2010/8/5  20:06

長期優良住宅  
クリックすると元のサイズで表示します

20年〜25年のサイクルで建替えられてきた住宅、
以前の住宅産業は言ってみれば粗大ゴミの乱造!
先進国でこんな事をしているのは日本くらいでは?
そもそも売る為の家創りと住まう為の家創りの違い?
私はそんな風に感じています。

長期優良住宅制度は助成金や税金や金利の優遇で
国が長寿の家創りを誘導する制度、
以前に200年住宅と言われていたものを制度化したものです。

今回、弊社もこの制度を使った家創りにチャレンジ、
せっかくなので構造の見学会を開催します。
完成見学会のように華やかさはありませんが
上辺でなく本質をそこに感じて欲しいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

話しは変わり今日の午後はウトロに打合せへ
途中、木登りウッドデッキに人の気配を感じてよってみると
知床自然学校校長さんが居ました。
今度子供達連れてくるので木登りやらせてくださいとお願いし
その場を離れ少し走ると鹿牧場があります。売店ができたらしい
以前から気になっていたので寄ってみる。

この鹿牧場はS建設経営の牧場で売店にはK建設の苺屋さんも
同居しているのです。

最近は土建業者の異業種参入が増えています。
弊社も同様で三年前から飲食業を・・・
だから気になったりする訳です。

売店に入ると客は私一人だけ、沈黙・・・
『実は私、地元モンで建築業を・・・』身元を明かすと
丹羽さんは素敵な家創ってますね〜おだてられ
手ぶらで帰れなくなり鹿肉を購入でした。

家に帰ってこれ買ってきたとカミサンに見せると・・・
同じの家にあるから馬鹿にされ(暑中見舞いでもらったらしい)
相変わらず間の悪い自分、でもそれが愛おしく楽しいかも
スーパーポジティブで申し訳ない、
でもだから続くと思うのです。

2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ