オオジュリン  

オオジュリンという鳥を見てみたく、時々は図鑑などの写真を眺めていました。

黒い色が出ているときはけっこう目立つのでみつけやすいような気がしますが、地味な色柄の時はまずきづけないだろうと思っていました。

さて、この鳥画像・・・撮影の時から、もしや、もしや、、、

でも図鑑と照らし合わせても自信が持てなく、竹さんに問い合わせ。

竹さんも、自信はないけどオオジュリンかもということでした。
竹さん、いつもありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この鳥がオオジュリンだとすると、何度か見かけているなあ・・・

オオジュリンは相馬市小泉川付近、相馬東高校付近、相馬市磯部漁港付近で見かけています。

でも撮影がむずかしいのです。

ヨシなどの生い茂るなかにいる場合が多いし、逃げるしw、こんなふうにヨシに立ち止まっても一瞬のこと。しかも、絶えず、動いています。

山階鳥類研究所の報告によると、2011年生まれの幼鳥以後、オオジュリンの尾羽には虫食い状態の穴があいたりの異常が認められるそうで、現在も続いているそうです。

今回見かけたこの鳥の尾羽は、拡大しても異常は出ていないように見えます。

羽根のツヤもいいように見えます。

放射能との因果関係は証明されていませんが、気になることではあります。

2011年には奇形のスズメも身近に見ていましたし。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ