2010/7/7

小泉今日子&永瀬正敏、映画「毎日かあさん」で再び“夫婦”に  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100707-00000001-eiga-movi

小泉今日子と永瀬正敏が、西原理恵子の代表作を実写映画化する「毎日かあさん」で夫婦役として共演を果たすことが決まった。1995年2月22日に結婚した2人は、04年2月22日に離婚。土屋アンナ主演作「さくらん」(07)で共演しているが、直接の絡みはなかったため、本格的な共演は02年に放送された日本テレビ系ドラマ「私立探偵 濱マイク」以来となる。

 小泉は、9年間連れ添ったパートナーとの“再会”に「永瀬氏との共演は時が過ぎたといいますか、同業として戦える日が来たのだとうれしく思います。いろいろあった私たちだからこそ出来ることがあるはずです」と意欲的。一方の永瀬も、「以前から『いつかまた同じ現場に立てるといいね』と彼女と話していたことが、この素敵な物語で実現することをうれしく思っています」と受けて立つ覚悟だ。

 企画が持ち上がった約2年前、明るく愛情深いが毒や鋭さを併せ持つ主人公役として、小泉の起用が先に決定。その後、豪快でありながら繊細な面をもつ夫役として、製作サイドから永瀬の名前が満場一致で挙がった。小泉の了承を得たうえで出演オファーをしたところ、永瀬は驚いたものの出演を快諾したという。

 「かぞくのひけつ」(06)の小林聖太郎監督がメガホンをとる同作は、02年10月から毎日新聞の朝刊に週1回連載されている人気漫画で、シリーズ累計発行部数は150万部を突破。04年に文化庁メディア芸術祭賞、05年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、テレビ東京系でアニメ化されている。映画は、実際の西原家で起こったエピソードをもとに、主人公の漫画家であるサイバラリエコと元カメラマンの夫カモシダユタカ、6歳の息子、4歳の娘が繰り広げる笑いあり、涙ありの日常生活を描く。

 原作者の西原は、映画化にあたって「自分の人生の代表作になるかもしれないので、うれしくもあり心配でもありという感じです」と本音を吐露。それでも、西原作品の大ファンだという小泉が自らを演じることに「お互いいろんなことがあった同世代の女性なんで、『いろいろあったね』というところを上手にやってくれるんじゃないかな」。夫で戦場カメラマンだった故鴨志田穣さんに扮する永瀬については、「鴨ちゃんぽい人ですよね、雰囲気が。『どのツラ下げて帰ってきたんだ感』みたいなものが映画の中でばっちり出ると思います(笑)」と期待を寄せる。

 元夫婦が映画、ドラマなどで夫婦を演じるのは異例中の異例。かつて女性誌「anan」の対談で知り合い、意気投合した小泉と永瀬。挙式・披露宴を行わず、結婚を記念して開催した写真展では入浴中の半裸写真を隠すことなく一般公開した。「ジミ婚」の走りとして若い女性から圧倒的な支持を得た2人が、離婚を経て円熟味を増した今、どのような心境で向き合うのかに大きな注目が集まる。

 8月中旬にクランクインする「毎日かあさん」は、2011年新春に全国で公開。

【フェチ情報サイト】 【風俗情報サイト】 【出会い総合サイト】 【婚活・ガールズバー情報】 【高収入サイト】 【派遣・出張・ネット・ホストサイト】 【厳選情報ブログサイト】 【高齢者の出会い情報サイト】 【無料ブログ作成サイト】
0




AutoPage最新お知らせ