2017/3/27

29年度 入社式  




 
 29年度、新入社員を向かい入れる「入社式」を終えた。

 今年はいつもとチョット違う雰囲気のスタート
そうです、今年は国際色豊にベトナム人も加わりの入社式でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 ・阿部 悠之助
 ・鈴木 萌
 ・吉田 一樹
 ・佐々木 翔
 ・安田 真実
 ・ドゥ、ヴァン、トゥン
 ・グエン、ゴック、フィエン
 ・グエン、チャック、トウ
 また、4月中旬から
 ・フェン、ハイ、ダン
 ・チャン、レー、ハーイ、リー

クリックすると元のサイズで表示します


 鋭気に満ちた若人達



あなた達は 新社会人 という種を蒔きます。
そして、会社は水分も 栄養分も豊富にあります、しかし、風も吹くし気温も下がる時がある。 更に、麦の様に踏まれます
 それが「社会人」になる試練です。そして根を張り 幹となって成長して頂きたい
                     
 昨今の厳しい社会情勢の中で、皆さんには幾度と壁にぶつかる事があります、

 是非、自信を持ち、素直な気持ちで先輩達とのコミュニケーションを取り一人一人が切磋琢磨して、ゼスト社員として誇り有る立派な社会人になって頂きたい。

 今日は、社員全員で、あなた達を歓迎致します。

       おめでとう。



 
 

2017/3/25

もう聞きたくもない  



 誰が嘘をついて、誰が本当の事を言っているのか?

 正直言って…もう〜いい加減にして と言いたい。
 毎日、毎日、朝から晩まで…もう聞きたくもない。


森友学園の籠池理事長、開き直ったのか、多分だが、自分が散々利用した先生達に、学校がダメになったら 手をひるがえして、今度は被害者気取りか!


まだまだ 続く「籠池劇場」



 国会が一回開催される度に、億の費用が掛かるという、
また、このごたごたのせいで もっと大切な重要案件が決まらないでいる

 こんな状態がいつまでも続くと、国民と国の大きな損失ではないか。



 国民もマスコミも野党も、大体の事は、分かっていと思われる。
これから、無駄な時間と費用を掛けて「やっぱり…か」と言う結論がでたとしても、そこからが、また大変な事になる.

トカゲのしっぽ切りで終わればいいが
 贔屓ではないが、今 安倍晋三に変わる者もいないし、その時期でもない。

 
 そばやとやくざの世界には「手打ち」という言葉がある。(ここは そばや別か)
これ以上、お互いが もめ合っても疲弊するだけで、お互いにいいことがない、お互い認める所は認めて、飲む所は飲む事で和解する。


 このままだと、与党だ野党だ!、嘘だ真実だ!ではなく…

  国民があきれて疲弊してしまうはずだ。

  


 


 
 
  

2017/3/23

ZW 総評  

 「29,ZEST WORLD」2部の総評です。

 早いところは2ヶ月前から準備に入り、また終了しても、しばらくは話題と余韻にしたる。たった1日の会社イベントの為に、これだけの長い期間に夢中になり社員同士のコミニケーションがとれ、志気高揚を図れるものは無いと思っています。
 会社の文化です。
 この“漲り”があるから社員が成長し 会社も発展 出来るのですね。


 先ずZEST AWARDですが、受賞者の皆さんおめでとうございます。

相対的にみて、本来であれば、企画、張場、業務しかり、社長や上層幹部に近い職場(近いと言うことは それだけアピール出来るチャンスが多い存在)で、あるにも関わらず、そこから新人賞が出なかったのが残念だ。
 やはり決定打は「挨拶・素直差・努力・アピール力」が問われたのだろう。
そして特別賞が出るのも、ブログ等の力だ。

 会社の構成人員をみても分かるが、
半分以上がキャリア5年未満で、今居る役職以下は一気に、若返る。だからMVPやその他の賞にしても今までのキャリア組で、その者達にも大体行き渡った。(受賞者には失礼だが会社の歴史だ)
 
 だから、来期以降は、MVPも 本当に誰がとってもおかしくない。
それこそ、「お前、入ったばっかりだろ〜!」と思う奴が受賞するかもしれません。

 だ、か、ら、、頑張れ… !早くも来期は、楽しみだ!!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


  
 余興…!!

 一言で言うと…「やっぱり関東は強い!」そして「東北もだ」
   優勝と準優勝は1ポイントの近差



 ZW数日前に、D輔から「社長はテレビ NHKしか観ないのですか?」と言われた。
「いや、ドラマやお笑いも観るよ…!」と答えたが、
本人の腹の中は、チーム余興のパロディーを私が知っているか探りを入れていたのだ(これは、後から聞いた余談だが)

 ZW一週間前位は、午後6時になると事務所から誰もかも居なくなる。
みんな、各チームに分かれて練習をしていた、いつも私が一人で事務所にいる状況だった。  〜ん、上からも快い音楽が聞こえる。
 〜ん、これはなかなか本社の連中も力が入ちょるな!

 そして 逢う奴、逢う奴、
  「社長、うちのチーム 優勝するから!」とみんなが 挨拶がてら言う。

  だから… … 相〜当〜 期待していた。

    しかし、本社チームは惨敗でした。

  ・裕子チームは順番が違ったら準優勝に入ったかもしれません。
    (本社チームの中では断然トップでした)

  ・藤15楽坊   ん〜 あと一つ インパクトがほしかった。

  ・Team What a Day 私的にはチョット受けたのですが、最下位でした。

 
 出し物の順番も確かにありますが、審査する評価もチョット工夫が必要と思われます。まだまだ、色々試す所は試してよい方向に直して行来ましょう。
 

クリックすると元のサイズで表示します
見事!優勝の関東営業所チーム

クリックすると元のサイズで表示します
惜しくも1ポイント差 準優勝 東北営業所


クリックすると元のサイズで表示します
3位の 裕子チーム



クリックすると元のサイズで表示します
  藤15楽坊












残念ながら、テーマはみんなが知っている一連をもじったと
思われますが、ここは一気に点数が落ちて

Team Wath a Day

クリックすると元のサイズで表示します





2017/3/21

29ZEST WORLD  

 やっとデスクの上がチョット片づいた。
そうです、一年の締めの「29,ZEST WORLD」が先日18日に終了したからです。

 今期28年度の数字的締めと4月からの新しい期に向けての総決起大会も含めて、全国にいる社員を集めての当社一大イベントだからです。

 数字を纏めるのと全社員伝える文章を作り上げるのに、どうしても時間がとられ月初めから忙しない日々であった。

 今期、結果的には、一般的に言う‘増収増益’であったが、大事なことは、けして奢りではなく、世の中の流れや変化に対応しているか!たまたまであって、みんなが進んでいる方向が間違っていないかです。
 間違った方向に行くと、東芝じゃないが、海の藻屑になりかねない!

  クリックすると元のサイズで表示します

 社会人にとって仕事のパターンは どこも大きく変わらない。
朝、出社して、いつもの配置にて仕事のスタートとなる。しかしこの毎日同じパターンがマンネリ化していく。
  実は「マンネリ化」は人の細胞を死滅させるらしいです。

 だからZESTの社員はマンネリ化させない!
時には仕事内容も、また環境も変えて常にシナプス全快の活気ある社員を育てていく



 来期の目標も設定し、目標数字を全員が認証し、その笑顔を一年後見れる事を確約して貰う。


 来期は創業30年でもある、普通30年経てばどんな企業も、守りに入り維持する事に専念するが…
 会社の状況(社長の考え)としては、どの部署も完璧ではない 会社はまだ成長期であることだ。
(遅い成長期であるが…)

 まだ、まだ変化していく、成長期に合わせて多分あちこちの関節が痛くなる、
痛みはあるだろう! そして乳歯も抜けていく!
痛みと言う「問題」、乳歯が抜けると言う「社員退社」もあり得るはずだ。
 でも、過去を振り返ると、
  その度に、会社は強くなっている。

 ZEST WORLDの度に 漲りの力が沸いてくる。
 

 
クリックすると元のサイズで表示します

 よ〜し
  来期に向けて がんばるぞ〜!




※とりあえず、その1 として、その2 で、余興も含めて総評を入れます。

2017/3/14

white day  


「今日はWhite Dayだからね…チャンと返しなさいよ!」と、
   朝からご指導を頂く…

そう言われると…バレンタインデーの当日は、出張で空けており、帰ると机の上に数個あり、誰からか確認もしないで食べてしまった。
 確か○川と○川からと…何人かの記憶しかない。
それと…自称、社長の愛人というPさんからも…いつも頂いている。

 このPさんは、果敢にもメールで
「社長の愛人のPです、車検はどうしましょうか?」と言ってくるので…
  …「愛人なのだから、チャンといいようにお願いします!」と返事をする。
 なんともPらしい…ちゃっかりトークだ!
…と、言うことで、「皆さんその節はどうもありがとうございました。」

    ★

 「これ16個ください!」
…壷屋の店員さんもちょっと耳目を疑う…仕草にて、早々と袋に詰めてくれるが、、
 そうです…誰か分からないから、今回は女性達全員ににお返しをしようということです。

 自分も含めて 男達にとって、もらえる喜び以上に お返しを出来る嬉しさもこのうえないはずだ。

    ★

 今日…周りを見て、そのような「お返しイベント」があったか無かったは分からないが、弊社も若い男女が多いはずなのにと思う。

 私がこんな事 言ったら 僻みにとらわれるかもしれないが、
これは女性達にアドバイスとして言わせていただきたい。

 ・折角、一年に一回のオープンなイベントがあるのだから、普段お世話になった上司や、迷惑を掛けた同僚くらいに、バレンタインデーには細やかな儀式を果たした方がいいと思います。
 一つは、自分の職場が会社の組織で、人との関わりで成り立って居ることです金額の問題ではなく100〜200円ですむこと、それこそチロル1個でもいいのです。人との摩擦の中では、和みが大事です、何よりも うまく回った方がいいということです。

 ・男性達にも、お返しをする喜びのチャンスも与えてください。
 (私としても…、あげたくて…返したくて、たまらないのに!)

 ・あともう一つは、女性はいつも「か・わ・い・い…」で いてほしいことです。仕事もバリバリ男勝りでやれても、女性としても可愛いらしさをいつまでも大事にして頂きたい。

 ・会社では、季節ごとのディスプレーを飾っています、これも普段忙しくしている我々にちょっと余裕と和みを与えてくれます、この様にちょっとした瑣事を大事にしていきたい。これが会社の文化でもあります。女性達が可愛く居てほしいのも会社の文化です。
 (老婆心にて)









"

2017/3/11

もうすぐ!  


 いよいよ来週は…
  「ZEST WORLD29」だ。

正直いって、今月に入ってから忙(せわ)しない、一番は中旬から入ってくるベトナム人実習生の住宅確保に合わせて、社内異動の住宅などと、いっぺんに不動産を4カ所いじるもんだから、何がなんだか分からない。寄って後見人の高○浩○と織○に協力要請。

 来期の4月以降は、弊社の全従業員数の1割以上が外国人となるだけに、WORLDにふさわしい。
 全従業員を集めての 今期締めの数字から来期の目標設定に邁進するための意思疎通の場だ。

 合わせてコミニケーションにて連袂団結をしていく。

    ★

 そして、毎年あるものも、必ず常に進化していくところが
ゼストらしいい。
 ・アワード受賞者は賞状からトロフィーに!
 ・優勝チームは、こちらも賞状から優勝旗に!
  更に、さらに、賞金が20%アップだ!

 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



 日常であっても恒例であっても、常にマンネリ化しないように楽しめるように工夫していく、

 普段の仕事も工夫によって進化出来るものだ。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ