Hause des XJun III -厚木特殊車輛工厰-

仕事量が増えて模型は週末だけになりました(´・_・`) ぎっくり腰で痛いです。次は飛行機か、戦車か?

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:XJunで〜す
●シロイルカ様、コメントありがとうございました。
>ジャーマングレーが透けて...
第5軽師団が上陸したときの写真だと本当にジャーマングレー一色ですが、じきに泥を塗ったり、イタリア軍からもらった塗料を塗ったり...いろいろしたみたいですが、DAKが最初に指定されたRAL8000は本当に黄土色のような色でした。

その後、戦線が西方に後退するのに合わせるかのようにRAL8020の薄い色になっていったようですね。

少なくとも所謂ダークイエローはタミヤ88の組説にあるようにロシア平原の枯れ草をイメージしたものだったようです。

なお、ごく一部アフリカ行きが中止になって東部戦線に送られた戦車の中でRAL8000に塗ったらしい...ってのがありますね。

タミヤのシュタイヤー1500A のフィギュアがたくさんついた方の組説はRAL8020をイメージしたらしい混色の指定になっています。
投稿者:シロイルカ
なるほど…現地の砂を石油で溶いて塗ったとかいう話はなんかで読みましたましたけど…
模型誌で刷り込まれたジャーマングレーが透けて見えてるダークイエローのW号って…違ってたのか
なんかショック(笑)

カレンダー

2017年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ