« citrus | Main | 再生 »
ゆりかご  


耳に伝わる振動と鼓動が重なって
丸い泡が上に登る
わたしは深く深く沈んで
まつ毛に乗った光が
水中の陽のようにキラキラする

わたしを動かすのは心臓に違いない
だけど今は手元の端末が
わたしの血液を循環させる
温かい思い出を運んで
前に進む気持ちを蘇らせる

底を打つリズムに波をつける低音
メロディーが色をつけて言葉がやってくる
焼き焦がすほどの光の中
わたしは命を咲かせて散らす
一瞬一瞬を血管に神経に刻みつける
時間が戻らないのならば
何度でも何度でも思い出せるように
ずっとずっと忘れないように

世界が音に飲み込まれる
わたしの外なんて知らない
内が幸せならそれでいいの


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ