2017/4/24

埋まる思い  

北の将軍さん‥
何考えているんだ!一人の狂人に世界中が振り回されている。
それは北の国民達もです。
 
もし、有事が起こると、中国やロシアに何十万人も難民として逃げ込むだろうと言われており、各国は国境の警備に軍を配置しているという。

「難民」と言う馴用語がない日本にも、難民が有りうるはずだ。

  ★


タン君が、待ちに待っていたこと。

 昨日、奥さんと子供がこちらに来たと言う事で、
     自宅に挨拶がてら、訪問してくれました。

本人も、来日して一年少々だが、家族を呼ぶ事は、それなりの覚悟を決めての判断と思われる。
それこそ「骨を埋める」思いでは…

 奥さんも、慣れない環境で、戸惑うかもしれないが
春の暖かさと共に、親しんでいただきたい。

クリックすると元のサイズで表示します



日本人は、なかなか生まれ故郷から離れることに拒否的だ。
しかし、私が知る限りの日本在住外国人(アジア圏)は、ほぼ皆が、一生日本で暮らしたいと言っています。

その理由のひとつが‥
病気になって病院に言っても、お金とコネが無いと、いつまでたっても診てもらえないという。
公共的な申請に行っても、賄賂を要求されると言う。
そのような母国から、日本に来ると、「平等」?で、更に弱者には優しい社会だから、ほぼ全員、日本に埋まる思いではないかと思われる。





2017/4/19

鼬ゴッコ  


新年度になって、早三週間が過ぎようとしている。
 色々なことがあるのは、覚悟はしているが、毎日これでもかと、言うくらい雑事が多いことか!
ぐずぐずの3つの要素
@ 決断力の欠如 A一日延ばし B過度の用心。らしい
自分で言うのもなんだが、私は「過度の用心」とやらは無いと思う。逆に大胆に進む方だ。
「決断力の欠如」こちらも欠如というより、自分ですぐできると思ってしまう自信過剰からくるもの、一番のぐずぐずの要素は、やっぱり一日の先延ばしが二日になって、三日になって、最後は切羽詰まって状態だ。




仕事に流されることなく、具体的に一つ一つ解決していく。
「スグヤル」ファイルを作っている。
そして、最近は敢えて、約束事を無理に入れていく、相手との約束予定を入れることで強制的に終わらしていく様にしています。
でも、鼬ゴッコ!




先週一週間、関東、東北と各営業所に行ってきた。新年度の説明と今回は関東営業所に外国人実習生が無事配属され、本格的なスタート基盤、今後間違いなく、本州勢が会社の半分以上を占めるようになるだろう。
その為にも、移動アレルギーのない体質を目指す。

2017/4/3

新年度START  

 
雪解けが早いと思われたが、日中の温度が二桁に届かず
 なかなか、堆積した雪が溶けないでいる。

しかし 今日から新年度です。
新年度にふさわしく、今日位から日中の気温も上がるみたいだ。

少々、店舗の設営が遅れ気味だが、スタッフの意気込みでなんとか
目処がつきそうです。


     ★


 今日は色々な有名企業の入社式があった。
例えば、昨年など、別な意味で話題となった電通などは、社員のケアを重視した社長のメッセージで、世界のトヨタ自動車は、今年は2,100人以上の新入社員を入れたという。
凄い人数。

今年は酉年で「鶏口牛後」と年頭の挨拶をしたが、やはり大企業に集まる新卒者
当然大企業は収入も多く安心かもしれないが、そんな数に埋もれてどうするのだと思う。

「鯛の尾より鰯の頭」ではないが

弊社は大企業の足下にも及ばない、しかし
一人ひとりの存在価値とやる気などは、大企業に負けないモノがあるはずだ。

特に最近は弊社のゼスト文化と言う共通の価値がついてきた
だから、
新入社員も自社の価値観に共有出来る人材が集まってきている。

鶏口牛後も 鯛の尾より鰯の頭も
大きいところの末端で居るよりも、程々のところでトップとなって活躍しなさいという意味合いです。

 弊社は新入社員がダイレクトな対話が出来るコミニケーション重視。従業員を「認める風土」や「称える場」があるが故に 社員一人一人が、モチベーションを持てる環境が、会社の文化だと思っています。



2017/3/27

29年度 入社式  


 
 29年度、新入社員を迎入れる「入社式」を終えた。

 今年はいつもとチョット違う雰囲気のスタート
そうです、今年は国際色豊にベトナム人も加わりの入社式でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 ・阿部 悠之助
 ・鈴木 萌
 ・吉田 一樹
 ・佐々木 翔
 ・安田 真実
 ・ドゥ、ヴァン、トゥン
 ・グエン、ゴック、フィエン
 ・グエン、チャック、トウ
 また、4月中旬から
 ・フェン、ハイ、ダン
 ・チャン、レー、ハーイ、リー

クリックすると元のサイズで表示します


 鋭気に満ちた若人達



あなた達は 新社会人 という種を蒔きます。
そして、会社は水分も 栄養分も豊富にあります、しかし、風も吹くし気温も下がる時がある。 更に、麦の様に踏まれます
 それが「社会人」になる試練です。そして根を張り 幹となって成長して頂きたい
                     
 昨今の厳しい社会情勢の中で、皆さんには幾度と壁にぶつかる事があります、

 是非、自信を持ち、素直な気持ちで先輩達とのコミュニケーションを取り一人一人が切磋琢磨して、ゼスト社員として誇り有る立派な社会人になって頂きたい。

 今日は、社員全員で、あなた達を歓迎致します。

       おめでとう。





 
 

2017/3/25

もう聞きたくもない  


 誰が嘘をついて、誰が本当の事を言っているのか?

 正直言って…もう〜いい加減にして と言いたい。
 毎日、毎日、朝から晩まで…もう聞きたくもない。


森友学園の籠池理事長、開き直ったのか、多分だが、自分が散々利用した先生達に、学校がダメになったら 手をひるがえして、今度は被害者気取りか!


まだまだ 続く「籠池劇場」



 国会が一回開催される度に、億の費用が掛かるという、
また、このごたごたのせいで もっと大切な重要案件が決まらないでいる

 こんな状態がいつまでも続くと、国民と国の大きな損失ではないか。



 国民もマスコミも野党も、大体の事は、分かっている と思われる。
これから、無駄な時間と費用を掛けて「やっぱり…か」と言う結論がでたとしても、そこからが、また大変な事になる.

トカゲのしっぽ切りで終わればいいが
 贔屓ではないが、今 安倍晋三に変わる者もいないし、その時期でもない。

 
 そばやとやくざの世界には「手打ち」という言葉がある。(ここは そばや別か)
これ以上、お互いが もめ合っても疲弊するだけで、お互いにいいことがない、お互い認める所は認めて、飲む所は飲む事で和解する。


 このままだと、与党だ野党だ!、嘘だ真実だ!ではなく…

  国民があきれて疲弊してしまうはずだ。

  


 


 
 
  

2017/3/23

ZW 総評  

 「29,ZEST WORLD」2部の総評です。

 早いところは2ヶ月前から準備に入り、また終了しても、しばらくは話題と余韻にしたる。たった1日の会社イベントの為に、これだけの長い期間に夢中になり社員同士のコミニケーションがとれ、志気高揚を図れるものは無いと思っています。
 会社の文化です。
 この“漲り”があるから社員が成長し 会社も発展 出来るのですね。


 先ずZEST AWARDですが、受賞者の皆さんおめでとうございます。

相対的にみて、本来であれば、企画、張場、業務しかり、社長や上層幹部に近い職場(近いと言うことは それだけアピール出来るチャンスが多い存在)で、あるにも関わらず、そこから新人賞が出なかったのが残念だ。
 やはり決定打は「挨拶・素直差・努力・アピール力」が問われたのだろう。
そして特別賞が出るのも、ブログ等の力だ。

 会社の構成人員をみても分かるが、
半分以上がキャリア5年未満で、今居る役職以下は一気に、若返る。だからMVPやその他の賞にしても今までのキャリア組で、その者達にも大体行き渡った。(受賞者には失礼だが会社の歴史だ)
 
 だから、来期以降は、MVPも 本当に誰がとってもおかしくない。
それこそ、「お前、入ったばっかりだろ〜!」と思う奴が受賞するかもしれません。

 だ、か、ら、、頑張れ… !早くも来期は、楽しみだ!!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


  
 余興…!!

 一言で言うと…「やっぱり関東は強い!」そして「東北もだ」
   優勝と準優勝は1ポイントの近差



 ZW数日前に、D輔から「社長はテレビ NHKしか観ないのですか?」と言われた。
「いや、ドラマやお笑いも観るよ…!」と答えたが、
本人の腹の中は、チーム余興のパロディーを私が知っているか探りを入れていたのだ(これは、後から聞いた余談だが)

 ZW一週間前位は、午後6時になると事務所から誰もかも居なくなる。
みんな、各チームに分かれて練習をしていた、いつも私が一人で事務所にいる状況だった。  〜ん、上からも快い音楽が聞こえる。
 〜ん、これはなかなか本社の連中も力が入ちょるな!

 そして 逢う奴、逢う奴、
  「社長、うちのチーム 優勝するから!」とみんなが 挨拶がてら言う。

  だから… … 相〜当〜 期待していた。

    しかし、本社チームは惨敗でした。

  ・裕子チームは順番が違ったら準優勝に入ったかもしれません。
    (本社チームの中では断然トップでした)

  ・藤15楽坊   ん〜 あと一つ インパクトがほしかった。

  ・Team What a Day 私的にはチョット受けたのですが、最下位でした。

 
 出し物の順番も確かにありますが、審査する評価もチョット工夫が必要と思われます。まだまだ、色々試す所は試してよい方向に直して行来ましょう。
 

クリックすると元のサイズで表示します
見事!優勝の関東営業所チーム

クリックすると元のサイズで表示します
惜しくも1ポイント差 準優勝 東北営業所


クリックすると元のサイズで表示します
3位の 裕子チーム



クリックすると元のサイズで表示します
  藤15楽坊












残念ながら、テーマはみんなが知っている一連をもじったと
思われますが、ここは一気に点数が落ちて

Team Wath a Day

クリックすると元のサイズで表示します







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ