ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2018/8/5

スタバ閑話  食品安全/食品工業

入院中の家族の見舞に行ったXYLと待ち合わせで某市の大学病院内のスタバにいました。
小さな店です。

クリックすると元のサイズで表示します

クッキーとアイスラテを注文しました。 よく言われる「スタバの絵」ですが、初めて出会いました。 そもそもスタバには滅多と行かないから「今まで見なくても当たり前だ。」と言われればそれまでですが。
嬉しいもんですね。

さて、病院内のスタバなもんで老人が多い。 来たことないからスタバの使い方がわからん。 (^o^)
ガンを切って無事生還のおじいちゃんと、その連れ合いおよびその子供逹、大はしゃぎです。(何しろ「検査で入って出てくるときは箱に入って出てくる」と地元では有名な病院でして)
で席に着いた思ったら爺様がプラスチックカップをガラスコップかのように握りしめて蓋を剥がそうとして。。 当然カップは変形し手を離れ床はラテの海。

スタバのスタッフがさっと来て、床を吹き上げて、濡れた服用のタオルも貸し与え、お代わりを無料で提供していました。 まるでディズニーランド。 いいね。

ただ、床を拭くときにモップじゃなくて布巾を手に持ってかがんで作業していました。 こういう作業はモップの方が安全なのよね。 かがんで作業していると見落とされて歩いている人がぶつかる可能性があるからです。 ついでに、布巾が小さいので拭ききれず、タイル床が濡れた状態。 そこには「滑りやすい!」表示をしないとね。 どうでもモップが無理ならキムワイパーのように吸水力の大きい拭き取り用タオルを店舗の標準備品にしておかないとね。
https://pro.crecia.co.jp/wiper_lp.html

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば、こちらのお店は昨日は食品ケースが直射日光を受けていました。 赤外線温度計がなかったので食品の温度は測りそこねましたが、直射日光を受けている席でも暑くなかったので3MのScotch-Tint赤外線素子フィルムでも貼ってあるのかな? それならそれで立派なもんです。
http://www.mmm.co.jp/cmd/scotchtint/professional/recommend/nano/index.html

マクドナルドと言いスタバと言い、FDAの基準で磨かれている会社は安心して使える感じがあります。 日系のコーヒーチェーンは恐ろしくて使えん。。 

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

で、こんなカップを買いました。 なんか可愛いでしょ。 富士山と城と寿司と丼とダルマなのでまるで相模箱根富士地域用かのような柄です。 また今度でかけた際にいくつか買ってスタバを飲まないフランス人に送ってあげようかな?と思っています。
 
ネスプレッソも柄はともかくこれくらい華やかなカップを作ってもいいんじゃないの? 最近無いねぇ。 華やかで高級感のあるアクセサリー>N社。
タグ: 食品安全




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ