古が常時できるわけではないというのがデメリットとなります。

日本の地方の道場ですら、違いを感じられるくらいですから、国外の指導員レベルとなると、それはそれで、いろいろとあります。 「そうじゃあないだろう。」と思うことも多々ありますが、それを気にしだすと稽古にならなくなってしまいます。

道主の技は、先日バンコックでも拝見しましたが、いつ拝見しても放心するほど素晴らしいです。Gracefulと言えるほどの品格を感じます。
おっしゃるとおり、あの技が合気道のスタンダードだと思います。
実は、道主の受けを取らせていただいたこともあるのですが、そういうことも日本に居ればありえないことだと思います。

NZのT師範は、個人指導までいただいた恩人の一人なのですが、師範の言われた「いろんな先生の指導を受けて、それを絞って絞って、最後に出てきた一滴、その自分に合うものだけ貰いなさい。」というお話しを常に思っています。
本当に沢山の師範のご指導をいただきました。
海外に在住の合気道界の伝説のような師範、本部道場のトップに居られる師範とも面識ができましたし、直接手を取らせていただいてご指導もいただきました。 本当に有り難い事と受け止めています。

すでに国外での合気道の方が長くなったのですが、それでも、基本的なスタイルとタッチは、師匠である本部道場のE師範からのスタイルが変わってはいないと確信しています。
師範のような真綿で包まれた鋼、巨大な風船、導くように崩す大きな技、そういった合気道を理想としています。
三年かけて良き師を探せと言われますが、合気道を始めるにあたり、師匠であるE師範の元で始められたのは、本当に幸運であり良かったと思っています。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
恭喜発財!

私はもう旧正月がピンときません。

Cottier師範をGoogleで検索させていただきました。メガネに白ひげのダンディーな紳士の写真を見つけましたー。

Jetさんはいろいろと人脈があってうらやましいです、やはり呼吸法の崩し方など、植芝道主の基本の形とは違っていろいろと師範によってカラーが違うんでしょうね。

私は年に何回か、本部道場の師範を招いて行われる、講習会や演武会等にでかけ、いろいろな師範の指導を見ていると、やはり植芝道主が教科書のように基本に忠実で、その次に本部道場の師範が基本に近く、自分で道場を持っている人たちは、自分流にかなりアレンジして、個性を出されてるように思います。

前にテレビで塩田剛三師範の驚異的な技が紹介され、あわててビデオを東京まで買いに行き、真剣に見ていたこともありましたー。今でもたまに思い出したように見ますが、いまだに半信半疑です。

合気道の技は時々何が正しいのかわからなくなるときがあります、私も三段をともなれば、時々質問されますがはっきり答えられないことも多いです。前回ご質問した、天地投げの手の形等もその一つです。

しかし、まだまだひとつの形にとらわれず、漂流しようと思いますー。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ