南相馬光のモニュメント  震災

あの大津波から明日で6年が過ぎます。

相馬市、南相馬市でも津波で亡くなった方たちを追悼し、様々なイベントが予定されています。

私は知人が企画した「南相馬光のモニュメント」に参加します。

南相馬市原町区には以前、「無線塔」がありました。

現在の南相馬道の駅あたりに高さ200mでそびえていたコンクリートの無線電信塔です。

詳しくはネットで検索をお願いいたします。

手持ちの古い写真をUPしてみます。
だいたいの感じが分かるかと思います。

撮影は昭和52年(1977年)5月21日です。

国道6号線にかかる新桜井橋の左岸から撮影。水面に映る無線塔を撮るため、風のない朝に出かけました。水面は新田川です。
クリックすると元のサイズで表示します

陸橋あたりからかな?
クリックすると元のサイズで表示します

現在の南相馬市立病院のあたりから撮影。以前は桑畑とか休耕地が広がっていました。
向こうに見えるのは丸三製紙工場の煙突
クリックすると元のサイズで表示します

直下から撮影
クリックすると元のサイズで表示します

無線塔は老朽化が進んで危険なため昭和57年(1982年)に解体されました。
同年10月、原町市と原町ライオンズクラブにより、縮尺10分の一のミニ無線塔が記念として建てられています。

しかし、無線塔解体後に生まれた世代もすでに30歳代。
原町区のみならず、鹿島区、小高区、相馬市に住む人々にとって、かつて仰ぎ見、思い出もたくさんあるはずの無線塔を光で再現してみようということになりました。

光は追悼や祈りの心、また希望の象徴でもあることから、3.11に合わせて計画されました。

昨日は午後からその予行演習をしてきました。
帰宅は午後11時。

最近の私の生活では驚くほどの遅寝ですw。

鹿島区一本松でのリハーサル
クリックすると元のサイズで表示します

日没後の投光のリハ
クリックすると元のサイズで表示します

災害救助時に使われるアークライトの光をあてると、暗闇に立つ松の梢までコンデジで撮影できました
クリックすると元のサイズで表示します

小高駅前でのリハ
クリックすると元のサイズで表示します

本日は午後5時半過ぎ頃から5か所で投光が行われます。

鹿島区は右田浜の一本松と桜平山の学習センター駐車場。
原町区は萱浜の綿津見神社。キャンドルナイトも同時に行います。
小高区は小高駅前と摩辰の牧草地跡

今回使われるアークライトは和歌山県の(有)アークコーポレーションが格安で提供してくださっています。

アークライト提供の橘さんとイベント企画の須藤さん。昨夜、小高区摩辰にて。
クリックすると元のサイズで表示します

アークライトはキセノン球使用で、災害時などの夜間の救助作業などに使われたりしている投光器です。
今回は2km先まで光が届くということですが、この上のサイズでは10km先まで見えるそうです。

遠くからでも見えますので、今夜はぜひ空を仰いでください。

私は萱浜地区のライト操作を担当しています。

明日11日は南相馬道の駅に隣接する高見公園に移動し、アークライト5台の光を交差させ、光の無線塔を作る予定です。

長い記事になってすみません。





2017/3/11  8:52

投稿者:カエデ

aoikesi さん

震災記念日が今年もやってきましたね。
今日は南相馬市道の駅で無線塔の写真展をよういしたそうです。
でも、時間の余裕があまりなく、あまり収集できなかったと言っていました。
無線塔企画は、市民に広く呼び掛けて、再度、写真や思い出などを集めたほうが良いように思います。
今回のボランティアは本日10時で終わりです。
これから出かけます。

2017/3/11  7:33

投稿者:aoikesi

無線塔、姉の家からあまり遠くない場所にありました。
近くで見た記憶があります。
市立病院には姉が入院していたし、懐かしい景色を見せたいただきました。



http://zaonofumoto.blog107.fc2.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ