2017/11/28

ミャンマー訪問(1)  

 やっと追われていた仕事に目処が付き‥

宿願でありました…自分が考えていたことが、社員の立場でどの様にとらえているかを知るために、幹部3人を連れて、先週、ミャンマーに行ってきました。

 一番の大きな目的は、ヤンゴンから車で2時間半かかる、孤児院の施設訪問です。
施設の名前は「ペヤンジー」と言うお坊さんが運営している施設で、幼児から18歳くらいまで、総勢1000人が共同で暮らしている施設です。

私も3年程前に、地元の経営者に誘われて(その時もブログで書いて居ます。)数人で訪問させて頂き、その時の知見を超えた 感受に打たれるモノがありました。

それ以来 自分の冥加に対して、何か出来ないモノかと ずぅ〜と考えるており、今回その実現に再度訪問してきました。

クリックすると元のサイズで表示します



 みんなで手分けして お土産のチョコレート500個を(この数でも児童しか当たりません)カバンに詰め込み、いざ出発です。

クリックすると元のサイズで表示します
施設の全景です。

 そして、小さい子だけしか当たらないが、お土産のチョコレートを手渡す光景です。





この時とばかり、3人にもブロックケン(後光)が射していました。



後半は、高学年の子供たちに、日本から来た挨拶を交わす。
ミンガラーバー(こんにちは)

日本と言う国は、知っていても、殆どが 日本の特徴を知っている子はいない。
「お寿司を知っていますか」と聞いても、殆どが知らなかった。
ヤンゴンには寿司店もあるし日本料理店も多いので、当然知っているだろうと思っての質問だったが、この子たちは、この場所(この村)から出たことが無いのだろう、また、テレビと言う情報源も知らないのかもしれない。
(もっと気の利いた、質問を出すべきだったと反省する)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし 子供達の目の輝きが とても印象的でした。
  そして
「頑張って勉強すれば、あなた達も日本に来れる」事を伝える。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は先生たちと記念写真

施設の先生と責任者の方々に伝えてきました。
「優秀な子供、やる気ある努力家の子供を日本の学校に入れて上げる」事を約束する。


会社のCSR(社会貢献)として、また、個人としても 最終的には、どのようなな形で、どこまで出来るか分かりませんが…
 実体験のないもの、ただお金を出せばいいと言う考えはありません。

 この子達にも、“夢”と“チャンス”与えてあげることにより、それ以上に我々が、この子達から多くを学ばなければ成らないと思っています。















コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ