神ながらの道

日常生活も 日々是修行、修行即 「神ながらの道」
惟神霊幸倍坐世 (かんながらたまちはえませ)

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

遠藤師範のDVD

Blog Ranking

ブログ ランキング参加しました。 *** よろしければ、クリックしてください。 **************** コメント、TB、リンク、ご自由にどうぞ

I love it!

***** ***** ***

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Jet
ふんだんにぶち込む化学調味料は、中華料理の定番のようですね。
お玉でザクっとすくって入れるのは、けっこう目にする光景です。
飲茶の後に、ちょっとぐるぐる感を感じることも良くあることですね。

香港に限らず、東南アジアでは、砂糖のような1Kgの袋入りの化学調味料がスーパーなどで売られています。

日本でも60年代には、何にでもあの白い粉をかけていたように思います。 凄い速さで広まり、いつの間にか使われなくなりました。

子供のころ何度か試しましたが、直接舐めてみると、あの頭ぐるぐる感がしたことを覚えています。

中国近郊では、環境汚染が食物に与える影響も無視できなくなって来ています。

http://sky.ap.teacup.com/aiki/
投稿者:セイキ
香港でもそうなんですか。
僕も十年程前からできるだけチャイニーズ・フードから遠ざかるように気にかけています。飲茶で気分が悪くなって以来です。
それから気をつけてみていると、夜のチャイナタウンのゴミ置き場には味の素もどき(本物はほとんどないです)の一抱えほどもある筒状のコンテナがゴロゴロと転がっていたり、オープンキッチンの店ではお玉で味の素をすくって料理に入れたり等など。結構すごい寮を使っているようですね。

料理にちょっとだけうまみが足りない、と思う時、僕は干ししいたけの戻し汁を煮詰めたものを使うようにしています。自然食レストランのシェフに教えてもらったんもですが、その成分は味の素とかなり近いらしいです。

あの頭痛は耐えられないですね。


http://seikiny1.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ