番外14・わたしの思い出のコンピューターゲーム  ゲームコラム

05.01.19当時のものです。

F−ZERO:任天堂/平成2年11月21日発売/レース/スーパーファミコン

内容
 近未来を舞台にしたレーシングゲームで、宙に浮くエアーカーを操作してグランプリを制覇していく。プレイヤーは4タイプのマシンから1台を選択し、15のサーキットを激走。サーキットをクリアするごとに難易度の高いコースが出てくる。

思い出
 高校1年から主に1年間、プレイ。これの気に入ったところは、タイムが記録されるところ。グランプリもやったが、タイムトライアルをした期間が長かった。
 初めのコース「MUTE CITY T」。何回走ったことか。ここのタイムトライアルを熱心にやり続けた。コースを5週してタイムを決める。
 ある部活仲間が「1分58秒台で走れた」と豪語した。また、この頃、コンピュータ雑誌「BASICマガジン」で「1分58秒台への道」というコーナーがあり、全国に証拠ビデオ付き最短記録を募集していた。投稿する気はなかったが、俺は燃えた。1分58秒台を狙った。毎日やった。
 一番速い4番目の車「ファイア・スティングレイ」を操作、初めは2分10秒程度が、段々速くなる。この車の弱点である加速の遅さを「ロケットスタート」と呼ばれる手を使い、一瞬飛び出したところに敵に後ろから突かれる事で加速力を補う技を使う。それで2分を切る様になった。
 ここから100分の1秒に一喜一憂する世界に入った。記録が伸びればやる気は続く。この頃から俺はノートに記録の推移を記録するようにした。また、その成果を1週間の成果ごとに記録、これをF-ZERO週記と名づけた。さらに月間最高記録を折れ線グラフで表し、記録の推移を一目で分るようにした。
 記録更新するたび、思わずガッツポーズが出る。しかし、ある程度記録が伸びると止まる。すると俺は更に早く走れる方法を考える。すると、コース中のS字のところで外壁と減速ゾーンの間に僅かに隙間があることを発見、そこを通れば真っ直ぐに進めて結果さらに早く走れた。但し、そんな狭いところにどちらにも触らずに通るなんて20回に1回しか成功しなかった。
 それだけにうまく行くと手が震えた。それでせっかくの走りを台無しにしたこともあった。だが、限界はやってくる。
 買って1年後、1分59秒06まで行ったが「俺にはもうタイムを縮められねえ」と思って諦めた。そしてそのころ、俺のF-ZEROは壊れ、記録が残せなくなってしまい、高校3年の時に処分した。

 ・・・そんなことは思い出に変わりつつ、20歳になったころだっただろうか、ある友人卓でF-ZEROを見つけた。俺は、貸してくれと頼み、借りた。俺のやりたいことはまだ達成していない、と思い出した。
 記録したノートはこの時まだ健在で、久々に記録を見ながら、また挑戦が始まった。既にBASICマガジンではもう掲載なんぞしてないし、友人間でもこの話題では話も弾まなかった。しかし、俺は「やらなければ」、と思った。
 久しぶりの感覚に戸惑う。しかし、やりこんだことは体が何処かで覚えている。然程時間はかからずに以前の技術を出せるようになった。すると1分59秒02を出して記録更新。完全にやる気が復活。
 そして・・・ついに、1分58秒92。周回ラップも自己最高。自分の力で出せる限界の記録だと感じた。BASICマガジンでの日本記録は1分58秒41だったのでまだまだ遅いが、ブームも過ぎ去っていたし、自分の最高最速の走りをした達成感と満足感で、これ以上を望むことは無かった。
 最後に友人に返す時に記録を見せたかったが、差込時のショックで記録が消えてしまった。つまりこの記録をみた証人はいないのだ。でも、それでもいいと思った。

 このゲームを通じて学んだことは、記録というものはその日その時の調子に左右されること、陸上選手などが記録の挑戦がかかっている時にまだ試技の回数が残っているのにやめることがあるが、その気持ちが分るような気がすることだ。
 また、やっている最中で大体どの程度の記録が出るか察しがついてしまう、ということも分った。

 スーパーファミコンの中ではこれが最もやりこんだゲームだった。


参考文献:「広技苑20世紀最終保存版」(株)毎日コミュニケーションズ
0

番外13・わたしの思い出のコンピュータゲーム  ゲームコラム

05.01.12当時のものです。

ワープマン:ナムコ/昭和60年7月12日発売/アクション

内容
 スペースワールドとメイズワールドを行ったり来たりして、ベムと戦うコミカルアクションゲーム。
 
思い出
 小学6年の時に借りる。これ以前にMSXで「ワープ&ワープ」というこれのパソコン版のゲームをしていたので親近感があり、それがプレイへの意欲になった。
 2人同時プレイが可能。キャラは2頭身で可愛げを感じたが、一番可愛く感じたのは、2人同時プレイの時だ。パートナーに撃たれると1回転する。この間、弾を撃っていると4方に弾が跳ぶ。撃たれ続ければ回り続ける。この回転している状態が可愛くて気に入って、2人同時プレイの時は必ずやった。
----------------------------------------------------------------------
ワルキューレの冒険:ナムコ/昭和61年8月1日発売/アクションRPG

内容
 魔王ゾウナから時の鍵を取り返すため、剣と魔法で敵を倒していく。RPGとしては珍しく会話が無いため謎は全て自分で解く必要がある。アイテムも分りやすく操作も簡単。  

思い出
 小学6年の運動会の日に買ってもらう。女の子が主人公で戦士、という設定が大変気に入った。このワルキューレというのが俺の10代から20代前半でのアイドル的存在だった。「女=弱い」という先入観を打破しながらも、可愛く優しそうな顔というギャップとたった一人でがんばる設定に惚れた。ゲームオーバーで彼女が天に召されると悲しくなったし、高校時代に自作小説や自作コンピューターRPGの主人公にしたり、ゲームブックや同人誌も買ったし、インターネットの時代に入ると、ワルキューレのイラストがあるサイトを探し、CGをプリントしてラミネートして所持する入れ込み様。さらにワルキューレを犯すようなエロ本を嫌った。正に俺の「アイドル」。ゲームに直接関係ないが、クラシック音楽のワーグナー作曲「ワルキューレ騎行」も気に入ってしまった。また、ワルキューレは別名「バルキリー」とも言うので、他のゲーム(女神転生シリーズ等)やアニメ・TRPG・書籍などを通じて親近感が増したのもその要因の一つだった。
 
 ゲーム自体は他のRPGと同じくらいの入れ込み様だった。主人公の星座・血液型を決められるのが新鮮で印象的。最後の敵「ゾウナ」を前にしてクリアが分らなくて、それを知っている友人に何度も電話をかけ、方法を聞いてクリアした。
 ワルキューレの入れ込みはその後、アクション性の高いアーケード版「ワルキューレの伝説」、「伝説」のアクション性と「冒険」の世界設定を融合したプレイステーション版の「ワルキューレの冒険」の購入に続いた。

 このゲームに出てくる他のキャラはサンドラ(味方)とブラックサンドラ(悪に染まった黒いサンドラ)しか覚えていない。

 当時ほどじゃないが今でもワルキューレは好きである。もしも、俺に彼女ができたら、可能であればこのコスプレをさせたい。(剣、胸当て、肩当て、盾、羽付きヘルメット、マント、黄色のみつ編みのかつら)・・・道具を作るのが大変だな。・・・ムフフ・・・おっといけねぇ、何考えたんだか(笑)最後は楽しく書かせて貰いましたぜ。


参考文献:「広技苑20世紀最終保存版」(株)毎日コミュニケーションズ


 次回が最終回となります。挨拶せずにひっそりと終わろうと思います。
 よろしくお願いします。
0

番外12・わたしの思い出のコンピューターゲーム  ゲームコラム

05.01.05当時のものです。

ロウ・オブ・ザ・ウェスト:ポニーキャニオン/昭和62年3月6日発売/アドベンチャー

内容
 プレイヤーが西武の保安官となるゲーム。登場してくる人々が敵か味方か分らないので、会話して判断しよう。 
 
思い出
中学2・3年頃にプレイ。定価より随分安かったので買ってみた。計10人に対し、1人ずつ会話をする。会話の流れは4つに分れていて、1回ごとに4択の中から選ぶゲーム。慎重に言葉を選んで、最も相手に好印象を持たせると高得点が入る。怒らせると銃で撃たれる。あまり会話に時間をかけると時間切れで爆弾が空から降ってきて相手が死ぬ。最高100万点だが、そこまでは行かなかった。死にさえしなければ簡単にクリアはできる。
----------------------------------------------------------------------
ロードランナー:ハドソン/昭和59年7月31日発売/パズル

内容
 名作アクションパズルゲームのファミコン版。金鉱の中の金塊を全て集めて、新たなはしごを出現させ、それを使って地上に出れば1面クリア。左右2画面にスクロールする全50面構成。エディットモード付き。
 
思い出
 小学5年の時に友人宅でプレイ。以前紹介した「チャンピオンシップロードランナー」を買うきっかけとなった、これより簡単な元祖。ゲームは兎も角、面をエデッィトできるのが何よりも気に入っていた。
 自分がファミコンを手に入れる前にやったゲームだ。
----------------------------------------------------------------------
ロックマン2:カプコン/昭和63年12月24日発売/アクション

内容
 ステージを全9面に増やした人気シリーズの第2弾。復活した悪の親玉Dr.ワイリーの野望を阻止するため、ロックマンが再び戦闘を開始する。システムは前作と変わらないが、敵は前作以上に強い。
 
思い出
 中学3年の時に借りてプレイ。この時これを貸してくれた友人から今年も年賀状が来た。歴史を感じる。ロックマンシリーズは今は数多く出ていて大分有名のようだが、俺がやった「ロックマン」はこれだけ。
8人の敵と3人の中ボスと1人のボスと戦った内容だったと思う。9人の敵は「バブルマン」「エアーマン」「クイックマン」「リーフマン」「ヒートマン」「フラッシュマン」「クラッシュマン」「ワイリー」1人は思い出せない。
 友人に「一番難しいのはクイックマンなんだ。他の敵を倒してアイテム取ってからのほうがいい」と言われ、俺は難しいのがいいと思ったので、いきなり難しい面をやった。それをクリアしたかどうかは覚えてない。でも全部クリアした。このゲームはエンディングまでBGMを収録したので忘れない。

参考文献:「広技苑20世紀最終保存版」(株)毎日コミュニケーションズ
0




AutoPage最新お知らせ