2011/3/16

競馬は枠連で勝負  枠連 競馬

競馬で儲けるのはこんなに簡単なはずなのに、一体、世間の人は
どこを見て馬券を買っているのか・・・

競馬は運まかせのような宝くじとはちがいます

しかし競馬は、儲けることも損をし続けることも自分の意思で決めることができる。

なぜなら、

競馬はさまざまな情報を元に、自分で「当たりくじ」を選ぶことができるから

です。

過去の成績、血統、各レースのタイム、調教師や騎手のコメント・オッズなど、

ありとあらゆる情報を吟味して「どれが来るかな」というのを予測して

馬券を買います。

つまり、儲けようと思えばそれがちゃんとコントロールできるのが競馬です。

なのに、その数少ないチャンスを自らわざわざ放棄してどうするんですか?

皆、怪しげな競馬情報に毒されてしまって「競馬で儲ける」ことを勘違いしている。

だからこそ、私がこの場を借りてあなたに

「競馬でしっかり儲ける方法」をお伝えするのです。


300円の初期資金を50倍にすることができる


3000円なら15万円ですし、3万円なら150万円です。

私が使っている競馬手法では最低3点しか馬券を買わない

レースによってはもっと買い目を増やすこともありますが、それでも最大で6点まで。

つまり、数百種類ある馬券の組み合わせの中から、

たった3点だけを選んで買うだけ、半年後には資金が50倍になっている。

ではどうやって買い目の3点を選ぶのか?

馬券の組み合わせはさまざまで、単純に計算しても何百種類とあります。

その中から、どうやって3点まで絞っていくか。

実はこの3点には1つの共通する箇所があるのです。

それは、すべて「枠連」であること。

その理由として

「枠連には、勝つべきして勝つ2つの理由がある」

@ 人の少ない場所で勝負が出来る

 競争相手が少ない方が勝てる見込みが高いっていうのは、
 当然競馬にも当てはまります。

昨年の有馬記念を例に考えてみましょう。

計389億円の売上げの中で最も高かったのは三連単の約167億円です。

比率にして、およそ43%。

しかし、三連単全体の得票数167,398,775票中、

的中したのはたった203,315票だと言われている。

的中は、実に1,000人に一人の割合ということになります。

では、枠連はどうだったのか?

計389億円中、枠連の売上げは約15億7,000万円。

比率は、たったの4%しかありません。

しかし、枠連の的中票は2,440,480票を全体の

得票数15,747,841票で割ると、

2,440,480票÷15,747,841票≒0.1549…

と、1,000人の内150人以上は的中できたという計算になる。

1,000人中のたった一人になるのと150人の枠の中に入るのとでは、

どちらが容易いことなのか?

まぁ言うまでもないでしょう。

A 買い目と利益のバランスがよい

 馬券を買うからには、当然、利益面も考えねばなりません。

もし、単勝狙いに徹するなら、上位人気の馬から選択する方が得策であるのは

分かりますよね?

となると相対的にオッズが低くなるので、稼ごうとするなら賭けるお金を

多くせざるを得ません。

複勝やワイドはどうか?

上位人気の馬の複勝や上位人気同士の組合せのワイドなら安心して

馬券を買えますが、調子に乗ってあれもこれもと買っていたら、

なかなか利益が出てきません。
かと言って、下手に絞り込めば的中率が下がり、元々オッズも低いので、

これはこれで回収が追い付かなくなります。


私が今回編み出した枠連のロジックは、買い目の点数と利益面とのバランスが

非常によくなる「一般論」のど真ん中を突き通るもの。

つまり、無難にこなせば確率論的にちゃんと儲かるってことです。

しかも、こなすのはものすごくシンプルな作業。

実際に私が使っている手法はどんな感じかと言うと、

「ある競馬分析ソフトを使ってたった2ステップ(30秒)の作業を行い
枠連馬券を3点買う」

たったっこれだけのことです

詳しいことはこちらをごらん下さい
↓ ↓ ↓

枠連ターゲット

競馬関連
競馬投資家養成講座

0
タグ: 競馬 枠連 投資

2011/3/16

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ