2011/9/14

大和FX(Yamato-FX) 石山幸二 口コミ  大和FX(yamato-FX)

スプレッド拡大に対応したFX自動売買ソフト


現在、アジア時間の早朝のスプレッドが拡大傾向にあります。その理由は「スキャルピングソフト対策」です。つまり、


スキャルピングでは勝ちにくくなっている


のです。このような状況を分析して開発されたのが、


大和FX(Yamato-FX)


というFX自動売買ソフトです。このソフトはスイングデイトレードを行い、スキャルよりずっと大きな利幅を取りに行きます。そのため、


スプレッド拡大の影響を受けにくいのです。

詳細はこちらをクリック


大和FX(Yamato-FX)の代表的な特長は次のような点です。


@ メタトレーダが使えれば、どのFX業者でもよい。
A 1トレードの利幅が大きく、勝敗がスプレッドに左右されない。
B スイングデイトレとしては取引回数が多い。(月平均41回)
C 販売後、十分な検証実績がある。
D 運用成績をリアルタイムに確認できる。


これらの内、CDは自動売買ソフトを販売する際に最低限クリアして欲しい事項ですが、実際にはクリアしていないソフトが多数あります。


大和FX提供者の石山幸二氏は、こういった点をかなり重視しているようです。


そもそも、大和FXは石山氏のシリーズ第7弾です。情報提供やユーザサポートなどにいい加減では、ここまでシリーズが続くはずありません。


個人的には、上記のなかで@Aあたりが最も重要な特長かな、と思っています。


というのは、お金を払って自動売買ソフトを購入するわけですから、なるべく長いこと運用したいですよね。


そのためには、環境が変っても影響を受け難いことが重要です。スプレッドが少しぐらい拡大したからといって利益構造がすぐに崩壊するような微妙なソフトでは、とても長期的に運用できるとは思えません。


大和FXはスイングデイトレードですから、トレンドを大きく取りに行きます。この手のソフトによくあるとおり、勝率は高くありません。


2011年5月4日〜8月1日の実戦での検証では、124戦54勝70敗(勝率43.5%)となっています。


しかし、負けトレードの損失平均27.47pipsに対して、勝ちトレードの利益平均は62.7pipsです。勝ったときには負けたときの2.3倍くらいの値幅を稼いでいるわけです。


つまり、典型的な「損小利大」のトレードスタイルですね。


上記のBからわかるとおり、トレードは平均的に1日に1回以上あります。スイングとはいえ、何日もポジションを持ち越す事はなく、平均17時間程度だそうです。


もしこのようなスタイルの自動売買に関心があれば、より詳細な情報を確認してみてください。

詳細はこちらをクリック




FX自動売買ソフト「大和FX(Yamato-FX)」の口コミ、効果、感想などの情報を公開しています。「大和FX」は石山幸二氏のシリーズ第7弾。スプレッドに影響されにくいFX自動売買ソフトです。




ソニックブームバイナリー 小笠原良行 効果 評価


ブックメーカー投資ソフト「スポーツアービトラージャー」 口コミ


【バイナリーコア】が稼げるわけ 小笠原良行 口コミ


0
タグ: 口コミ 効果 感想


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ