神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Jet
胤雄さん、こちらこそ、今年一年ありがとうございました。

神戸の越年はいかがでしょうか?
香港でも映るNHKワールドで日本の年越しの風景を見て、日本の年越しを懐かしんでいます。

来年もよろしくお願い致します。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:胤雄
【ゆく年くる年】
Jetさん、今晩は。
今年1年たくさんのコメント頂きありがとうございました。
2006年、香港、日本ともどういう年になるのでしょう?よい方向に進んでいくと願いたくまた思いたいです。

来年もよろしくお願いします。
では、よいお年を。

http://blog.kansai.com/hongkongfonfon
投稿者:Jet
中心が出来てくる、人によって感覚は異なるかとは思いますが、自分の場合は、金属のコマが中心(丹田のあたり)で回っている感覚でした。
これが意識できるにつれて、身体の使い方が変わってきたと感じています。 スポーツ的な身体の使い方から武道的な身体の使い方に変わったと言いますか。稽古も俄然、楽になります。

体幹がすべてと言いますか、実際に技に使う腕は、あくまで枝というような感覚です。
ガツンと当たるのではなく、柔らかく当たり、相手の中心を取るように崩す。 今の自分の稽古は、技よりも崩しに集中して稽古しています。

瞬間的に相手の重心を取る。 これが、いわゆる合気をかけるということだと思っています。 また、ここまで行けなければ、やっている意味が無いと思っています。
おっしゃるとおり、倦まず、諦めず、自分は出来るようになると信じて稽古して行くしかありません。
面白いので、全く苦ではありませんが。


http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
私のこれまでの合気道はまさに、スポーツ的にガンガン動くものでした。
先生も「最初はそれでいいんだよ、だんだん力が抜けてくるから」と言ってくれてました。
ですから、自分より大きい相手、筋力のある相手には力負けしてしまいうまく崩せません。

>接点や関節といった局部ではなく、根こそぎ全体を取>る。それには、硬い動きではなく、柔らかいうねるよ>うな動きが必要

頭の中ではわかってるつもりですが、なかなか実際はうまくできません。
現状は、相手の体の一部をお借りして、技をかけさせていただく、あるいは強引にくずす感じです。
永遠のテーマですですね。
でもあきらめずに、JETさんの書かれてるような意識だけは持ち続けて稽古していこうと思います。
投稿者:Jet
自分の稽古納めは、31日の大晦日になります。

お察しのとおり、香港合気道協会は九龍パーク、北角の二ヶ所を稽古場所として使用しています。
師範がおりませんので、指導員制で交代に稽古を取ります。 これによる弊害も多いですが。

自分は、整列、礼、立ち上がるまでの流れが好きです。 武道は一種形式美の世界だと思います。 そこまでの流れと、澄んだ空気がいいなと思います。

気兼ね無く、何でも出来る相手は、本当に有り難いものです。多少無茶をしても悪意に取られない、お互いの信頼関係がそこには必要となります。

自分は、力む相手には緩く、ガチガチな相手には極力力を使わずに導くように崩すようにしてます。香港は硬く力む人が多いので、自分の稽古では、いつもダラダラに力を抜くところから始めています。
接点や関節といった局部ではなく、根こそぎ全体を取る。それには、硬い動きではなく、柔らかいうねるような動きなのですが、なかなか理解はしてもらえないようです。
もちろん、ある段階では、スポーツ的にガンガン動くことも必要ですが。

香港の施設は、何処もエアコンが入っています。
マニラに居た頃、行っていた道場は、エアコン、窓、無しの恐ろしく熱い道場でした。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:タイガー
お疲れ様です。
稽古ができてうらやましいです。
私は個人的な休みもあるため、約20日間ぐらい稽古ができません(1月14日が初稽古の予定)。

記事を読ませていただいてますと、九籠や北角など何箇所か場所を変えて稽古されてるようですね、また指導する方も交代制でしょうか?

私たちの道場では、稽古の前に準備体操と受身の練習、腕立て50回、シッコウで道場1週して稽古の前に正座をして呼吸を整えながら、数分間姿勢を正します。私はこの瞬間が大好きです。
静かにピント張り詰めた空気の中でみんなの息づかいだけが聞こえ、これから始まる稽古を待ちます。

ほんとに合気道は、気の会うやりやすい相手いますよね。突然力を入れて抵抗されたり、がちがちに力が入ってる相手はほとんどくずせなくなっちゃいます。(私の修行が足りないのか)

香港は夏の稽古のときなどは道場にクーラー入れて稽古するんでしょうね、熱中症で倒れちゃいますもんね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ