神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jet
多分、子供が我慢できなくなってさせてしまったのだと思いますが、ティシューが被せてあっただけのそれを見たときには、言葉がありませんでした。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
ウ○コですか〜

ガウチョー
投稿者:jet
かなりのことは、気にならなくなったのですが、今だ香港の人の声のでかさには、うんざりさせられることが多いです。
テンションが高く、すぐに異常な声の大きさになります。
レストランも飲茶の酒楼などでは、良いと思うのですが、要は場所をわきまえて欲しいのです。

大陸も大分変わって来ましたが、まだ路肩はゴミの山というところも少なくありません。
一番驚かされたのは、羅湖のイミグレーションの列の中ほどに、ウ○コがしてあったことですね。 もう6,7年前の旧いイミグレの時でしたが。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
いや〜読んでて、うんうんとう納得してしまいました。

私も一度中国からKCRで香港へ帰る途中、となりのおばちゃんが鶏の毛をむしってました。

レストランもうるさいですよねー、元気がいいというかなんと言うか、この人たちは、精神を研ぎ澄ますとか、静かに呼吸を整えるとか言うような考え方がないのかもしれませんね。

私がいたころの中国大陸はもっとひどかったです、どこでもタンやつばを吐くし、タバコの灰は部屋の中が灰皿代わりだし。別当食ったごみは、川の中にみんな平気で捨てていました。

昔私の事務所にいた香港人技術者が日本に出張して、道路にごみが落ちっていないとびっくりしていました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ