アフリカフェ@バラカBlog

タンザニアと日本から、アフリカ情報発信中!
バラカのアフリカングッズとリアルタイムのアフリカ情報で、
心ゆったりアフリカンタイムをお楽しみください。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:バラカタンザニア
☆ジュマさん、ジャンボ!
私も、お嫁さんを得られるのは11人中1人だけとはいえ、できれば11人兄弟11人全員が元気に生きていてほしかったです。
お話の展開としては、どうなるのかわからないですけどね(笑)

今でも子だくさんの家庭が多いですが、子供のうちに亡くなる率がまだまだ高いので、11人中1人しか残らないというのも、あながち民話の中だけのことではなく、現実的なシチュエーションだと感じています。


http://sky.ap.teacup.com/africafe/
投稿者:ジュマ
バラカさんジャンボ!

木登りで争わせて若い命が10人も失われることはいかにも無念です。

11人もいたらきっと娘さんの意に沿う方がいらしたでしょうに・・・。

ってそれじゃ民話にならないかしら・・・。




http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/
投稿者:バラカタンザニア
☆momoさん、ジャンボ!
レスが遅くなってしまってすみません!!

発展途上国といわれる国では、とかく働く場所が圧倒的に少なく、職にあぶれている人が多いという現状があります。
職に就いているたった一人の人に、親戚中が頼っているという例も多々あります。

今回の民話の中にも、今の貧しい生活環境から抜け出すために、命をかけてもいいという覚悟でヤシの木に登る息子達が登場します。

そういう面では、momoさんがおっしゃるように、環境面では、今の日本は恵まれているでしょうね。

http://sky.ap.teacup.com/africafe/
投稿者:momo
バラカさん
毎回楽しみに読ませていただいております。

先日1日30分を続けなさいというこちらで話題になっている
本を読みましたら
「日本(日本人)はとても恵まれている。
 努力さえすればいくらでも這い上がることができる世の中だから。」
みたいなことが書いてありました。

私は実際に外国へ行ったことが無いのですが、
貧しい国や治安や制度の整っていないところでは、
貧しい人が上がれるチャンスはほとんど無いそうですね?
学校に行かれずゴミ捨て場のゴミを拾う子供達の
テレビなどをたまに見るとつくづくそう感じます。

普段ついつい視野が狭くなって自分中心に
物事を考えてしまいますが、
環境面においては自分は大変恵まれているんだということを
忘れないようにしたいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/momoraum2000/MYBLOG/yblog.html
投稿者:バラカタンザニア
☆konekoさん、ジャンボ!
今月号も感想を教えてくださりありがとうございました。
十一人兄弟のうちたった一人しか生き残れなかったというのは、本当に過酷な条件ですよね。

しかし、事実、12人もの子宝に恵まれながらも、成人するまで生き残った子供はたった2人というご夫婦もいますし、6人のうち3人子供を亡くした夫婦など、子供を亡くしたご夫婦は大変多いです。

という具合に、特に小さいうちに亡くなる子供がまだ多い環境の中、たった一人でも子供が生き残り、しかもその息子が大富豪の娘を射止めたのですから、ここでは大いにハッピーエンドのお話としてしめくくられています。

でも、見方を変えると、konekoさんがご指摘のように、大富豪の意思というものを無視していますよね。
投稿者:koneko
バラカさん、ジャンボ!
楽しみに待っていました。
>十一人の息子など、みんな死んでしまえばいいと、いつも願っていました。
の一文に金持ち夫婦の邪悪さを感じました。
ラストはめでたしめでたしに終わったようですが、
10人の犠牲があったことを考えると、複雑です。
今でも、婚資の問題のある国がありますね。
女性が持ってくる金額が少なくて殺されたり、
婚姻って何だろう、文化って何だろうって思います。
理解できてもできなくても受け入れるしかないのでしょうが。
今回のお話は、お金のことに目を奪われがちですが、物語をよくよむと、その問題だけでなく、
「子孫を残す」方法が、それしかない。
というお話なので、もっと人間の本質に関する読み方もできるかなあって思っています。
10人が死んでも、一人生き残り、
子をなすことで
未来を継ぐことができます。
貧乏人夫婦の血が絶えるか、残せるかという
人間的な問題があったように思います。



http://white.ap.teacup.com/heritage/
投稿者:バラカタンザニア
☆megさん、ジャンボ!
なるほど、megさんの読みはそうでしたか。
確かにお互いの両親は浅はかな感じがしますね。
何はともあれ、十一人の息子のうちたった一人でも成功してよかったですよね。

投稿者:バラカタンザニア
☆りらっくまさん、ジャンボ!
十一人のうち十人の犠牲を払ってしまったご両親の気持ちを考えると本当に切ないですね。
次々に目の前でお兄さんが死んでいく様子を見ながらも、自分こそはとヤシの木に登る弟たちの強さにも驚きます。
貧しい暮らしから抜け出したいという気持ちがそうさせたのでしょうが、生死をかけてまでそれを実行するというのはよほどの意思ですね。
生死をかけてまでも今の現状から抜け出したいという強い気持ちが感じられます。
投稿者:meg
バラかさん、こんばんは
すごい展開のストーリーでびっくりしました。私は、息子たちがみな失敗して、娘さんは、誰とも結婚できなくなり、彼女の両親の浅はかさを笑うというお話かと思ったんですが・・・


http://green.ap.teacup.com/982958/
投稿者:りらっくま
バラカさん、ジャンボ!!
いや〜、やっぱり兄弟総力戦でしたね。。。
なんかせつないな〜
お兄さんたちがかわいそう。
両親だって末っ子がお金持ちと結婚してお金持ちになって幸せになっても子供10人亡くしちゃってるんですよー
絶対に幸せじゃないですよね。
でもお金も重要な世の中ですからね〜
あ〜難しい。。。( ̄□ ̄;)あ〜う〜

http://blogs.yahoo.co.jp/rira_kuma610

Welcome!

「アフリカフェ@バラカ」
アフリカフェ」は、タンザニア生まれの極上インスタントコーヒーの製品名、「バラカ」は、スワヒリ語で「祝福」という意味があります。

わたしたち、バラカ・タンザニアバラカ・ジャパンは、タンザニア製品の輸出で、タンザニア経済発展の一翼を担おうという主旨の元、コーヒー紅茶スパイスアフリカ布カンガ・キテンゲティンガティンガ・アート雑貨などアフリカ製品の輸入&プロモートをしています。
〜アフリカ製品プロジェクトについては、バラカ公式HPをご覧ください〜

アフリカ製品輸入元
株式会社バラカ

【公式HP】www.africafe.jp
大阪市中央区谷町9-5-15
中田ビル4F
地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「上本町」駅徒歩2分
TEL:06-6763-1155
FAX:06-6763-1145

【バラカショールームOSAKA】
ティンガティンガ・アートとアフリカ タンザニア製品のすべてを手に取ってご覧頂ける、ギャラリー&直営ショップがOPEN!
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

【Online Shop】
アフリカフェ@バラカのセレクトショップ〜アフリカ雑貨・アフリカ布・ティンガティンガ・コーヒー・紅茶・スパイスを直輸入販売!

【Wholesale】
アフリカフェ@バラカ業務用卸販売〜小売店様・業者様向け〜

Facebook公式ページ
Instagram公式アカウント
Twitter公式アカウント

メッセージBOX

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

QRコード

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ