2009/8/21

ヤバイщ(゚ロ゚щ)  学校

タイトルでわかると思います。




そう。。。。






宿題が終わんないんですщ(゚ロ゚щ)



みんな終わった?
くぅ。コレ絶対多すぎダヨネ!
しかもウチの学校24日からという・・・orz



いやでも、私頑張った!
数学以外は終わった!



でも・・ね・・。

数学が時間かかるんだよね(´Д`) =3 ハゥー



そしてトドメとばかりにテ・ス・ト☆
開始2日間はテストなのよ。オホホ。ウフフ。ザマーミロ。←やけくそ





という、学生の宿命的なものに苦しめられつつ。

dotははかなき一生を終えるのでした。チーン。パタ。
4

2009/8/10

続き♪  

お待たせしましたv(。・ω・。)
待ってないとか言わないでっ

続きです。↓↓↓

*******************************************************************
我々はまだパタパタ扇いでいた。


その途中、私はあるコトを発見してしまった!


実は・・・・・











地球は平らだったのだ!!!( ゚Д゚)



そう。The earth is flat!!
なのです。



君達は間違っている!地球は丸くない!
地球の周りは滝になっていてその底には怪物が住んでいるのだァ!!

※夢の話です。



そんなこんな考えていたらいつのまにか夜になってしまった。


「おーい、お兄ちゃーん。そろそろ休もうよー」


「・・・・・」


「おーい。おーい、寝てるの?
 んなわけな・・・・・」



zzZZ zzZZ zzZZ




寝、寝とったーーーーーー!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

な、なんという強者・・・。
寝たまま手を動かすとは・・・・。

つか、寝るってアホかコイツ。



「起きろ、バカモノ!(`Д´)」


「ムニャムニャ。あ、おはよう。どうかした?」


щ(゚ロ゚щ)щ(゚ロ゚щ)щ(゚ロ゚щ)щ(゚ロ゚щ)щ(゚ロ゚щ)

コイツってやつは・・・!



まぁ、すったもんだしてたら陸が見えてきたので手を止めて上陸。

で、すぐ寝る。


すると兄がリュックから枕をとりだした。



まくら?




なんでコイツはそんなものを持っているのか。(´Д`) =3 ハゥー

てか、リュックにそれしかいれてこなかったんですか。あなたは。






次の朝・・・。チュンチュン。
続きを読む
0

2009/8/3

人類の夢  

今回はですね、人類の夢的なものをみましたよ。
ま、とりあえずどーぞ(´ー`)σ

***********************************************************************
私はお兄ちゃんとコッソリ家を出た。※家出ではありません。


「どこ行く?」

「さぁ?」

「遠くいきたいね」








「じゃぁ、外国行くか!


えええええええ。


軽い。すこぶる軽い。
兄、海外は遠いのです。日本は島国なのです。
海を渡らねばならんのです。遠すぎます。


海外て、あなた。




「さぁ、そうと決まればついてこい!」

おおー!  ・・じゃなくて!щ(゚ロ゚щ)


「どうやって行くのさ!飛行機乗る金なんてないよ!?
 もー、お兄ちゃんはいつも計画がずさん・・・・」


・・・・・・・。





って聞けぇぇщ(゚ロ゚щ)



「え、何が?」




ぅおおいщ(゚ロ゚щ)なめておるな、貴様
続きを読む
2

2009/7/22

皆既日食  行事

あぁ。今日はニュースが皆既日食一色ですね。

いや、確かにすごい。(゚ー゚)(。_。)ウンウン
キレイだね〜。


いやしかし・・・。
こう、同じニュースを何回も見せられると。こう・・・。


もういいわっ!!ヾ(--;)


ってなる。ま、いいんだけど。




みなさんは!見た?
ウチの学校では授業中だったんだけど、その授業がちょうど理科でさ。

もう、さっさと校庭に出なさい!  みたいな。(´△`)


そんで校庭に集合(´・ω・`)



でも曇り(--)

でもでも、ちょっぴり見えた。三日月状に。



でも、興奮してるのは3分の1くらいで、あとの人々は「やった、授業なくなったぜヒャッフーヾ(〃^∇^)ノ」みたいな感じ。


あ、私は3分の1の中の人々ね。そこんとこよろしく。ヾ(--;)何がだ


*************************************************************
で、話変わるんだけど。
今学校懇談中で短縮午前授業なのね。


でさ〜、なんか明日いきなり英語で単元テストあるんだと。
そんで!勉強しようと思ったわけですよ、これが!私イイ子!


家に帰る。


カバンを開ける。



探す。




・・・・・・・・・・・・・・・・。




しまったぁぁぁぁぁぁ


学校においてきたぁぁぁぁぁщ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!


くそ。
この。
ううううう。

バカーー!  ←壊れた



で、今に至ると。
も、いーや。って。
朝やるさ。アハッ。
1

2009/7/19

天狗  

また夢をみてしまったのです。

というか、夢多くない!?( ゚Д゚)
なんか書いてる記事の中で夢が一番多いような・・・。

まいっか。(´・ω・`)


では、どーぞ。

*************************************************************
私は小隊のなかにいた。

山を登っている。

その脇を川が流れている。
川にはごつい岩がある。
どうやら上流のようだ。流れは速い。



いきなり隊の足が止まった。
あわてて私も止まる。


隊長「よし。ここだ。」

そこには赤い橋がかかっていた。


そして私の目の前に来てこう言う。

「おいお前。温泉を探して来い」


(゚∇゚ ;)エッ!?
なな、何の話!?
温泉?なぜこんなところで温泉!!
ありそうだけれども!いやしかし。。。。。

いやいやその前になんで私?他にも10人くらいいるじゃん。
つーか、「探して来い」って、、、
君達は!?

どーすんのよ。ここはいっしょに行くべきでしょう。
君一応隊長だからね。わかってる?そこんとこ。

ってゆーか、なんで他の人たちホッとした顔してんの。
何?なんかあるわけ?




という私の長い心の疑問はいざ知らず、隊長は

「温泉を見つけてくるまで戻ってくるな。
 わかったな。
 あ、あとこいつも連れてけ。
 生きてもどれ。」

とおっしゃり、山をおりていった。


その際、1人の隊員が私の肩をたたき、にこやかにこういった。
続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ